2015年4月25日にネパールで発生した地震のため、多くの建物が倒壊し、8000名を超える犠牲者が出た。
エベレスト街道トレッキングルートも例外ではなく、復興しているかどうか不明だった。
事前に調べられたのは、登山家の野口健さんのブログに記載されていたエベレスト街道被害状況マップ(6月の時点)だけだった。この情報によると、トレッキングルートにもダメージが出ている場所が多数あり、行けるのか、行けないのか、不透明な状況だった。

8月に再びエベレスト街道を再調査し、情報を更新する予定となっていたが、更新されず。その後どうなったのか未知数のまま2015年10月1日にカトマンズを出発することになった。

僕たちが行こうとするのはマイナールートだったので、なお情報がなかった。
カトマンズからローカルバスでジリ(シバラヤ)という街に行き、ゴーキョ、カラパタール、エベレストベースキャンプを目指し、さらに、サレリという街からジープでカトマンズに帰るというプランを練っていた。工程は1ヶ月。

どんな日々だったのか、見出しだけ紹介しようと思う。ネパールのトレッキングについて、現状が知りたくても情報がない場合が多いので、先に公開する事にした。詳細はまた時期が来れば紹介するが、その前に知りたい方はメールフォームより連絡してください。
被害は思っていたよりも少なく、問題なくトレッキングができる状況まで復興していた。やはり、地震の影響と情報の少なさのためか、通常より観光客は少なかった。


【0日目】TIMSの取得、バスの手配、登山道具の選定
【1日目】カトマンズ~シバラヤ(11h) ローカルバスとおばちゃんと
【2日目】シバラヤ~ケンジャ(10h) 迷いの道と疲労
【3日目】ケンジャ~ゴーヤム(7h) 進まない1600mの登り
【4日目】ゴーヤム~ジュンベシ(6.5h) 最低の宿から最高の宿へ
【5日目】ジュンベシ 家族の温かさと筋肉痛
【6日目】ジュンベシ~ヌンタラ(7.5h) 我が馬と併走
【7日目】ヌンタラ~ブプサ(7h) 地球の迷い方
【8日目】ブプサ~シュルケ(7h) 地元道の段差
【9日目】シュルケ~モンジョ(7h) 観光道との違い
【10日目】モンジョ~ナムチェ(2.5h) 安いスニッカーズを大量購入
【11日目】ナムチェ~ドーレ(6h) 高度順応日は必要ない
【12日目】ドーレ~マッツェルモ(3h) 高山に強い僕たち
【13日目】マッツェルモ~ゴーキョ(3.5h) 回復しない天気
【14日目】ゴーキョ⇔E.V.P.(5h) エベレストビューポイントの迷い方
【15日目】ゴーキョ⇔ゴーキョリ(3h) 一瞬の朝日が煙になる日
【16日目】ゴーキョ~ポルツェ(7h) 大雪と撤退
【17日目】ポルツェ~ディンボチェ(6.5h) 地元道は辛い
【18日目】ディンボチェ ソーラーパワー全開
【19日目】ディンボチェ~ロブチェ(4h) 魔法のアイテムの使い方
【20日目】ロブチェ~ゴラクシェプ(2.5h)⇔E.B.C.(4h) ガッカリ!エベレストベースキャンプ
【21日目】ゴラクシェプ⇔カラパタール(2.5h)~ゾンラ(4.5h) カラパタールの寒さ
【22日目】ゾンラ~ゴーキョ(8h) チョラパスの絶景
【23日目】ゴーキョ⇔ゴーキョリ(2h)~マッツェルモ(2.5h) リベンジゴーキョと絶景
【24日目】マッツェルモ~ナムチェ(6.5h) 日本人に良く会う日
【25日目】ナムチェ~モンジョ(2h) 15日振りのホットシャワー
【26日目】モンジョ~チャウリカルカ(5h) ダルバートの分かれ目
【27日目】チャウリカルカ~カリコラ(8.5h) 最安宿のおじさん
【28日目】カリコラ~タクシンド(7.5h) 上手く行かない日
【29日目】タクシンド~サレリ(5h) バスがない、ジープがない、地図がない
【30日目】サレリ 待ち車現れる
【31日目】サレリ~カトマンズ(14h) バスよりハードなジープ

