ネパールからタイにやってきた。
ネパールでは登山と自堕落な生活を送っていたため、約2ヶ月ぶりに自転車に乗る(笑)

スワンナプール国際空港からバンコク市内中心地まで約35キロ。
どんなルートを通ろうか、ワクワクしていた。

リサーチをしていると、バンコクはサイクリングロードがかなり整備されているらしいのだ。その中でも人気のサイクリングロード「スカイレーン・タイランド」は、スワンナプール空港に23.5kmにも及ぶ周回コースが設置されており、賑わっているらしい。

完成して間もない道なので、設備はかなり整っており、サイクリングロードではなく、オーバルコースを彷彿とさせられる。

skylane.jpg


他の自転車道はどうなのか…。
地図を見ると、バンコクには数多くの自転車道があった。

thaimap.jpg
(青い点線が自転車道)

この点線を繋げて、スワンナプール国際空港からバンコク市内まで行けないか…。
ということで、赤いラインの道で行く事にした。

thaimap2.jpg


青い舗装された近代的な道路が現れると思っていたが…、現実は…。

Field_14863.jpg

(((((((( ;゚Д゚)))))))
道幅が狭く、路面も荒れており、一歩間違えると川に落ちる仕様だった(笑)

近代的な道からのジャングルロードに…。
ある意味、楽しい。

南国の鳥がさえずり、緑が生い茂る。
人気も少なく、地元民だけしか通らないルート。
やっぱり楽しい。

Field_14866.jpg


渡し舟発見っ!!

Field_14868.jpg


バンコクは近代的な街だと思っていたが、都市部を離れると、一気に田舎になる。

この自転車道には数々のトラップが仕込まれていた。

狭い道。
デコボコ道。
ボロボロ道。
鬼段差。
頭上注意。

Field_14869.jpg


狭過ぎる道。

Field_14870.jpg


(((((((( ;゚Д゚)))))))
いやいやいやいや、これ無理。
ミスったら地獄が待っている。
こんな根性試しいらないし(笑)

その都度、ルート変更し、ゆっくりゆっくり進む。
(袋小路も多い)

予想以上に進まない。
道が狭く、川に落ちそうなので、気が抜けない。
常に緊張状態で漕いでいると、相当疲労が蓄積されてきた。

そして、道が途中でなくなり、イライラ最高潮。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

さっき、楽しいって言ったの前言撤回!
ジャングル自転車道、辛過ぎる!!
もう、終了!!!

2ヶ月ぶりに自転車を乗ると、ここまで忍耐力が衰えているとは思いもしなかった。
その後、車道を走り、意外と快適にバンコク市内まで行けた(笑)

35キロで行ける道を自転車道により迂回し続け、50キロで到着。
自転車道より車道の方が断然楽だった。

スワンナプーム国際空港からバンコク市内へは、幹線道路を自転車で走っていこう!


「スカイレーン・タイランド」のような公式のサイクリングロードは日本のサイクリングロードより走りやすいだろうが、今回の非公式のサイクリングロードのクオリティーはまだまだ低い。というか、本当にサイクリングロードだったのか疑問が残る(笑)


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 05 / 25 | Category : タイ  | comments(0) | 
ネパール航空は、ネパールで唯一の国営航空会社(フラッグ・キャリア)である。
以前は、ロイヤル・ネパール航空であったが、2006年の国王の権力停止と国名改称(ネパール王国→ネパール連邦民主共和国)によって、社名から王国をあらわすロイヤルが削除され、ネパール航空に変更になった。
nepal_airlines_logo.jpg
国際線は、ボーイング757-200とエアバスA320-233が使用されているが、EUが「安全性に問題がある」として、他の全てのネパールの航空会社とともに2013年12月5日からのEU域内への乗り入れ禁止を決定された。世界で最も安全な航空会社&危険な航空会社ランキングにおいても、ネパール航空はワースト評価(1~7の7段階中1)を得ている。
(出典: AirlineRatings – World’s safest airlines for 2017

