無事にキリマンジャロを下山し、麓の町「モシ」に滞在していた。

アフリカにもうちょい慣れなきゃならんな。
ということで、長期滞在先を探すことにした。
自転車に乗りながら右往左往していると…。

「こんにちはー」
と70歳ぐらいの謎のおじいさんから声を掛けられる。

タンザニアのこんな街で?日本人のおじいさんが一体??

謎じい「日本人かい?何してるの?」
僕たちこそ、おじいさんが何しているか聞きたい(笑)
僕たち「宿を探しているんです。」

謎じい「一緒に探してやるから着いて来なさい、時間があったら後で、ウチで日本食まがいのものを食べに来たらどう?」

と言い、おじいさんにモシの街を案内される(笑)
道端で、流暢なスワヒリ語を喋り、何やら宿の主人と交渉してくれている。
長期滞在予定だったので、宿の中でインターネットを使いたいと言うと。
この宿にはないらしい。

インターネットのある別の宿に行っても交渉してくれる。

何なんだ!?このおじいさんは??
僕たちは、インターネットより、このおじいさんに興味が出てきた。
僕の面白センサーがビンビン反応している。
このおじいさんに着いて行くと面白いことが間違いなく起こると。

と言うことで、

僕たち「おじいさんはどこのホテルなのですか?」
謎じい「わしゃー、郊外に住んどるんだけどね」

住んでいるってことは、一戸建てか?
住んでいるってことは、タンザニア在住なのか?

期待は膨らむ。

僕たち「もし良かったら、そちらに行っても良いですか?」

ちょっと図々しいが、僕の面白センサーを無視できない。
後で、ご飯を食べに来いとも言っていたし、一晩ぐらい大丈夫かな。
という思惑。

謎じい「支配人に聞いてやる。あー、電話番号が分からんなー。地図を描いてやるからそこに行って待っといてくれ。わしの名前はクワハタじゃ。」


あ、ホテルだったのね。
と若干の残念だったけど、むしろそっちの方が好都合。
長期滞在も視野に入れて、地図の先に行って見る。
謎じい 改め 桑爺に。


桑爺が紹介してくれたロッジの中に入ると…。
げっ。高そう。

DSC059674.jpg


そのとき、値段交渉しても良かったが、絶対桑爺の方が有利な交渉をしてくれるはずと思い、待つことにした。案の定、桑爺の交渉はすごかった。長期滞在のヨーロピアンが泊まるような場所だったけど、モシの街の安宿と同じぐらいまで下げていただいた。ちなみに、桑爺は3ヶ月契約で屋根裏部屋みたいなところに格安で住んでいる。

桑爺、恐るべし。

その後、色々お話をさせてもらった。

・ 74歳、単身タンザニアに来ている。
・ 永住権はないが、ビザランして滞在。
・ 元JICA職員 ⇒ 世界の建築現場を点々としていた。
・ タンザニアには不満を持っている。
・ 孤児院やマサイの世話をしている。
・ パソコンは持っているが使えない(タイピング可)。


74歳になって、単身海外…、よりにもよってアフリカの貧しい国の1つのタンザニアに半永住するなんて、僕は考えられない。やはり、僕の面白センサーは正しかった。


近所に孤児院があり、そこで色々とボランティアをしているらしい。

「子供たちの日々の食事があまりにも貧しいので、何とか改善したい。」

その思いから、一時的な寄付ではなく、長期を見据え鶏を育てていると言う。
ひよこ(メス)を購入し、鶏に育て、毎日一人一つの卵を食べられるよう悪戦苦闘中らしいのだ。さっそく、見せてもらうことに。

DSC059504.jpg


孤児院(学校)

DSC059524.jpg


残念ながら、長期休みのため子供はいなかったが、いつもなら群がってくるらしい。

ご自慢の鶏小屋。孤児院の子供たちと一緒に手作りしたようだ。
材料費は全て桑爺もち。もちろん、ひな鳥も。えさ代も。
アフリカでは通常、鶏は放し飼いが基本なので、小屋を作るのは珍しい。

DSC059534.jpg
(桑爺開錠中)


取られては困ると、厳重に管理している。
基本、タンザニア人は信用していないらしい( ̄― ̄;


ひな鳥はすくすく育っている。
餌ケージも手作り。

DSC059564.jpg


最近、葉物が好きなんだと、毎朝市場に足を運び、菜っ葉を買う日々。
実は、その道中、僕たちと出会ったのだ。

DSC059594.jpg


鶏への愛情はものすごかった。
子供のように世話を焼いていた。
元をたどれば、子供への愛情なのだ。
本当に素晴らしい。こんな人がいるんだな。
と、思えるぐらい。

今後の計画は、一度日本の帰国した際に、パンツを大量に購入し、パンツもロクに履けていない孤児院の子達に配るらしい。▼▼ 協賛お待ちしています ▼▼

こういった衣料品は、世界各国からの多量の寄付で賄われるはずだが、実際は役人が横取りし、転売しているらしい。

「本当に欲しいところにモノが行き渡っていない。」

そのため、自分が接点のあるところだけでも、と桑爺は支援しているのだ。


僕たちも、何かできることを桑爺にしようと心に決めた。
具体的には、ご飯を作ったり、パソコンのレクチャー。
そして、晩酌に付き合う(笑)

このように、桑爺との一つ屋根の下での共同生活が始まったのだ。
別棟だけど(笑)


初日は、桑爺が言っていた「日本食まがい」なものを頂く。


現地の食材で作った酢豚(味付けはクックドゥーw)

DSC059484.jpg

マジで美味しい。タケノコの缶詰が売っていたらしい。


ちょっと獣臭がするトンカツ(笑)

DSC059774.jpg


そして、晩酌。キボビール。

DSC059694.jpg


アフリカでは珍しく、値段がラベルに表示されている安心プライス。
有名なキリマンジャロビールは高いらしい。
あっさりした飲み心地。
僕たちには丁度良い。


桑爺のこんにちはーと僕の面白センサーから始まった共同生活。
面白くないはずがない!!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 07 / 23 | Category : タンザニア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する