ネパールの首都カトマンズには、数々の日本食レストランがあることで有名だ。

しかも、価格は日本よりずっと安く、味のレベルもかなり高い。
カトマンズに行けば、日本で食べるのと変わらない日本食が食べられるということで、楽しみにしていた。
ネパールの前が、食べ物があまり美味しくなかったイランだっただけに、その期待は膨らみ続けていたことは言うまでもない。

今回、ネパールのカトマンズで食べたオススメ日本食レストランを紹介する。


カトマンズのオススメ日本食レストラン


絆食堂


DSC045866.jpg

カトマンズで一番お気に入りの日本食屋。
独立の店舗はなく、フードコートのようにいくつかの店が並ぶ中の1つだ。

濃い目の味だけど、ちゃんと日本の味で美味しい!
上の写真が、スタミナ丼。
ご飯の量も多く、お腹が空いているときには大満足。生卵が気になったが、お腹は壊さなかった。

このお店で最もオススメなのは、「かつ丼とチキンカツ丼」だ。
さらに、みそ汁や漬物もついて、200円程度と安い!!!

DSC045466.jpg

普通にカツ丼。
出汁の味も普通。
海外で普通の日本食が普通に食べれるってすごいことだと思う。


ロータスカフェ&ギャラリー


Field_14836.jpg

日本のカレーが食べられる。

野菜カレー190円
DSC045536.jpg

懐かしい日本のカレーの味。サラダと食後のお茶つきなのがうれしい。
ちなみに、ご飯のお代わりが1回無料でできる。

普通に美味しく安いので満足。日本の漫画や本が置いてあるので、待ち時間も退屈しない。
ここは海外なのか?
と思える環境だ。

豆腐チキンハンバーグセット。究極にあっさり味。
単品で、ちょっと酸っぱい自家製納豆も食べられる。

DSC045886.jpg

味は・・・、やっぱり、カレーがオススメかな。

ロータスには米や味噌等、いくつか日本の食材も安く売っているので、自炊派にもうれしい。

桃太郎


DSC045056.jpg

人気の日本食屋。そこそこ値段は高い。

ワンタンメン330円。
麺は腰がなくあまり美味しくはないがスープは美味しい。
期待が高かっただけに、残念な感じ。

海老丼400円。
エビは細く、殻ごとフライされているのが微妙だったが、味はしっかり美味しい。
みそ汁と漬物がついてくるのがうれしい。

DSC045046.jpg


チャチャカフェ


Field_14743.jpg

日本にもありそうな、おしゃれカフェ風

DSC063726.jpg

チキントマトシチューとおろしハンバーグセットを注文。
シチューは酸味のあるあっさり味で美味しかったけど。もう少し濃くてもいいかも。

DSC063736.jpg

ハンバーグセットはご飯の量が少な目
DSC063756.jpg


ふる里


DSC045956.jpg

日本っぽい内装で、トイレもきれい。
味も何を食べてもそこそこ美味しい。
出汁の味もちゃんとしている。

Field_12953.jpg

Field_12952.jpg


どこの日本食レストランも無難に美味しい。
コストパフォーマンスも考慮に入れると、頭一つ抜けているのが、絆食堂かな。

海外でこんなに日本食を安く堪能できるとは思わなかった。
中東で疲れた体を癒し、これから挑戦するエベレスト街道トレッキングに向けて、英気を養うには最高の日々だ。

ネパールに来て思ったのは、やっぱり自分達はアジア人だな。
ということ。
居心地の良さは、今までと段違いな気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016 / 09 / 06 | Category : ネパール  | comments(0) | 
ネパールに入るとイランとは一変、一気にアジア色が濃くなった。人々の背丈、雰囲気からは、アジアの懐かしさを感じホッとする。

ネパール料理は、インドに近いことからスパイシーなカレーばかりかと想像していたが、意外にも日本との共通点が多くとても馴染みのある味付けだった。

今回は、そんなネパール料理について紹介する。


ネパール版 餃子「モモ」がうますぎる


momo_photocat.jpg

超有名店「ニューエベレストモモセンター」


DSC045436.jpg

地元客も多い人気店。
地球の歩き方にも掲載されており、観光客も多い。

DSC045446.jpg


モモとは、小麦粉をこねて薄く伸ばした皮で、具を巾着状に包み、加熱した料理。正確にはネパール料理ではなく、チベット料理だ。エベレストモモセンターのモモは、buff(水牛)の肉を使っている。辛くてパクチーの効いたタレが癖になる美味しさ。70円程度。

こんな感じで蒸している
DSC045456.jpg

カトマンズNo.1モモはココだ!


