ロッキー山脈越えついて熟考した。

▼ ロッキー山脈
4800kmにも及ぶ大山脈。カナダのブリティッシュコロンビア州からアメリカのサンタフェ(アルバカーキー付近)まである。山脈の最高峰はコロラド州(今いてる州)のエルバート山(4401m)で、コロラドはとくに標高が高いところが多い。全域に渡り、手付かずの自然が多く、国立公園や世界遺産に登録されている自然遺産が多く、非常に景色が美しい。。。

以前、ロッキー山脈には気をつけろと忠告を受けていたため、色んな可能性を探ってみた。


① 最短距離を攻める。
② Adventure cycling map通りに行く。
③ ロッキー山脈南端まで迂回する。


① 最短距離
現在地点がコルテツ。そこから東(160号)に行けば、ロッキー山脈にぶち当たる。
そして、標高も飛躍的にあがる( ̄■ ̄)!!
コルテツ(2000m程度)でも朝は氷点下5度ぐらいで、テント内でも水が凍る(4月中旬)。雪も降る。さらに標高があがると思うだけでぞっとする。無理だ。この時期に3000mは行ってはいけない。でも、景色は非常にきれいらしい。うーん。悩ましい。

IMG_0180.jpg


Adventure cycling map
アメリカ内で自転車旅を増やしていこうという協会があり、そこが発行している地図にコルテツ(Dolores付近)からロッキー山脈越えが記載されていた。多くの街を通り、自転車旅としては良いルートかもしれないが、このルートは夏を想定しているルートだと思われる。通るルートの標高が高すぎる…。
富士山を春に自転車で走るといった感じだ。無理。Snow Stormが来ればどうしようもなくなる。

adventure cycling map


③ 迂回
最も安全な考えだと思われる。ロッキー山脈を越える主要道路は北のデンバー越え、南のアルバカーキー越えが一般的であり、北は今後のルート的には良いが、気温がさらに低くなると思うと、行く気にはならない。
なので、南のアルバカーキー越えが得策だ。しかーし、目的地のカナダ トロントへの道がさらに遠ざかるという欠点もある。僕たちの自転車旅は、絶対自転車じゃないと!という考えは2人で行く時点で捨てたので、「安全第一」の道を選択した。時間がなくなれば、バスなり電車なりヒッチハイクなり、移動手段はいくらでもある。


ということで、③のアルバカーキー越えを選択した。
しかし、なかなかグラウンドサークルから抜け出せないな(笑)
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 05 / 19 | Category : アメリカ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する