ついに、出発しました。

▼ 伊丹 ⇒ 成田
家族や友人に見送られながら出発。
自転車は、事前にダンボールに梱包し、JAL ABCにて関西から成田に輸送。輸送費も安く(4200円)、サイズを気にせず送れるので、オススメです。

▼ 成田 ⇒ ロサンゼルス
成田で自転車を受け取り、荷物のすべて…
DSC08612_1.jpg

自転車でか過ぎて、思わず笑いましたw


いきなり起こった数々の試験


試練①:荷物預けられない事件


今回、成田-ロサンゼル間はアメリカン航空を利用したのですが、事前に問い合わせ内容と食い違い、もめる。
自転車の輸送は、特殊品目、スポーツ用品に分類され、三辺の合計320センチ、31キロまで15000円で輸送してくれる。これが、手荷物の1つにカウントされるか否かという話。

事前情報(電話確認):受託手荷物2つ(各23キロ)+自転車(15000円)
実際:受託手荷物1つ(23キロ)+自転車(15000円)
自転車を受託手荷物1つ分と解釈されました。実際の電話の旨を話すと…
「支店とココでは食い違うことがたまにある」
なぬー!!まぁ、リュックを機内に持ち入れば良いので、諦めました。

試練②:X線入らない事件


規格外の自転車のダンボール(左:電動自転車用)
成田空港にはラージサイズのX線照射機器があるのですが、それにも入らなかったww
まさかの立ち会いのもと、開封。疑わしいものを検査。緩衝材として、テントやら衣類やらサドルバックやらやら入っていたのですが、印象が良かったのかテントだけの検査。ふぅー。よかった。

いざ出陣。
DSC08618.jpg

▼ ロサンゼルス ⇒ ラスベガス
楽には終わらせてくれません。

試練③:乗継できないかもしれない事件


エアーの予約時の乗継時間…2時間半
余裕を持っていける程度だと思われます。
なぜか、出発数週間前に便の変更に伴い乗継時間…1時間半
知恵袋によると物凄く急ぎ、かつ受託手荷物がない場合で行ける時間らしい。
もはや絶望的w自転車もあるし(TーT)
(アメリカは最初に降りた空港で全部荷物を出し、再度預けるシステム)

最も速く行けるルート、手順の確認を怠らず、いざ実践。


ロサンゼルス乗継の救世主エクスプレスコネクションカード


今回の救世主「EXPRESS CONNECTION カード(エクスプレスコネクションカード)」
いわゆる、優先ルートを通れる代物。

IMG_0018.jpg


ロサンゼルスでゲットするエクスプレスコネクションカードの使い方


① 人を押しのけて飛行機を降りる
② 壁に貼られているEXPRESS CONNECTIONカードをもぎ取る
③ ダッシュでバスに乗り込む。(ココが大事)
④ 入国審査を笑顔で乗り切る
⑤ 手荷物を受け取る(自転車はオーバーサイズの場所にあった)
⑥ ポールを次々になぎ倒し、税関に行く(自転車は縦にしましょうw)
⑦ 税関も笑顔で通過
⑧ CONNECTIONへ(X線検査はない…もしあったら、ぞっとします)
⑨ 行き先を伝え、適当に預ける
⑩ 出口から道沿いに右に行き、ターミナル4へ。
⑪ 2階に行き、手荷物検査
⑫ ゲートへ行く。

ちゃかり自転車を見つけるのに彷徨い続けたのにも関わらず!
50分かからず乗り継げました!
EXPRESS CONNECTIONのおかげで、入国審査、税関および手荷物検査の待ち時間が大幅に削れた。
待つのが嫌いな人は、あえて乗継時間をギリギリすると良いかもw

IMG_0029.jpg

グランドキャニオンもういいんじゃね?と思わせられる景色が…。

結果を恐れて、次の便へ繰越、到着が遅れるより、挑戦した方が面白く、良い経験ができる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014 / 03 / 13 | Category : アメリカ  | comments(4) | 
ラスベガスを自転車+徒歩でウロウロしてみた。

昼のラスベガス
IMG_0034.jpg

IMG_0033.jpg

何やら、嘘っぽい。他にもベネチア、パリ、etc...と1つの場所で世界を味わえるようだ。
このコンセプトは…( ̄□ ̄)!!
淡路ワールドパークONOKOROに違いないw
カジノを作れば、日本版ラスベガスに。。。

さてさて、夜の部。
DSC08639.jpg

DSC08650.jpg

昼と打って変わって、ネオン街へ変貌をとげ、それっぽさがでる。
無料のショーも各地であるようなので足を運んだり、運ばなかったり。

ラスベガスと言えば、カジノなので、一応やってみる。
          ・
          ・
          ・
ディーラーとやり取りする器がなかったので、スロットへ(^^;
日本でも賭け事(パチンコ、スロット、競馬とか)をしない2人にとっては…。
スーパーによくあるメダルゲームにしか思えなかった。
しかし、皆は熱心にスロットをしているところを見ると、お金が絡む遊びは人を狂喜させるのであろう。テーブルゲーム以外は、全くをもってメダルゲームと変わらないのだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014 / 03 / 16 | Category : アメリカ  | comments(6) | 
ラスベガスに5泊していた訳だが、ついに出発!
重い腰を上げ、ついに!!

まずは、近場のレイクミードナショナルパークを目指す。
距離にして40キロ。初動としては良い感じでしょう。
ラスベガス近郊は、自転車レーンも多くあり、非常に走りやすい。
しかし、自転車はほとんど見ない。
っま、観光客は自転車で走らないよねw
アメリカ人も体重が・・・な方が多いので走れないのかな。
気候や地形からも自転車に適さないのかもしれないけど、道路はばっちり走りやすい。

しかし、予想以上のアップダウン( ̄ー ̄;
その末・・・

IMG_0053_2.jpg

ラスベガスから少ししか離れていないのに、この絶景!
IMG_0056_2.jpg
やっぱりネオンより、自然のほうが好きです。
荷物が多すぎる気がしてならないwこれから、取捨選択して、減らしていきます(T-T)
正直、重し!!

DSC08692.jpg

アメリカはNP(ナショナルパーク)が各地に点在し、非常に安価な値段でキャンプができる。
今回来た「Lake Mead NP」は、1泊10$でベンチ、水、トイレ、キャンプファイヤー、BBQできる施設を使用できる。日帰りの場合は無料なのだから、アメリカ人のBBQ好きが増える理由も分かる。
本当に使用勝手の良いキャンプ場でした。本当なら2、3泊したかったが…。

進まなければならないときだってある。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014 / 03 / 22 | Category : アメリカ  | comments(3) | 

WHAT'S NEW?