合計時間:153時間

コースタイム(カッコ内の時間)は実際にかかった時間。休憩、食事等を含む。僕たちの歩くスピードは日本の山では、休憩、食事を含みコースタイムよりやや早い程度。地球の歩き方に記載されているジリ~ルクラ間のコースタイムは本当に無茶苦茶なので、参考になればと思う。


質問を頂いたので、情報共有しておく。

エベレスト街道トレッキングQ&A  装備編



Q:寝袋は持っていくべきか?現地でレンタルできる?どの程度のグレードの寝袋が必要?


A:寝袋は必要。カトマンズのアウトドアショップや宿でレンタルや購入できるが、質を考えると事前に用意したほうが良い。 モンベルより高性能なものを安くレンタルできるとは到底思えない。モンベルのダウンハガー3程度で十分。宿に布団があり(なくても言えば貸してもらえる)、布団+寝袋で十分温かいので、その組合せが一番だと思う。僕が行っていた期間では、寝袋なしで登っている女性もいた。

寝袋の詳細
⇒ 自転車世界一周に持って行った寝袋、シーツ

  


Q:マットレスは持っていくべきか?


A:必要ない。宿は日本の山小屋以上に快適。清潔、安い、個室、レストラン併設なので、マットの必要性はない。


Q:調理器具は持っていくべきか?ガスカートリッジは購入できるか?


A:ガスカートリッジはカトマンズで購入できる。しかし、道中全く作る必要はない。調理器具と箸も必要なし。朝夜ガッツリ宿で食べて、昼はスニッカーズとかラーメン(袋麺をそのままボリボリ食べる)と安くて美味しいココナッツクッキーで問題ない!ルクラ往復なら大体昼ごろに着くので、昼ごはんも宿で食べられる。高度順応のため、そんなに一気に登れない。宿に早く着いて暇なので、暇つぶし道具を持って行ったほうがいい。


Q:オススメの装備は?


A①:アルミボトル(カンティーン)!真空構造ではなく、アルミ一枚の安いボトル。カトマンズで売っている。なぜ、オススメなのかと言えば、ケチケチ精神からくる必殺技wホットウォーターとかドリンクとか宿で高いので基本的に飲まない。
しかし、水(湧き水)は無料でくれる!!
そして、宿は毎日オーブン式の暖炉が使われる!!
ということで、アルミ缶に無料でもらった水を入れて、暖炉に置いておくと、ほら不思議。ホットウォーターが無料で作れちゃうのですw

 


A②:これもケチケチ必殺技。部屋の電気(明かり)から、電気を取るアダプターがカトマンズで売られている(100円ぐらい)。電気屋に行けばある。結局、型が合う宿はほとんどなかったが、数件だけあって重宝した。

A③:デオドラントシート、クリームなど。
ナムチェ以降は、シャワーを浴びることはあまりない。そのため、行動後はデオドラントシートで体を拭いていた。気分的にさっぱりするので、やっぱり良い。評判の良いものを3つほど、あげておく。

  


また、足の臭いも大事だ。
普通の山と異なり、1ヶ月程度の登山になるので、足(靴)が一度臭くなると、耐え難い。足の臭さを抑制するクリームも売られているので、重宝した。

  



エベレスト街道トレッキングQ&A  生活編


Q:1日いくらぐらい必要?


A:僕たちの登山スタイルは、昼に外食しない。ホットウォーター、ドリンクを宿で飲まない。でも、ご飯はガッツリ食べる。夜はおかわり自由のダルバートが定番。朝もランチ、ディナーメニューを食べていた。宿は交渉して、ほとんど宿代を無料にしてもらって、場所によってはご飯も少し安くしてもらう。ナムチェより上に上がると、なぜか交渉成立のパターンが増えた。
以上の行動パターンで

2000ルピー(約2500円)/日(2人分)

びっくりするほど安い!
普通の生活をしても人でも2人で3000-3500ルピー/日で十分だと思う。


Q:ATMはある?どこでお金を作るべき?