というのも、ネパールへの国際線が発着するトリブバン国際空港は、その立地条件から周囲を高い山に囲まれているために離着陸が難しい空港であり、さらにレーダー等の設備が脆弱なため、航空事故も数多く起こっている。そのため、レーダー施設等は、JICAと日本政府の政府開発援助無償資金(約10億円)とNECの技術協力により、設置されている(2015年完成)。

誰も知らないところで、世界で日本は役立っていると、世界に出るとよく感じさせられる。
⇒ ATMもお金も宿もない!窮地のときにヒトの本質が「助け合い」だと感じた瞬間
⇒ サレリからジープでカトマンズへ!バスよりハードなジープ移動の全貌

僕たちが滞在していたときのネパールはインドによる経済制裁によって、ネパール国内の燃料がストップし、ジェット燃料も供給できず、中国東方航空や中国南方航空が運休すると言う緊急事態に陥っていた。
⇒ 地震の次は経済制裁!?ネパールに追い討ちをかける燃料不足の原因と現状と治安情勢

そんな世界で最も危険と言われているネパール航空に縁あって乗ることになったので、その搭乗記を紹介する。
トリブバン国際空港のチェックインカウンターの話はこちら
⇒ トリブバン国際空港(ネパール カトマンズ)でワイロを踏み倒した件


ネパール航空搭乗記 基本情報


IMG_1263.jpg

区間 : ネパール(カトマンズ) ⇒ タイ(バンコク)
乗継 : 直行
時間 : 11:15~15:50(3時間20分)
機材 : AIRBUS 320-200
クラス : エコノミー
航空券代 : 約21000円(自転車込み)
マイル加算 : なし
預け荷物 : 30キロまで無料(個数無制限)
持ち込み手荷物 : 7キロ
超過料金 : 280ルピー/kg

僕たちは現地のネパール航空で直接予約した。
今なら、スカイスキャナーからも予約できるっぽい。


機内の様子は?


Field_14848.jpg

個別モニターなどの豪華さはないが、至って普通。
シートの広さも普通。
清潔感もあり、機体は新しい部類だろう。
ヘッドレストには、使い捨ての布、ブランケットも各席に1つずつ置かれていた。

うん。至って普通だ。


機内食は?サービスは?


IMG_1268.jpg


離陸後、少しすると、機内食が運ばれてきた。
チキンカレー、アチャール(漬物みたいなの)、パン、ジュース、謎デザート(春雨に甘いヨーグルトをかけた感じのもの)が出てきた。食後には、紅茶かコーヒーが飲める。
決して豪華とは言えないし、謎デザートにはびっくりさせられたが、普通に食べられるレベル。同じ価格帯のLCC(経由便)には機内食は付いていないので、お得感満載だ。
もちろん、キャビンアテンダントに言えば、追加の飲み物やアルコールも無料で飲める。

満足だ。


まとめ


Field_14852.jpg

事前評価がどこを調べても最悪だったので、多少ビビッていたが、至って普通。
機材は思ったより新しく、機内食もでる。
航空券代も安く、直行便、自転車も預けられる。
タイで受け取った自転車も無傷だったため、丁寧に扱われていたと思われる。

豪華さや娯楽はない(映画見られない、コンセントなし)が、何不自由ないフライトだった。
LCCを使えば、機内食も出ないし、経由地での待ち時間等が含み、かなりの時間とストレスを要するだろう。

今回、ネパール航空を選んで正解だったと思う。
世界一危険な航空会社となっているが、とくに問題ないと思われた。
危険だと言われていても実際体験するとそうでもないことって、よくあるものだ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
2017 / 05 / 22 | Category : 〔 ネパール 〕  | comments(0) | 
ネパール唯一の国際空港である「トリブバン国際空港」
ネパールに来た人は必ず通る空港である。

The guide to Sleeping Airportというサイトで毎年恒例の世界最悪の空港を発表しているが、トリブバン国際空港はそこの常連なのだ。

2014年:ワースト3位、2015年:ワースト3位、2016年:ワースト10位

出典がSleeping Airport…。
って、トリブバン国際空港は24時間営業ではない(営業時間:6:30~24:30)。
その時点で寝られないよね(笑)

