カンボジアの道と言えば、「赤土のバンピングロード」が思い浮かぶ。
10年以上前に初めてタイ カンボジアの国境を陸路で渡り、ピックアップトラックで移動した思い出の一部だ。

10年以上前・・・、この車に乗って、国境からシェムリアップまで行った(笑)

DSC00570.jpg


アスファルトの道路はごく一部で、その舗装道路も路肩はなく、一車線か!?と思えるぐらい細い。
その他は赤土のオフロードがひたすら続く。

DSC00585.jpg


穴ぼこがそこら中にある未舗装の道をかっ飛ばすため、車体が恐ろしく上下に揺れ、注意を怠ると、車から落ちそうになる(笑)

あまりにも激しい道のため、猿岩石がユーラシア大陸をヒッチハイクしたことで有名な「電波少年」という番組でその道路を補修するという企画をしていたぐらいだ。

企画名は「アンコールワットへの道」



で、現在はどうなっているかというと…。


バンピングロードの現在は?(ポイペト~シェムリアップ)


Field_15392.jpg

完全舗装されていた!!
路肩も十分にあり、あの赤土のボコボコ道はなくなっていた。
自転車にとっては、相当走りやすい。
赤土だと、速度が乗らない上、砂が舞うので、本当に大変なのだ。


子供達も多く、沿道から「ハロー、ハロー」

Field_15403.jpg


笑顔に囲まれ、走っていて本当に楽しい!
カンボジアを自転車で走るって、こんなにも楽しいものだと思わなかった。

Field_15406.jpg


これだけでも10年でカンボジアは大きく変わっているように思えた。
ポルポト政権の大虐殺(カンボジアの悪夢)から40年、時代は変わろうとしているのかもしれない。

しかし、道路が整備されても一歩主要道路から外れると…。

Field_15409.jpg

赤土の粉塵舞う、昔のカンボジアが思い出される。
荷物を運ぶ車も安定の重量オーバー(笑)

IMG_1297.jpg


10年以上前と比べると、人の顔が明るくなっているように思えた。
どこか影のあった時代から、脱却しているのかもしれない。
物乞いが明らかに減っている。

そんなカンボジアの旅は始まったばかりだが、何だか楽しい予感がする!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 08 / 18 | Category : カンボジア  | comments(0) | 
カンボジアの一大観光都市「シェムリアップ」に来た。
シェムリアップはアンコールワットがあるため、観光客が非常に多く、賑わっている。
10年以上前は埃っぽく、地雷等で手足を失った浮浪者が徘徊し、物乞いが多数いたが、その気配が消えていた。

彼らはどこに行ったのであろうか…。
世代が変わったと思っておこうか…。
深い闇があるかもしれないが、まず街を散策することにした。

シェムリアップ、この10数年で急速に発達している。
まず、道路。

Field_15423.jpg


メイン道路(ごく一部だが)は車専用道路と、トゥクトゥク専用道路に分かれていた。自転車はトゥクトゥク道路を走れるため、非常に走りやすかった。
ちなみに、カンボジアのトゥクトゥクは、タイのトゥクトゥクとやや異なっており、バイクにモロに牽引されている。

<カンボジアのトゥクトゥク>
tktk.jpg

<タイのトゥクトゥク>
tktk-BKK.jpg


街を歩くと、新しい建物が多々あった。
近代的風な建物

Field_15486.jpg


ラッキースーパーマーケットも近代的風な建物に

Field_15438.jpg


お洒落なジェラート屋なんかもあった

Field_16071.jpg


謎な傘が空に浮かんでいる…。

Field_15469.jpg


夜になれば、電飾のイルミネーションが…。

Field_16069.jpg


あの埃っぽいシェムリアップが驚くほど見違えていた。

だが、ローカルなところはそのまま残っている。
観光客が来ない街外れの市場に行くと、昔のシェムリアップのままで、何だかホッとした。

Field_15481.jpg


観光客が集まる場所は、お金も集まる。
お金が集まれば、街も変わる。

カンボジアのシェムリアップだけを見れば、カンボジアの生活水準は上がってきているように思える。しかし、それはごくごく一部であり、その生活水準向上は観光客誘致のためだろう。

実際のカンボジアは、まだまだ最貧民国の1つであり、自国だけではどうにも自立できていないのが現状だ。でも、笑顔が多く、温かい気持ちになった。

そう言えば、アフリカの最貧民国の1つのマラウイという国では、こんなキャッチフレーズがあった。
「あらゆる旅行者のハートを満たす国、マラウイ。温かいハートの国、マラウイ。」

