ライン川の氾濫により、ルート変更を余儀なくされた。
スイスで家族と合流する計画があるため、スイスまでの残り日数もあまりなくなってきた。
しかも、悪天候が続き、心身ともに疲労気味・・・。
ココは電車を使おうか。と思っていた。

幸いにも近くに駅があったので、行ってみた。
うーん・・・。
人の気配がない。。。
チケット販売機をいじってみても、うまくいかない。

どういうことなんだ・・・(((((((( ;゚Д゚)))))))

たまたま車で通りかかった人に訪ねてみると・・・。
「電車は来ないよ」
「えっ?なんで??」
「ストライキさ」

ガーーーーン (((((((( ;゚Д゚)))))))

そうだった。ココはフランス。パンとぬるいシャワーだけではない。
ストライキの国でもあった!!くっそーーー!!!
ドイツだったら・・・と思うと、悔しさが込み上げてくる。
写真もそれどころじゃなくて、撮れていない(笑)

ココで立ち止まっていては、何も始まらないので、出発。


ライン川の自転車道は、良いんだけど、川なので曲がり角が多い。
蛇行すればするほど、目的地までの距離は遠くなり、間に合わなくなる。
というか、ライン川は氾濫していて、自転車道も絶望的。

ボーっと地図を見ていて、何やら真っ直ぐな自転車道発見。
フランススイス

少し内陸の点線で記載されている自転車道(スイスまで200キロほど)。
あまりにも真っ直ぐ過ぎて、これは怪しいと思ったが、こうなりゃ行くしかない!

行ってみると、運河沿いをひた走るルート(必死で写真なしw)。
運河(人工物)⇒真っ直ぐが最短。

いやー、素晴らしい。運河ルートがあるなんて知らなかった。
距離も間違いなく最短ルート。
ライン川沿いだとおそらく、1.5~2倍の距離になっていただろう。

IMG_0387.jpg

苦労はあったものの良いルートを見つけれた。これで、スイスに間に合いそうだ。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 12 / 25 | Category : フランス  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する