自転車大国ドイツ。色んな自転車を見かけた。


買い物に来たおじいさんの自転車(オランダ同様後ろバッグが光る)
DSC023541.jpg

どこが面白いかと言うと・・・。


アナログメーター付き!!こういうのありそうでない。
DSC023561.jpg


珍品!!フロントスタンド。ちょっと怪しげなおじさんが乗っていた。
アヒルベルが光る。
DSC023941.jpg


これもありそうでない、ドラム式ブレーキ。トモスと同じ構造だなと感慨にふける。
放熱性がよく高負荷でも制動力が良好であるが、大きくて重くなりやすいので自転車ではあまり用いられないようだ。
DSC023961.jpg


フロントスタンドがオシャレすぎる。自分で作ったのかなw
DSC023971.jpg


夫婦でウィーンまで行くと言っていたサイクリストの自転車
こちらは、完全なる旅自転車。黒で統一された大人の自転車。
idworx oPinion travel specEasy Rohler Evoを改造したものだろう。
偶然2回同じキャンプ場で隣合せになり仲良くなった(笑)
DSC024171.jpg


でたーーーーーー!!内装14段変速!!!
Rohloff SpeedHub、17万( ̄■ ̄lll やっぱ高過ぎる。
DSC024181.jpg

アメリカで会ったポーランド人サイクリストもこれだった。高いけど、人気です。
欠点は、高い、重い、クイック使えない、パンク修理の度に変速ワイヤーまで外して大変。
でも、それに勝るモノがある。
と思ったが、これ、少し違うようだ。クイック使えてる!!!パンク修理も楽チン。
しかも、コレ、チェーンじゃなくて、ベルト式!!内装だから出来る技、ベルト式!!
恐れ入りました。欠点が減っていく・・・、あっ、値段が大きな壁だった(笑)



ハブダイナモ
Schmidt SON Delux Hubs 35000円
DSC024201.jpg

これと同型(シュミット SON Delux Wide Body)のものは日本では販売されていなかった。
SON Deluxは、高級ハブダイナモの定番らしい。市販のハブダイナモ中最も抵抗の少なく、鏡の様に磨き込まれた表面仕上げで、世界中のサイクリストから支持されている。ハブには高品質のボールベアリングを使用し、二重シーリングによる高い密閉性が長寿命とメンテナンスフリーを実現。ほほー。おっさんすげー。
ほんと、自転車で旅している人って、自転車にかけているお金、ハンパない。
この自転車だって、ハブだけで20万越えだよ(((((((( ;゚Д゚)))))))
全体の値段を調査してみた・・・。
コチラのサイトで売られていた(ベース)。

oPinion travel spec:€6000(84万)+α
Easy Rohler Evo:€4765(67万)+α

(((((((( ;゚Д゚))))))) 車並み
(((((((( ;゚Д゚))))))) 恐れ入りました。
(((((((( ;゚Д゚))))))) でも、宿泊先は2人で€13(1800円)のキャンプ場(笑)

ちなみに、ヨーロッパに来て、夜間点灯必須(テールライトも)の国も多いので、ハブダイナモを良く見かけるようになった。


サイクルコンピューターは、日本のキャットアイ
色々試して、行き着いたみたい。嬉しい限り。
DSC024231.jpg


面白自転車、旅自転車、どれもこれも個性が光る素晴らしい自転車。
走っていて、自転車観察も一つの醍醐味だ。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 12 / 11 | Category : 〔 世界の旅自転車 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する