メガネ男子になって、はや20年以上。
小学校のときは嫌で嫌で仕方がなかった。
視力検査の判定が悪かったら強制眼鏡だったので、気合で暗記するという技を使ったことも(笑)
今思えば、馬鹿なことをしたと思う。


時が流れ、一時ソフトコンタクトレンズ、ハードコンタクトレンズを経て、再び大学から常時メガネになった(ハードコンタクトが痛過ぎて諦めたw)。
そのころには眼鏡(めがね・がんきょう)はオシャレなメガネへと変化を遂げていた。
メガネは視力を補正するだけでなく、ファッションの一部として取り入れられてきたのだ。
ちなみに、研究室にいた頃は、メガネの役割の1つに薬品の飛散からの目の保護が加わった(笑)
無意識に守ってくれるのでありがたい。


そして、価格崩壊。小学校のときは一本4万もするような高級品だった。
ちょっと良いフレームにすれば、もう大変な値段になった。
今は、一本1万もしない。
メガネがヒトを選ぶ時代は終わり、ヒトがメガネを選ぶ時代になったのだ(笑)


安いと言っても、粗悪な品が並んでいるわけではない。
むしろ、時代とともに進化してきている。
自転車世界一周をするに当たり、より安く、より質の良いものがないか探したので、紹介しておく(普段使い用および自転車用)。


普段使い用と自転車用のアイウェアの違い



アイウェア…。
眼鏡がメガネになり、メガネがアイウェアに進化を遂げている!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

日々順応しよう。以下、アイウェアで押し通す。


普段使い用アイウェア


⇒ 度付きクリアレンズ
⇒ フィット感(着け心地重視)
⇒ より自然に、より軽く(超薄型非球面レンズ)
⇒ バリエーションも多く、比較的安い

自転車用アイウェア


⇒ 度付きカラーレンズ(サングラス)
⇒ フィット感(目線を上に向けたとき、視線がレンズ内に収まるもの)
⇒ 長時間掛けていても気分が悪くならない(レンズのカーブを強くすればするほど、周辺部が歪む)
⇒ バリエーションが少なく、高い


普段使いと自転車用アイウェアの一番の違いはレンズに色が入っているか否か。
また、自転車は前傾姿勢なので上目使いになり、普通のメガネだと視界が切れてしまうし、レンズの小さいメガネで長時間自転車に乗っていると、かなりストレスを感じる。

今回は最悪の事態(自転車用アイウェアの破損)を考えて、普段使い用アイウェアでも快適に自転車に乗れるようなものを選びたい。

ということで、普段使い用アイウェアは、超薄型非球面クリアレンズ(縦幅広め、上目使いでも視界良好)でフィット感のあるメガネに。一方、自転車用アイウェアは、スポーツタイプのメガネにカラーレンズを入れ、安くかつ質の良いメガネにすることにした。



普段使い用アイウェア 最も安い超薄型非球面クリアレンズは?



普段使い用アイウェアは超薄型非球面クリアレンズと決めていた。レンズが薄く、かつ非球面レンズは、会社によって値段が違うのでまとめてみた。

各社の超薄型非球面レンズとカラーレンズの価格

会社超薄型非球面レンズ(1.67)カラーレンズ
Zoff7000円3000円
ALOOK3240円 2016~5400円
JINS0円3000~5000円
メガネの三城0円3000円~
メガネの愛眼0円3240~10800円



まとめて見ると…。超薄型非球面レンズ(1.67)が無料のところが多い!!
メガネ自体が安いZoffやalookはレンズでお金を取ろうとする作戦。
現時点では、トータルではJINSが一番安い。
メガネの三城や愛眼も健闘しているが、やはりメガネ本体の価格が高い。
といっても昔と違い2万円もしない。

Zoffのグニグニ曲がるZoff smartが気になっていたのだが、却下。
ということで、alookとJINSに行き、色々試着してみると…。

コレだ!!!