けれど実情は、ギブミーマネー大合唱の大変な国だった。
(((((((( ;゚Д゚)))))))
⇒ マラウイの洗礼 同情しなくても金をくれ

むしろ、
「あらゆる旅行者のハートを満たす国、カンボジア。温かいハートの国、カンボジア。」
カンボジアこそ、このキャッチフレーズが合致するのではないだろうか。

街は近代化していたが、心は温かくなっていっているように思えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 09 / 17 | Category : カンボジア  | comments(0) | 
シェムリアップはアンコールワットのお膝元。
もちろんアンコールワットは必見だが、オールドマーケットも外せない。

Field_16082.jpg

オールドマーケットはやや観光地化されているため、お土産等が買える。
値段は交渉性のため、何度か交渉してやっと適正価格になる。
粘らなくても、日本のものとは比べ物にならないぐらい安いので、時間のない方はサクッと買うのもありだろう。せっかく、アジアに来たのだから、交渉も観光の一つだと考え、ゆっくり話すのも楽しいため、おススメである。
交渉する商品や店によるが、最初の価格の半値ぐらいまで値段が落ちる場合も多い(土産物)。

さて、オールドマーケットは、お土産だけではない。
朝早くから活気づくあたり「庶民の台所」という表現がしっくりくる。
ローカル御用達の大きなマーケットだが、おおまかに鮮魚、野菜、精肉、食堂など、カテゴリーごとに店が固まっているため、観光客も見やすいだろう。ちなみに、内部のマーケットでは、あまり値引き等はなかったような気がする。おばちゃんと仲良くなった暁には色々おまけしてくれることもある(笑)

さて、カテゴリー別に分かれている、オールドマーケットの内部は紹介しよう。

衛生的にはヤバ過ぎる肉エリア


Field_16097.jpg

カンボジアは熱帯地方のため、暑い。
そんな暑い国にいつ捌いたのか分からない生肉が「どーん」と売られている。
販売形態は、量り売りだ。

Field_15432.jpg


何よりも臭いがすごい。
臭いの原因は、肉が酸素と触れ、酸化し、雑菌が繁殖しやすい状況になるためだ。
雑菌の繁殖最適温度は一般的に30~40℃付近と言われているので、熱帯のカンボジアの室温は最も菌が繁殖しやすい温度であるといえる…。

日本では菌の繁殖を抑えるために、少しでも低い温度で生肉を管理している。

と、考えながら、市場を回っていると、市場に付属した屋台で肉を食べる気分が失せてしまうのは当然かもしれない(笑)

肉の豆知識として、肉は
鶏肉 > 豚肉 > 牛肉
の順番に腐りやすい。

その理由は単純であり、肉内部に含まれている水分量が多い順番なのだ。

また、加工の仕方によっても腐りやすさは異なる。
ひき肉 > スライス肉 > ブロック肉
の順で腐りやすくなる。

これには酸素が関係しており、細かくされたひき肉はもっとも空気(酸素)に触れやすく、酸化しやすいので、もっとも腐りやすいのだ。

Field_16086.jpg


つまり、鶏肉のミンチが最も腐りやすい。
と言っても、腐りやすい状況下であれば、どの肉でも…。
と言わざるを得ない。


肉エリアに負けない強烈な臭いの鮮魚エリア


Field_16088.jpg

シェムリアップには「トレンサップ湖」という東南アジア最大の湖がある。
そのため、魚介も豊富なのである。

市場に売られている魚介類は豊富で量も恐ろしく多い。

Field_16091.jpg

Field_16090.jpg

Field_16089.jpg


まだ、市場内部の魚介は氷や水が豊富にあるため、まだ良いが、場外で魚などを売っている場所があった。

Field_16096.jpg

Field_16095.jpg

Field_16093.jpg

ここの魚の臭いが強烈!!
もう、むぁ~!!と臭いが立ち込める。
おそらく、内部の市場より安いのだろうが、衛生的には南無…である。


野菜・果物エリアは安全地帯


Field_16084.jpg

精肉、鮮魚エリアはなかなかハードな場所が多いが、野菜エリアは問題ない。
見たことがない果物や野菜も売られており、ちょこちょこ買って、食べてみるのも楽しい。ただ、英語が基本的に通じないので、ジェスチャーで乗り切ろう(笑)


食堂エリアはローカル用と観光客用がある


Field_16083.jpg

食堂は、市場の内部と外周にある。
外周の食堂は、観光客用。
市場内部の食堂は、ローカル用だ。

内部で悪臭と友達になれれば、内部で食べるのも面白いだろう。
日本の衛生的な環境に慣れている人は、内部の食堂で肉を食べるのは勇気がいるに違いない(笑)
ローカル食堂の麺類は美味しそうだった。

近くにデザート屋なんかもなる。

Field_15433.jpg


よく見れば、この子供、つまみ食いしているよね?(笑)


東南アジアは衛生的なことには目をつぶり、ローカルな生活に寄り添うと楽しくなる。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 09 / 20 | Category : カンボジア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?