おすすめアプリケーションの紹介。

旅をしていて、写真の管理が重要事項の1つだ。
もう戻ることのできない写真を紛失しないために、色々な方法を使っている。

① パソコンに保存
② メモリーカードに保存
③ 外付けハードディスクに保存
④ オンラインストレージに保存

今回紹介するのが、④ オンラインストレージに保存
僕が使っているのが、ドロップボックス(Dropbox)というもの。

358e194558d7f71ef392b5a7103361a7.png


本当に使いやすい。
どう使いやすいかと言えば、勝手に色々やってくれる(笑)
カメラのアップロードを自動にしていれば、インターネット接続下でカメラをパソコンに接続すると、勝手にオンラインストレージに保存される。しかも、2GBの容量だったものが知らぬ間に増えていく・・・。


そして、ある程度写真が貯まったところで、日本の協力者に写真を共有し、保存してもらうことで、データを失う心配が少なくなる。自転車で旅行していると、振動が激しいので、パソコン、外付けハード、メモリーカードといった媒体なら故障する可能性が高く、全て盗まれることだって大いにある。オンラインストレージなら、その心配は皆無なので安心だ。

もう一つ良い点が、オンラインストレージの本命とも言われているだけあって、様々なアプリケーションと連携している点だ。
僕の場合、写真の他にもGPSデータも勝手に保存されるようになっており、本当に便利。
何より、意識して保存しなくても「勝手」に保存されているというところが、忘れがちな僕たちにとっては素晴らしいと思う。

もし、興味があれば、ココからダウンロードできます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014 / 07 / 21 | Category : 〔 オススメ旅アプリ 〕  | comments(0) | 
北米の旅行中に最も活躍したアプリ「Camp and Tent」


campbtlogo120x114.gif


北米のキャンプ事情でも記載したが、キャンプ場があってもRV専用(テントNG)のところも多く、キャンプ場を見つけては、一喜一憂するのも面倒な話なので、このアプリケーションは本当に役立った。


DSC00626.jpg


僕たちがこのアプリを知ったきっかけは、ラスベガスを出た初めのキャンプ場で知り合ったドイツ人サイクリストだ。彼からこの情報を教わり、それ以降愛用というか、そのお陰でキャンプ生活が始まった(笑)


人生で初めて課金したアプリ(500円ぐらい)だが、本当にいい!
1万払っても欲しいくらいだ。


screen322x572.jpeg screen322x572 (1)

Camp and Tentが使える理由



オフラインでも使える


⇒ 地図機能は一度見ているとある程度の期間オフラインでも見れる
⇒ 現在地(GPS)とキャンプ場までの直線距離が分かる(オフライン)
⇒ オフライン地図としても使える。道路の区分も色分けされており、どこが高速かが分かる。

大体の価格設定が分かる


キャンプ場のデータの中に$マークがあり、おおよその値段がわかる。
$~$$$$$$程度の幅があり、目安をつけやすい。

キャンプ場の標高が分かる


キャンプ場のデータ内に標高データが記載されている。
⇒ 上がるか下がるかの大まかな情報になる。

Googlemapとの連携


ボタン一つでグーグルマップの画面に行ける。
オンラインじゃないと操作不可。

キャンプ場の営業期間が分かる


盲点かもしれない。
営業期間を調べる作業って、考えただけでも大変。
⇒ シーズンオフだったので、ホント重宝した。


と、まだまだあるが、この辺で。
地図を持たない現代チャリダーには最適だ。
北米は、グーグルマップではなく、「Camp and Tent」で全て(宿泊、大まかなルート作成)を賄えた。
スマートフォンやタブレットを持っていくなら、GPS付きのものが必須だ。


ダウンロードはコチラ
Camp and Tent


このエントリーをはてなブックマークに追加
2014 / 09 / 27 | Category : 〔 オススメ旅アプリ 〕  | comments(2) | 
航空券の買い方

旅行代理店で購入する方法とインターネットを通じて購入する方法がある。
旅行代理店を通すと、もちろん人件費が発生するので、仲介手数料がかかってしまう。
海外で航空券を買うときも、旅行代理店で話すより、英語を読んだり書いたりする方が得意な僕たちには、インターネットで買う方が良い。色々考えられるし。

日本発着の通常の旅行の場合は

SkyscannerExpedia楽天トラベルが適していると思う。昔にインドのケラーラ(Cochin)に行ったときは、日本⇒Cochinで検索すると結構高かったが、日本⇒デリー、デリー⇒Cochinと区切って検索すると安くなった。乗り継ぎが悪かったけど( ̄ー ̄;
今は、LCCが台頭してきているので、利用価値は高いが、僕たちには自転車と大量の荷物があるので、受託手荷物をじっくり読まないと、超過料金で青ざめるはめになる(笑)


海外で航空券は買う場合は、僕はSkyscannerに頼っている( ̄ー ̄)というか、頼り切っている。最近は、ココも便利。検索方法も色々あって面白い。

■ 目的地を決めずに検索できる
⇒ 目的地「すべての場所」全世界の値段が検索できる。
ふらっと旅したいけど、どこ行こう?ってときに良いかも。

■ 日程の自由度が高い
⇒ ピンポイントな日程検索から1週間、1ヶ月、1年間といった長期間の値段提示もしてくれる。
日程によって、値段が異なる(空席の関係?)場合が多いので、数日ずれても痛くも痒くもない僕たちにはうってつけだ。

■ チェックドインバゲッジ料金も調べやすい
⇒ 受託手荷物料金の各会社一覧があり、チェックできる。

荷物の多い僕たちが心がけていることは、複数航空会社(乗り継ぎ地で航空会社が変わる)利用は避け、チケット購入前に必ず手荷物ポリシーを確認し、単純なチケットの安さだけで決めないということだ。

インターネット普及で、本当に便利な世の中になった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014 / 10 / 03 | Category : 〔 オススメ旅アプリ 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?