A:ナムチェバザールにATMや外貨両替(日本円も可能)がある。
欠点は、カトマンズよりレートが悪い(1$当たり2-3ルピー程度)。
ATMは10000ルピーが上限で、手数料600ルピー(ナムチェ)
カトマンズは、探した中では35000ルピーが上限で、手数料500ルピー。

カトマンズで多めにお金を下ろし、ナムチェで緊急時に下ろすと良い。


Q:道中の水はどうしている?


A:宿の水を飲んでいた。湧き水をヨウ素等で殺菌して飲む人もいる。どこの宿でもミネラルウォーターは売っているが標高が上がるにつれて高くなる。

僕たちは、一度しか水を買っていない!!その他は、宿の水と湧き水をそのまま飲んでいた。宿で「Cold water」と言うと、無料の水(近くの湧き水かな?)をくれる。ナルゲンボトルにいつももらっていた。アルミ缶のやつがあればそれでも良いし、もちろん、プラティバスでも良い。上の方に行くと、寒くて水分を欲しくなくなるので、道中は1L+αぐらいで十分だった(高山病予防のためにはもっと飲んだ方が良いのかも)。ジリ発の場合は高度が低く、暑いので、それ以上必要。でも、湧き水がちょいちょいあったので、適当に飲んでいた。

ただ、僕たちが一度だけ水を買った場所。
ゴラクシェプという、カラパタール(EBC)付近の集落。ココの水、濁っていて、生きた虫も入っていたので、さすがに買った。超高かった(300ルピー/L)ので、手前の街(ロブチェ)で汲んでおくと良いと思う。ロブチェの湧き水は美味しい。


Q:食事は?行動食はどこで買う?


A:基本的に宿で食べる。

僕たちは、昼は行動食(スニッカーズ+袋麺+ココナッツクッキー)で済ませていた。
それぞれの値段は・・・。
カトマンズで買うと
スニッカーズ(75ルピー)、袋麺(15ルピー)、ココナッツクッキー(15ルピー)

ナムチェで買うと
スニッカーズ(50ルピーw)、袋麺(50ルピー)、ココナッツクッキー(30ルピー)

ルクラ以降ではナムチェが一番安く、ナムチェより上はもちろん、下であっても値段は高かった。ナムチェ以外はけっこう吹っかけてくる。
ナムチェでは、1店舗だけ、スニッカーズが破格の値段だった。そこで、大人買いをしたわけだけどw理由は賞味期限間近の商品だったから。普通だったら80程度だった(ナムチェ)と思う。ディンボチェにも同様の理由で安いスニッカーズが売られていた。100ルピーだったかな。マーズというお菓子が75ルピーであったので、そっちを購入。
買う目安は

スニッカーズ(ナムチェ、ディンボチェ以外は200前後なので、買えない)、袋麺(50)、ココナッツクッキー(50)辺りが底値だと思う。標高が上がると高くなるので、買うならディンボチェより前に買ったほうが良い。


Q:宿の値段は?


A:ナムチェまでは2人で200-400ルピー/泊。ナムチェより上はほぼ無料にしてもらった。
破格の値段!宿はご飯で儲けているので、その分、ご飯はしっかり食べよう。

といっても、ご飯も一食500円/人ぐらいで食べられる。


Q:宿で充電できる?(カメラ、スマホ、外部バッテリー)


A:どこの宿でも充電は出来る。
けっこう高い!フル充電(500ルピー~)と1時間充電(200ルピー~)があり、標高が上がるとその値段も高くなる。ちなみに、ジリ‐ルクラ間は充電無料。交渉次第で安くしてもらえたりする。ちなみに、モバイルバッテリーはフル充電させてもらえない場合が多い。時間当たりの充電のみ。
僕たちはモバイルバッテリーを持って行き、大変重宝した。魔法のアイテム(上記)で無料で充電し、電気には困らなかった。

 


ソーラーチャージャーも持っている人もよく見かけた。
値段も安くなってきているので、検討する価値はある。
僕もソーラーチャージャーに興味があるので、一度試してみたい。

  


Q:宿でWifiは使える?Free Wifiはある?