僕たちにとって、24時間営業でない点が非常に痛い。
なぜなら、自転車の梱包や荷物の整理を空港で行うため、非常に時間がかかるのだ。焦って作業をするのが嫌なので、かなり時間に余裕を持って行動している。
それが今回できない。

正直間に合うのかビビッていた。
(((((((( ;゚Д゚)))))))


トリブバン国際空港のチェックインカウンターまでの流れ


Field_14855.jpg

空港の中に入るにはeチケットとパスポートを空港の係員に見せ、機内持ち込み・チェックインバッゲージ、ジャケット等すべて、機械(X線)に通す。その後、ボディーチェックを受け、やっとチェックインカウンターまで行くことができる。

日本のように誰でも空港の中に入れる訳ではないのだ。
出発時間3時間前程度でないと空港の中に入れてくれない。
時間前の人で空港の外が溢れているという…(汗)

Field_14759.jpg

この制度が、自転車乗りにとっては厄介。
X線を通した後、自転車梱包したいので、空港内で作業できるのが実質1時間半もない…。
猛烈に急がないといけないのだ。
自転車の梱包はセルフラッピング形式なので、必死で作業をした。
何とかなったが疲労感がハンパない。
⇒ 飛行機輪行方法の利点と欠点!海外に飛行機で自転車を持っていく7つのおすすめ方法


途上国チェックインカウンターあるある


Field_14852.jpg

巨大な荷物を引っさげて、チェックインカウンターに並んでいると…。

「こっちにおいで!」

と、航空職員らしき人に呼ばれ、別枠でチェックインカウンターの手続きが始まった。
すごく並んでいたため、正直かなり嬉しかった。
テキパキと作業してくれ、荷物の重さを量って…。

IMG_1259.jpg

お金の要求。
事前にネパール航空のオフィスで超過料金等を聞いていたので、支払わなければならない金額も頭に入っていた。
⇒ LCCより安い!?「ネパール ⇔ タイ」 区間を最も安く行く方法

預け荷物:30キロまで無料(個数無制限)
持ち込み手荷物:7キロ
超過料金:280ルピー/kg

職員らしき人に「いくら?」と聞いても、答えてくれない。
職員らしき人は「ディップ」と言う。

そのときは全く理解できなくて「はぁ??」と。
再度「いくら?」と聞いても、意思疎通できない。
職員らしき人は諦めて「もういいよ」という素振りをとって、別の作業に…。

あぁ。「ディップ」じゃなくて、「チップ」か。
お金を払うものだと頭にあったため、全く「チップ」と理解できなかった。
いわゆる、袖の下(ワイロ)的なチップを要求してきたようだ。
でも、あっさり諦めるのが、ネパールらしい。

財布を出して、「いくら?」と聞いているのだから、適当な金額を言えば良いのに、それも言わない…。やっぱり、ネパール人らしいなー。

インドだったら…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))


日本好きのイミグレーション


IMG_1260.jpg

ボーディングパスとパスポートを係官に見せてエスカレーターでイミグレーションに上がると、出国用の用紙があるので、それを記入。ボールペンがないので、用意しておかなければならない。

そして、イミグレーションに。
サクサクっとスタンプを押してくれ、日本語で

「ありがとうございました。また来てね」

な、なんと!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

最後までネパールには驚かされる。
なんだかホッコリ。


トリブバン国際空港にFree Wifi発見!


IMG_1261.jpg

免税店の周辺でFree Wifiがある。
スピードは遅いが、ギリギリ繋げることができる程度。

ネパールの空港も近代化してきているじゃないか!
とビックリした。

あ、もう出国しているから、急に近代化したのか(笑)


飛行機へはバス&ウォーク


IMG_1262.jpg

飛行機へのバスでアクセスし、そこから歩く方式。

IMG_1263.jpg


自転車の梱包等でバタバタして、相当疲れたが、普通の荷物であれば、何ら不自由なく進むのではないだろうか?
これでもワースト空港に選ばれるとは…。

航空事故が多発しているのもワースト空港の理由の1つなのかもしれない。
危険と言われているネパール航空の搭乗記は次回に。


このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
2017 / 05 / 18 | Category : 〔 ネパール 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?