Field_12858.jpg

エベレストモモセンターから東に300mほど行ったところにある小さなベジタリアン食堂「Coffee vegetarian food home」GPS(27.717897, 85.309265)がそこら中で食べたモモの中で一番美味しかった!

DSC062946.jpg


ベジモモ(蒸し野菜餃子)が美味しい。
ベジタリアン食堂のため、肉が入っていないが、味に深みがあり、本当に美味しい。ガイドブックには載ってないし、場所も分かりにくいので、見つけるのは難しいかもしれないが、モモはこの食堂がNo.1だと思う!

そして値段もNo.1!!
10個で50円程と激安。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

甘いチャイ(ホットミルクティー)は、なんと15円!!
サモサや揚げパンは10~15円!!

DSC045076.jpg


安くて、うまい、そして宿から近い!!
必然的に日々通っていた(笑)
そのお陰で、店員と仲良くなり、モモの作り方を教えてもらった♪

モモ以外にも美味しい食べ物があった。
チョウメンは、日本のしょうゆ焼きそばにそっくりで美味しい。

Field_13314.jpg


チャナはカレー味のヒヨコ豆。辛いけどおつまみっぽくて美味しい。

DSC045486.jpg


でも、モモの美味しさが群を抜いている。


チベット料理 ギリンチェ


Field_12904.jpg

この店には焼き水牛モモがある。
焼きモモは焼き餃子そのものなのだ。
皮がモチモチ、しっかりした味付けで美味しい。

餃子の起源は中国。
中国の餃子は「水餃子」が主流。
チベットの餃子は「蒸し餃子」が主流。
日本の餃子は「焼き餃子」が主流。

アジアに来ると、食べ物の変遷を感じられて面白い。

この店は焼きモモだけではなく「テントゥク」「トゥクパ」と呼ばれる麺料理で有名なのだ。
テントゥクは平たい麺に、辛いけど優しい味のスープが美味しい!
これで、300円。

IMG_1187 (2)


トゥクパはテントゥクの細麺バージョン。

DSC045556.jpg

こちらも優しい味でおいしい。
テントゥクもトゥクパも、店によって味が異なり面白い。


名もなきローカル店での洗礼


カトマンズは、ただただブラブラする日が多かった。
毎日違う道を通り、行き当たりばったりで気になった店で食事することも多い。

有名店より、ローカル店の方が本当のネパールを味わえるのだ。

カジャ(ネパール語で軽食)


DSC061516.jpg

チウラと呼ばれる米を炊いて平たく潰し乾燥させたものに、ムラコアチャル(ネパール風大根の漬物)、チャナ(スパイス味ひよこ豆)、煎り大豆、辛く味付けした水牛の肉、ジャガイモ炒めなど、たくさんのおかずと一緒に食べる。

こんな感じで売られている

DSC061506.jpg

100円程度と安く、色んな味を楽しめて美味しい。

が!!!
めちゃくちゃ辛くてそれどころではなかった。
辛いと言うか、痛い。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

後日、尻ファイヤーになったことは言うまでもない(笑)

パニプリ


DSC061466.jpg

路上で売られていた。
DSC061436.jpg

パリパリの皮に少しのおかず(マッシュポテトと香辛料)を詰め、酸っぱいスープをかけて食べる。すぐ食べないとフニャフニャになる。

ラッシー(小)


DSC045236.jpg

ものすごく濃厚クリーミー。
上にのっているナッツやレーズン、ミルクの塊(?)のようなトッピングも美味しい。
35円!!
この値段で日本でも食べられたらなー。


ネパールの国民食ダルバート


DSC045796.jpg

エベレスト街道トレッキング中は晩御飯の定番となった。
ダル(豆)のスープに、バート(ライス)、野菜のカレー炒め、ときどきアチャール(漬物)がセットとなっているものが多い。たいていお代わりができる。
というか、ガンガンお代わりさせられる。
食べ過ぎて、放心状態になるときも…(笑)

地元客が通う店は、100円ほどとかなり安い。
アチャールがビックリするほど辛い店もあるので注意が必要!

