キリマンジャロ登山 4日目

この日はバランコキャンプ(3960m)からカランガキャンプ(4035m)を経由し、バラフキャンプ(4640m)まで登る。
一見、楽勝に見えるが、谷を2つ越えてトラバースしてカランガキャンプまで行き(アップダウンが多い)、そこから一気にバラフキャンプへと上るため、かなりキツイ道のりだ。
ちなみに、こういった事前説明はほとんどない。。。
いつも食事後に軽くミーティングがあるが、出発時間と体調確認程度しかしない。で、いつも集まる前に明日の行程について僕が説明していた…。iphoneにオフライン地図(Galileo)アプリを入れているので、登山コースと標高と現在地から大体の距離と標高の雰囲気が読み取れるのだ。自分で全体像を把握しながら登りたい人には本当にオススメアプリだ。


さて、この日もやっぱり朝はいつも通り快晴!
眺望も良く、清々しい。

Kilimajaro4.jpg



少し歩くと、バランコヴァレーの難所、バランコウォールに着く。下から見るとかなり急だが、三点確保を忘れずに慎重に登ると楽しく登れる。ストックがプラプラして邪魔なので、この区間はザックにつけておくべきだと思う。

DSC058654.jpg



登りきったところで小休憩。

DSC058674.jpg



登った分だけ、下る…( ̄■ ̄;
4000m以上でも普通に植物がある不思議。

DSC058724.jpg



そして、また登り、下り、登り…。
と繰り返し。徐々に体力を消耗していく。

DSC058854.jpg


道も荒野のザレ場が多く、面白くない。
天気も崩れてきて、良いはずの景色も拝めず、ただただ上り下りを繰り返すしんどい区間。


そして、カランガキャンプに到着。
頑張って登ったつもりだったが、登り下りを繰り返していたため、たった75mしか登っていないと言う事実にガックリくる。ここで、テントを設営し、まさかのお昼ご飯を作る(笑)
料理中は、お茶を飲み、ゆっくりするのみ。いつも昼過ぎから天気が崩れるので、早く出るべきなのだが、他のツアーも同様にゆっくり食事休憩らしい。よく分からん。
アントニオは日なたで充電中(笑)光合成できるタイプのようだ(違)

DSC004274.jpg


そして、お昼ご飯。
キリマンジャロ登山の中で一番美味しかった!
鳥に甘辛いソースが絶妙に合う!!

DSC004284.jpg



カランガキャンプに到着してから1時間半後に再出発。
急な坂をゆっくりゆっくり登っていくと、天気が崩れ始める。やはり、3時ぐらいから雨が降る傾向にあるようだ。
しかし、4000mを越える場所には、雨は降らない。


雪が降るのだ(((((((( ;゚Д゚)))))))


IMG_0646.jpg



さらに天気は悪化していき、吹雪に…。

IMG_0650.jpg


雨具のないアントニオを心配して振り返ると…。

んんんんんん??(((((((( ;゚Д゚)))))))
何だこれ・・・・・・?

IMG_0647.jpg



(((((((( ;゚Д゚)))))))
((((((((゚Д゚; )))))))
(((((((( ;゚Д゚)))))))


IMG_0649.jpg



青いイモ虫発見!!!( ̄■ ̄)
失礼ながら、大爆笑してしまった。


大きいザックカバーがあるから大丈夫とは言っていたが、まさかこんな使い方をするとは(笑)
風向きが良かったから何とかなったけど、向かい風だったら、、、。
4000mにはイモ虫は普通いないw

快適さを犠牲にすれば、こんな登り方もできる。

また、昼食を食べたカランガキャンプが晴れで温かかったため、ゆかはインナーを一枚脱いでおり、凍えながら登っていた。本当は雪の中でも岩陰で温かいインナーをもう一枚重ね着するべきだった。


雪の中、会話も途絶え、黙々と急坂を登り、無事にキリマンジャロ登りの最終キャンプのバラフキャンプ(4640m)に到着した。到着して、少し立つと雪が止み、晴れ間が…。さっきの苦労を返してくれーーー!!かなり、しんどかったぞー!!!

DSC004304.jpg



次の日は夜中の12時から山頂アタック。
天候は大丈夫かな…。

DSC004404.jpg



DSC004394.jpg

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 07 / 13 | Category : キリマンジャロ登山  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する