A:衝撃の事実。5000mを越える宿でもWifiが使える!!正直ビックリした。値段もそれなりに高いけど、使えない宿の方が少ない。
Free Wifiはナムチェのカフェに行けばある。速度はそこそこ速い。


Q:オススメの宿は?


A:ルクラから上でオススメの宿
▼ TOP HILL LODGE(モンジョ)・・・シャワー無料、宿主が丁寧、ご飯美味しい
▼ CHO-OYU-VIEW LODGE(ゴーキョ)・・・ダルバート美味しい、おばちゃんが優しい、部屋もなかなかきれい、ゴーキョにしては安い。トイレは悪いw
▼ Sakura guest house(ナムチェ)・・・ダルバート美味しい、周りと比較すると安い、バッテリーチャージを無料にしてもらえた。


Q:ホットシャワーはある?


A:宿に頼めばある。標高が高い宿では沸かしたお湯を渡される。しかし、ホットシャワーを浴びてもすぐに体が冷えるので、あまりオススメしない。浴びるなら、ナムチェまでだと思う。


Q:洗濯はできる?


A:寒いから洗濯しても乾かないと思って多め衣服を持って行ったけど・・・。暖炉の前で乾かせば、すぐ乾く!
洗うときの水が冷たいので気合が必要。衣類も少なくて良い。


Q:トイレットペーパーは宿に付いている?


A:付いていない。
でも、山小屋でも100~150ルピーぐらい(良質)で売っている。

カトマンズでは、芯なしトイレットペーパー25ルピー。
良質のものは60ルピーぐらい。
最も安くて、10ルピー(ホットブレットの向かいのスーパー1階)



エベレスト街道トレッキングQ&A  登山道、その他


Q:地震の影響はない?


A:エベレスト街道トレッキング内(ルクラからの登山道)はほぼ地震の影響を感じない。復興していると言って良い。ただ、ジリからルクラ間はやや危険な道があったり、ロッジが倒壊しているままだったりする。しかし、許容範囲内であり、登山する上では問題ない。


Q:オススメのルートは?


A①:ロブチェからチョラパスに向かうルートが絶景だった。

DSC0574477.jpg


A②:ジリからは遠いけど、サレリというところまでジープでいける。
サレリからルクラまでは歩いて3日で行ける。
復路のルートに使ったが、往路に使っている外国人も多かった。

サレリ⇒カトマンズ(2500ルピー/人)
普通の値段は2000ルピー程度だけど、高騰中。今、3000ルピーかも。


Q:チョラパスは通れる?


A:ゴーキョとカラパタール(ゴラクシェプ)をつなぐルートがある。
カラパタール側からゴーキョに行ったが、途中の頂上付近が雪で滑ってかなり危ない。もしチョラパスを通るなら、4本爪をカトマンズで買っておいた方が安全。
ポーターたちは、わらじの様に靴に紐を巻いて滑り止めにしていた。12月はギリギリ渡れるらしいけど、同じ宿に泊まった登山ガイドとかに聞きながら行った方が良い。親切に教えてくれる。


Q:オススメのツアー会社は?


A:日本語ペラペラの気のいいおじさんがやっている「エレファントツアー」が良いと聞いたことある。他、現地で出会った気の良い登山ガイドがいたツアー会社「METORO EVEREST TRAVEL & TREK’S」もオススメだ。

DSC0625077.jpg

電話番号と名前を記載しておく。その登山ガイドの名前は「LOKPA(ロクパ)」さん。日本語も少し喋れ、ガイド兼ポーターとしてバリバリ働いてくれる。とてもお喋りで面白い。

DSC0625277.jpg


Q:飛行機代は?(カトマンズ~ルクラ)


A:燃料費高騰のため、片道$170と書かれていた。
飛行機のチケットは前倒しはできるけど、後倒しはできないらしい。


まだまだ質問募集しているので、何でも聞いて下さい。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 11 / 01 | Category : 〔 その他 〕  | comments(2) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016.01.29 20:55 | | # [edit]
>鍵コメさん

詳細はメールにて返事いたしましたので、参考にしてくださいね^^
2016.01.30 20:15 | URL | ようゆか #- [edit]

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する