相変わらず、果てしなく真っ直ぐなサバンナの道を突き進む。

IMG_0819.jpg


ナミビアのウイントフックから南アフリカのケープタウンまでバスを使おうと内心決めていた。
アフリカを自転車で走ることに関して、もう満足してしまったのだ。
ナミビアのナミブ砂漠周辺を自転車で走るルートが素晴らしいと、サイクリストの方から勧められていたが、ダートコースを走るほどの気力が残っていなかった。

ゴバビスからウイントフックまでの200kmは僕達にとって一区切りになる。

ゴバウイ


そして、りゅうさんとのペアランもここで一区切りになる。

IMG_0820.jpg


合計45日も一緒に走り、苦楽を共にした。
しんどいときは助け合い、楽しいときは分かち合う。
2人より、3人の方がやっぱり楽しかった。
苦しいことの多かったアフリカで心の支えになったのは言うまでもない。


自転車のペースに関しても苦労かけたかもしれない。
大まかなペースは似ているが細かいところはやっぱり異なる。
基本的に僕達は遅い(笑)

アフリカでの野宿も3人だと不安なくできた。
僕たち2人だと、苦労していただろうなと思う。
いや、ボツワナも途中でバスを使っていたような気がする(笑)

ゴバビス、ウイントフック間もボツワナ同様、宿泊施設は見当たらない。
当然かのように野宿。

DSC068064.jpg


良い野宿場所だった。

DSC068074.jpg


そして、最後のフィナーレを祝福してくれているかのような夕日。

DSC068114.jpg


何だかアフリカっぽいなー。
アフリカだもんね(笑)
とか言いながら、就寝。
やっぱり、3人だと野宿をしている焦燥感は全く感じない。
今日もぐっすり眠れた。


次の日、ウイントフックまでの道も無事に走り終え、別々の道に歩みだす。
りゅうさん、本当にありがとうございました!!

DSC068124.jpg

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 10 / 31 | Category : ナミビア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する