タンザニアには、大きな街以外にスーパーマーケットはない。
モシは観光地だったのでスーパーマーケットがあったが、富裕層や旅行者向けのため、何でも高い。

なんと食パン200円!!
戦えない。

さらに、こんだけ高いくせに全然美味しくないのが残念すぎる。

(((((((( ;゚Д゚)))))))

パンが安くて美味しいトルコから来たので余計にそう感じる。


また、ちょっとしたお菓子(クッキーやチョコレートなど)もやたら高い。
これも贅沢品に相当するからだろうか。
輸入品になると、ビックリするぐらい価格が高騰する。
そのため、日持ちする行動食の調達には苦労した。

アフリカって意外と物価高いんじゃないか、と少しショックを受けた。


殆どの集落は小さな個人商店と路上販売で食べ物が売られている。
もちろん、そういったところは地元の人も使うので安くで食材が手に入る。
トルコの休憩所がガソリンスタンドだったように、タンザニアの休憩所は個人商店になった。



タンザニアの商店には瓶のファンタやコーラ350mlが40~50円くらいで売っている。
いつもそれらを飲んでいたが、得体の知れない飲み物にも挑戦したくなる。


▼ 良く見かけたジンジャービール。

DSC005714.jpg

飲んでみたところ、、、ジンジャーエールにビールっぽい味を付けたような飲み物だった。
ビールにジンジャー風味が入っているのか期待したが、逆だったw
キンキンに冷えてると飲めるが、何ともいえない臭い後味が残る。
ぬるいと飲めたもんじゃない。




▼ 路上販売

DSC056944.jpg

トマト、マンゴー、玉ねぎ、芋、オクラなど。
おばちゃんたちが家庭菜園で作りましたって感じの小さくて虫食いのあるトマトたち。
でも走っていて、トマトを栽培しているところを見たことがない。
一体どこからあのトマトが運ばれているのか非常に気になった。
ご存知の方教えてください。



▼ 地元プライスのトマトは安すぎる

DSC060504.jpg

30円分トマト頂戴ってお金渡したら、こんなにもらった。

1個1円。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

もう、日本でトマトが買えない。
桃太郎トマトは高すぎる(笑)
野菜と言えばトマトばっかり食べていた気がする。
そのまま食べれるし、美味しいし、安いしね。



▼ 攻撃的な形のバナナ

DSC005054.jpg

道にどっさり詰まれたバナナ。
このバナナ、普通のバナナではない。
初めは見分けが付かなかったが、普通のバナナと少し形が違う。
断面がカクカクしていて先がすぼまっている。ちょっと攻撃的w


▼ 攻撃的なバナナの食べ方

DSC060654.jpg

ポテトと共に揚げられて売られている。
見た目は完全にバナナだが甘くない。
何に似ているかといえば、甘くないサツマイモ。
芋と思って塩を振って食べると普通に美味しい。
私たちは芋バナナと呼んでいた。



▼ 衝撃のタマゴの黄身

IMG_06854.jpg

タンザニアのタマゴは黄身が白い。
鶏の黄身の色は、餌のトウモロコシに含まれている色素由来である。
アフリカのトウモロコシは白いので、白い黄身になるのだ。
黄身が白いと全部白身になってしまう(笑)
その白さは、ゆで卵を食べたとき一瞬黄身がないと思ったほどだ。
写真のタマゴはまだ黄色い方。


外見は同じでも、何かが日本のものと違う食べ物が色々あって面白い。
アフリカの食は新しい発見が多く、僕達を日々楽しませてくれた。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 08 / 12 | Category : アフリカ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する