ダルバートの有名店「タカリバンチャ」


DSC064556.jpg

カトマンズの少し高級なダルバートの有名店。
味も美味しい、無茶な辛さもなく、多少上品さもある(笑)
いろんな種類がちょっとずつのっていて、全てお代わりできる。

DSC064546.jpg

お代わりすると、ちょっとじゃなく、どっと盛られる(笑)
上品さがなくなり、食後は放心状態に…(汗)

少し高級と書いておきながら、170円なり。


ネパールの食は、観光客が多いためか、想像していたよりも辛くなく、日本人の口に合うものが多い気がする。カトマンズでの生活はとても食に恵まれていて、毎日何を食べるか楽しみだった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2016 / 09 / 08 | Category : ネパール  | comments(0) | 
ネパールの首都カトマンズは、ネパール料理だけでなく、和洋中韓印中東など、多国籍料理が食べられる。
しかも、価格は日本よりずっと安く、味のレベルもかなり高い。世界中から集まる観光客に器用なネパール人が対応していった結果だろう。

今まで日本食、ネパール料理を紹介してきた。
⇒ ネパールの日本食に感動!オススメ日本食レストラン5選
⇒ 安くてうまい!!カトマンズのネパール料理屋 有名店から無名店まで

今回は、その他の多国籍料理について紹介する。


人生初のシャトーブリアンはエベレストステーキハウスで


DSC062216.jpg

カトマンズのステーキハウス。

この店で「シャトーブリアン」が安く食べれるのだ。
シャトーブリアンとは、牛のヒレ肉(テンダーロイン)の中で中央部の最も太い部分のこと(牛1頭からとれるヒレ肉およそ4kgから600グラム程しか取れない)、およびそれを使った最高級のステーキである。

ちなみに、松阪牛のシャトーブリアンは300g3万円…。
100g1万円…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))



一方、カトマンズのシャトーブリアンは、500g1500円!!!(上の写真の料理)
100g300円!!

破格過ぎる!!

味は、思っていたより普通(笑)
焼き立てなのに中心が生ぬるかったのもちょっと残念。
ゆかは気に入っていたが、期待値が高かっただけに、こんなものか。
と言った感想だ。

美味しいんだけど、シャトーブリアンという名前がハードルを倍以上高くしてしまっていた。それに、最後まで水牛なのか牛なのか分からなかったのも原因かもしれない(笑)

普通のステーキのレベルも高い!
DSC063416.jpg

何の肉か分からないけど(笑)


世界三大料理「中華料理」は偉大


カトマンズには中華料理街がある。
その区画はまるで中国。
店内では中国語が飛び交い、ゆかは中国語で話しかけられる(笑)
そう、客の大半は中国人なのだ。

嘉麟閣


DSC064676.jpg

カトマンズのレストランではサービス料(10%)を取られるところが多いが、ここはそこそこのレストランにもかかわらずサービス料なし!

麻婆豆腐とライス 250円
Field_14530.jpg

青椒牛肉麺 280円
Field_14531.jpg

かなり美味しい!!
中華料理は味が深く、外れがない。
量が多いので、4人くらいで行ってシェアできたら最高だと思った。
中国人は大量に頼み、大量に残す。

習慣なのかもしれないけど、やっぱり、食べ物は大事にして欲しいな。

カトマンズNo.1の中華料理はココだ!


DSC064606.jpg

中華面館。
麺類がメインのお店。
安いメニューが多く、美味しい。
麺が何回でもお代わり無料という破格のサービスを提供している。

まぁ、麺の伸びがムラがあるのは愛嬌w

担々麺は180円。辛いけど本格的な味で美味しい。
DSC062416.jpg

牛角煮麺。柔らかい肉がゴロゴロ入って200円。安い!
DSC062716.jpg


カトマンズの中華料理のなかで個人的No.1。
コストパフォーマンスもNo.1だ!!


穴場?激安インドカレー「Westernタンドリーナンハウス」


DSC064016.jpg

ふらふらっと入店したインドカレー屋。

ナンやロティーはこの釜で焼かれている。
DSC064066.jpg

驚くのは値段!
ナンは30円、ロティー10円、カレーは40円から。
DSC064046.jpg

DSC064056.jpg

地元民が集まる店内はあまり清潔ではないが、激安かつ本格的で美味しい!
ネパールもインドと同様、スパイス大国である。
でも、インドより辛さがマシなので、食べやすい。


パン屋も多い


nepalbread.jpg

カトマンズにはパン屋もいくつもある。

家で作ったような(良く言えば手作り感あふれる)パン屋が多いなか、Hot Breadというパン屋は本格的。日本のパン屋と同レベルの美味しさ&価格のパンが売っている。
他のパン屋も、クリームドーナツ系は外れなく美味しかった。

安いパン屋のチーズケーキは、硬いプリンみたいだった。


大抵の国は、外食があまり美味しくなかったり、バリエーションも少ないのでしばらく滞在すると食べ物に飽きてしまうものだが、カトマンズはそれがない。美味しくて安い店がたくさんあり、まだまだ開拓し足りないほどだった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016 / 09 / 10 | Category : ネパール  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?