Mesa Verde(メサベルデ)国立公園とは(世界遺産)

日本語読みだと、メサベルデ、メサヴェルデ、メサバーデと統一されていない・・・。
アメリカの国立公園で唯一、自然のものではない世界文化遺産に指定された国立公園だ。
インディアン(アナサジ族)が築造した断崖絶壁の岩をくりぬいた一連の集落遺跡。
スペイン語で「緑の大地」という意味。
100年以上前に発見、調査され、現在なお調査中であった。
調査によると、14世紀に突然、この土地をアナサジ族が放棄し、その理由は未だ不明とのこと。
こういった遺跡は数少なく、僕たちはアメリカ版マチュピチュと名付けた。


今回僕たちは、この集落遺跡の中でも最大の遺跡「クリフパレス」を訪れた。
200以上の部屋、一番高いところで4階建て相当にもなるそうだ。
前回記載したとおり、ビジターセンターでレンジャー引率ツアーを申し込み、時間通りにクリフパレスに行けば、遺跡内に入り、触れたり、嗅いだりできる。


ツアーに申し込まなければ、ここまでしか行けない。ここでも十分すごいと感じられる。

DSC09953.jpg


レンジャーの話を聞きながら、遺跡内部へ…。

DSC09904.jpg


現在も調査中とのことです。調査員もいた。

DSC09914.jpg


残念ながら、部屋の中には入れなかったが、貴重な遺跡を「触れる」のはすごいことだ。
日本ではどんどん触れる遺跡が減ってきていると思える。
縄文杉が触れないことには愕然とした・・・。
気候による風化が激しいのかもしれないし、現状維持に努めることも大事だと思うが、触って感じるところもあるので、こういった体験は素晴らしい!!

DSC09932.jpg


敵には見つかりにくく、攻めにくいところに集落があるが、あまりにも生活がしにくそう。
ここまで立派なものを造り、それを放棄した理由は何なのだろうか。謎は深まるが、知る術もない。
外的要因なのか、内的要因なのか…。ずぶずぶずぶずぶぅ・・・。

DSC09928.jpg


一時間半程度のレンジャー引率ツアーも終わり、帰りは3時間半ほどかかってようやく帰路についた。

DSC09961.jpg


なかなか大変な道のりだったけれど、それ以上に楽しめた。
そこまでメジャーな遺跡ではないが、メジャーになっても良いほどの場所だと思う。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 05 / 17 | Category : アメリカ  | comments(2) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

「アナサジ族は実は宇宙人である」というB級映画を観たことあるけど(関係ないけど)
いや、すごい興味深い遺跡ですね。
2014.06.07 22:09 | URL | ゆき #JyN/eAqk [edit]
> ゆきさん
そんな映画あるんですか(笑
とても不思議な面白い遺跡でした。
英語理解力がもっとあればと悔しく思ったひと時でもありました(笑
2014.06.10 22:03 | URL | ようゆか #- [edit]

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する