というものを見つけた。


ALOOK ALSP-005(13000円+α)

alsp005br.jpg


〔商品説明〕
フロントは超軽量素材のTR90を使用。
テンプルには形状記憶合金をしようすることで、しなやかな掛け心地と驚きのフィット感を実現。

本当に驚きのフィット感、そして、いい感じのレンズの大きさ。
一度掛けたら、もう他のメガネは考えられなくなった。値段は高いが高いだけの理由があると思う。
初め欲しかったグニグニ曲がる素材(特殊プラスチック ウルテム)のメガネはどうも安っぽい感じがした(ALOOK、JINS)。軽さは素晴らしいけど、安っぽい。掛け心地もALOOK ALSP-005と比べると、全く違った。


トータルの値段で安いものを…と思ったけど、結局は値段よりもフィーリングが大事だったという結論に(笑)まぁ、昔と比べたら十分安いけど。



自転車用アイウェア 安いものはないのか?



自転車用アイウェア(度付き)はとにかく高い。
その理由は、顔にベッタリ張り付くような形状は、レンズのカーブが強くなり周辺部が歪み、メガネとしての機能を維持しがたいのだ。一応、オークリー(オークリーRX純正度付きレンズ)メガネの愛眼(A.R.T.)がある。でも、高いのだ。オークリー(フレーム約2万程度、レンズ4万程度)メガネの愛眼(フレーム約2万、レンズ1万程度~)と非常に高い。大会などに出るようなロードレーサーなら、これぐらい出しても良いかもしれないが、ツーリングで必要あるのだろうか…。良いものは間違いなく良いので、快適さは向上するだろう。でも、多少の快適さは知らなければ、我慢できる(笑)

ということで、メガネ量販店の門を叩いた。


再度登場 各社の超薄型非球面レンズとカラーレンズの価格

会社超薄型非球面レンズ(1.67)カラーレンズ
Zoff7000円3000円
ALOOK3240円 2016~5400円
JINS0円3000~5000円
メガネの三城0円3000円~
メガネの愛眼0円3240~10800円




各社スポーツ用メガネも充実させつつある。
そのメガネに度付きカラーレンズをはめ込んでやろうではないか作戦。
パッと見は、サングラス。実はレンズのカーブが緩い普通のレンズ(笑)

この作戦しかない!!

ZoffとJINSに行ってみた。

ふむふむ。

Zoffは走れるメガネ「Zoff Athlete
JINSは「JIN's のAir frame SPORTS」

僕の顔はかなり小さいため、大きいメガネは基本的に似合わない。
Zoff Athleteは大きめ、JINS Sportsはやや小さめ。
じゃぁ、JINSだな。
フレーム約8000円、カラーレンズ3000円かーと思い、
カラーレンズで度付きをお願いしようとしたら…。


店員「度付きカラーは10000円になります。」
僕「なんだとぉぉぉぉぉ!!!!!」


イレギュラーな値段変更を聞くと、買いたくなくなる(笑)
この商品(JINS Sports)は、カラーが基本で度付きに10000円かかるらしい。
メガネ屋の風上にもおけねぇ。


実は友人がプレゼントしてくれるという話だったので、
笑顔で「Zoffで!」
と言い放ちました。見た目はすぐ慣れるのだよ。

Zoffはフレーム約7000円、カラーレンズ3000円で約1万円。
予想通りのプライスで納得購入。

DSC089914.jpg



今ではなくてはならない存在。
使い心地は、予想以上に素晴らしい。今のところ文句はない。
もし、これが壊れたら…、とビビリながら毎日使っている。
もう一本あったら安心できたかもしれない。
これ以上良いサングラスになるとどうなるのか気になる。


※ 上記にアイウェアで押し通すと言いながら結局メガネに…。アイウェアはまだハードルが高いw
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 07 / 18 | Category : 自転車関連  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する