コンヤからアクサライまで走り、次はカッパドキアだな。

トゥズ湖全体



と友達と話していると、「トゥズ湖」がすごいという情報を教えてくれた。どうすごいかと言えば、かの有名なボリビアのウユニ塩湖と同じような絶景が見られるらしい。それはすごい!実は、今回の自転車旅行は南米には行かないと決めていたため、ウユニ塩湖は泣く泣く諦めていた。まぁ、自転車で行って大変な思いをしている友人も知っている(笑)
ちなみに、トゥズとはトルコ語で「塩」の意味なので、トゥズ湖=塩湖である。

と、思い立ったらすぐ行動、ではなくまず調査。
どこがベストポイントなのだろうか…と。
マップを色々見ていたところ、ある道路に気付く。

トゥズ湖

上:オープンサイクルマップ
下:グーグルマップ


おぉ。湖を横切る道路があるではないか(グーグルマップにはない)。そこであれば、トゥズ湖を見渡せるに違いない!きっと絶景が待っていると期待に胸を膨らませ、出発!


湖面に山が映っている。

DSC043593.jpg



向かい風が強く、苦労して80キロぐらい進み、トゥズ湖周辺の街(Sereflikochisar)までやってきた。そこから、側道に入り、トゥズ湖を目指す。

塩の山が現れ、さらなる期待と不安を抱く

DSC043613.jpg



そして、検問らしき建物が…。
検問の人「何しに来た?」
僕たち「向こうの道路を走りたい」
検問の人「無理だ」
僕たち「なんで?」
検問の人「ここは関係者以外立ち入り禁止だ」


そう、ここは塩工場だったのだ。工場といっても湖からドバーーっと塩をこそぎ取るだけだと思うが…。


ここで100キロ、結構ヘロヘロ気味の上に目標の場所に入れない落胆…、仕方なく街まで引き返すことにする。日も暮れてきて、若干の絶望感。そんなとき、一台の車が止まり声をかけてきた。

おっちゃん「何しているんだ?」
僕たち「塩工場に入れなかったんで、今は宿を探しています」
おっちゃん「俺らなら入れるぞ、自転車そこ(道路上)に置いて行こう」
僕たち「ちょっとここには自転車は置けないです、大切なものですから」
おっちゃん「俺が車を置いている場所があるから、そこに置きなさい。そこなら安全だ」


と、本当に強引な感じだったが、今は様々な気力を失いかけていたので頼ることにした。自転車を置くとさっそく早く車に乗りなさい!夕日が沈んでしまう。と言うので、躊躇したが乗車。猛スピードで塩工場に向かう。検問も挨拶一つで通過…。

そして、湖とご対面。

DSC043773.jpg



残念ながら夕日が沈んでしまったが、湖面にキレイに反射していた。
こ、これはすごい。

ゆっくりする暇もなく、次に見せたいところがあるから、車に乗れ!と。
サービス精神旺盛すぎて、逆に怖い(笑)

塩の山。パムッカレみたいに雪山に来たように思える。

DSC043823.jpg

DSC043893.jpg

DSC043913.jpg


塩の山を車で登る。おっちゃんやんちゃ過ぎる( ̄■ ̄;

DSC043923.jpg


やっぱり、サービス精神旺盛すぎて、逆に怖い(((((((( ;゚Д゚)))))))


そして、帰路に………つかない(((((((( ;゚Д゚)))))))

おっちゃん「お腹空いているに違いない、メシ行こう」
僕たち「いや、ちゃんと食材あるので大丈夫です」
おっちゃん「メシ行こう」

こうなれば、聞く耳もたず。
そして、ドネルケバブ屋

DSC043963.jpg



徐々に身の危険を感じ始め、早く元の場所に戻してくれるように促す。
すると
おっちゃん「もう、夜になったので、テント大変だろ?」
僕たち「大丈夫です。早く…」
おっちゃん「別の場所にオレのトラックがあるから、それを自転車のところにまわしてやる、そこで寝ろよ」
と、、、大丈夫を連呼しても聞く耳もたず…(((((((( ;゚Д゚)))))))
もう、流れに身を任せよう。お金を要求されたら払うしかないな。
僕たちは自転車を人質に取られているようなものだ。もはや従うしかない。


そして、トラックをピックアップし、連れが運転し、自転車の元へ。
おっちゃん「鍵は着けたままで良いぞ。食料もあるから適当に食ってくれ」


と言い残し、トラックを置いてサックリ帰って行った…。

おっちゃん、、、ただただ良い人だった!!

疑いの気持ちを持ちながら接していた僕たちが情けなく、申し訳ない。でも、警戒心はどんなときでも大事だと思う。本当に見極めは難しい。ノリノリのおっちゃんだったので、尚更だ。

トラックには寝台スペースがある

DSC043983.jpg



お世話になったおっちゃんの車「ベンツ!」

DSC043993.jpg



トゥズ湖の塩(お土産)

DSC044053.jpg



本命のトゥズ湖には少ししかありつけなかったが、関係者立ち入り禁止エリアに入り、遊ぶことができた。でも、不完全燃焼。こんなことで諦める僕たちではない。

つづく
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 04 / 19 | Category : 〔 トルコ 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する