自転車は路上を走る。
そのため、路上で出会えるものがある。
マラウイの路上でカメレオンを見かけた。
でも、死んでいた。

いつか生きたカメレオンを見たいと思っていた。
そして、ついにザンビアで見つけた。

DSC062074.jpg


ゆらゆら揺れながら、ゆっくりゆっくり我が物顔で道路を横断中。
ゆーらゆら。

DSC062124.jpg


予想以上にゆっくり、ゆっくり、ゆらゆらしながら動いている。
こんな生き物がアフリカの厳しい環境の中生きていけるとは到底思えない。
だが、生きている。
それは、迷彩能力の賜物だろう。

でも、、、バカするぎ・・・。
様子を見守っていると、僕の自転車のスタンドストックを登り始めた。

DSC062144.jpg


何もしていないのに、登り始めた。
か、かわいい。
あ、愛らしい(笑)
爬虫類好きの気持ちが何となく分かった気がする。


そして、僕の体にくっつけてみる。

DSC062204.jpg


登り始めた(笑)

DSC062224.jpg


面白すぎる!!
かわいすぎる!!
そして、肩まで登ってきた。

DSC062244.jpg

DSC062254.jpg


爬虫類好きの仲間入りになるかもしれない。
それぐらい可愛く、それぐらい愛らしい。

しかし、カメレオンの手足が体を這うと痛いのだ。
この手が皮膚を摘まみながら歩いていく。

カメレオンの手


それはそれで面白い。
五感で感じるアトラクションは最高に楽しい。


ユカにもカメレオンを付けてみると、頭まで登った。

DSC062304.jpg


カメレオン、君は何を思っているのか・・・?
一緒に旅行したいのか・・・?

DSC062284.jpg



下手な世界遺産よりも面白いのは間違いない(笑)
こういう思いがけない路上での出会いに感謝したい。


動画でまとめてみた。


関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 09 / 19 | Category : ザンビア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する