DSC034021.jpg

DSC034061.jpg

DSC034031.jpg

DSWC003661.jpg

IMG_0457.jpg

IMG_0455.jpg



リゾート最高!!!
えっ、イタリアと言うことが逆だと?
良いのだ良いのだ。ここはギリシャなのだ。
パトラ-アテネ間のキャンプ場はほぼリゾートキャンプ場だった。
しかし、イタリアのリゾートキャンプと大きく異なる。


価格:高い(イタリア)⇔ 半値以下(ギリシャ)
人数:多い(イタリア)⇔ 少ない(ギリシャ)
設備:良い(イタリア)⇔ 同等以上、冷蔵庫、冷凍庫、キッチン完備(ギリシャ)
騒音:かなりうるさい(イタリア)⇔ 静か(ギリシャ)
海:やや濁る(イタリア)⇔ かなり透明(ギリシャ)


価格が半値以上で静かで設備が同等以上で海もキレイ。
バカンスはギリシャですべき!
イタリア人はバカ騒ぎをしたいのだろう…。
すっかり、ギリシャリゾートが気に入ってしまった僕たちは、シェンゲン協定を忘れ完全にのんびりモード。

海辺で貝採取

DSC034321.jpg


佃煮を作る(笑)

DSC034351.jpg



海に入り

DSC034251.jpg



ウニを発見

DSWC003721.jpg


ウニ採取

DSC034101.jpg



ウニが本当にゴーロゴロしている。
こっちの人は食べないのかも。
ウニ丼、ウニ丼ワッショイワッショイ!!
って、ウニそこまで好きじゃなかったーーー!!!


残念なことが一点!
北米、ヨーロッパを旅して来て、ずーっと、水道水を飲んできた。
ここギリシャで初めて、水道水無理かも。。。となってしまった。
水の衛生上は問題ないと思われるが、硬度が恐ろしく高いのだ。
今まで高い硬度の水にも順応してきていたが、それをはるかに超える硬度の高さ、そして不味さ。。。さすがの僕たちもギブアップして水を購入して飲むことにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015 / 02 / 23 | Category : ギリシャ  | comments(0) | 
アテネにせっかく来たので有名な遺跡は見ておこう。ということで世界遺産アクロポリスに向かった。
それらしい案内板がなく、丘の方へ進んでいくと、、、


落書きが増えてくる。アテネは落書きが多く、ガッカリする。

ギリシャ1


コレも落書きか?ということは反対側が正しいルートではないか。と深読みし、

ギリシャ2


矢印と逆方向に進んでいくと、Dead End。
落書き(のようなもの)が正しいルートだった。。。ちゃんと看板を立ててほしい。


チケットを買って出発。これでアクロポリス周辺のほとんどの遺跡が見られる。

ギリシャ3


遺跡調査の人たちが沢山。

ギリシャ4


何とかアゴラ

ギリシャ5


そして団体観光客の群れ。しかも暑い。この時点で動きたくなくなり、日陰に座って休憩。待てど待てど人波は途絶えず。観光客観察をして遊ぶ。
ギリシャ6

ギリシャ7


やっと人が少なくなり、遺跡めぐりへ。
パルテノン神殿。修復途中。どこまで本物なのだろうか、修復なしにはほぼ原型をとどめていない気がする。

ギリシャ8

ギリシャ9

ギリシャ10

白い方が修復後?ブロックみたいなのは何だ。


エレクティオンは、なかなか存在感があって、おーすごいと思ったら、これらの像レプリカだそうで。何か残念。

ギリシャ11



街のなかにも遺跡が散らばっている

ギリシャ12


山の上にもぽつんと

ギリシャ13


遺跡好きの人には怒られそうだけど、私たちは勉強も事前知識もなく来ているので、へーと思う程度。やっぱり自分たちには自然の景色の方が興味をそそられるのかもしれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015 / 02 / 25 | Category : ギリシャ  | comments(2) | 
アテネからではなく、ラフィーネという港からフェリーに乗って、ミコノス島にやってきた。

DSC035631.jpg


行き交う人とミコノス島について話をすると、あの島は「ナイトライフ」それだけだ!
と言い放つ。

(((((((( ;゚Д゚)))))))

そう、ヨーロピアンの若者が早朝までドンチャン騒ぎをする街らしいのだ。。。
おぉぉ、イタリア再燃www


と、島に降り立つと、さっそく宿の客引き。
おぉおぉ、来た来た!
バックパッカーには大勢の客引きが来るのに自転車乗りには客引きが来ないのが常だが、ミコノス島は違っていた(笑)
いつも通り何の予約もせずに、最悪のケース(キャンプ場)だけ調べておいたので、気分は楽なもんだ。せっかくミコノス島に来たのだから、それっぽい所に泊まろうかーということで、値段交渉の末、即決。自転車は車には入らないので、気合で車について行くw


何を隠そう、ここが僕たちの宿。期待通りのミコノスっぽさ。

DSC035881.jpg



宿泊所(独立棟でトイレシャワー、テラス、ミニキッチン付き)
2人で30ユーロだからなかなかかな。25ユーロまで落とせた気がするがまぁ良いや。

DSC035691.jpg

DSC036691.jpg

DSC036681.jpg

DSC036701.jpg



夕日もキレイ

DSC036391.jpg



深夜の訪問者

DSC035801.jpg


猫が多い。多過ぎる。。。

DSC036551.jpg


猫ババア現る。こうやって猫が増える仕組み。

DSC036541.jpg



今回、たまたま泊まった宿の立地がまだ開発途中の北西部だったので静かにのんびり過ごせた。自転車で中心地までもすぐに行けたので、本当に良かった。そのおかげで、イタリアが再燃することもなく、ナイトライフを味わうことも無かった。島の中心地の夜はクラブが多くうるさいらしい。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2015 / 03 / 01 | Category : ギリシャ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?