南アフリカから「どこに行こうか?」と真剣に悩んだ。
当初の予定はトルコに戻って、中東を目指す。
いきなりコーカサスに行くのも良いな。
と思っていた。

散々悩んだ結果、アフリカ疲れを取るには、僕たちが好きなヨーロッパの田舎を走ろうじゃないか!前回ヨーロッパを走った際、行けなかった東欧を回りたい!ということになった。

東欧と行っても色んな国がある。
あそこも行きたい、ココも良いな~。
考え出すと、どこの国にまず行けば良いか結論が出なかった。

考え方を変えた。
まず、航空会社は、自転車に優しいカタール航空(当時)にしよう!
次に、カタール航空で南アフリカ発、東欧着で最も安い航空券を探した。
すると、僕たちの行き先がアッサリと決まった。

「Vienna(ヴィエナ)」

ん?どこそこ??
(((((((( ;゚Д゚)))))))

某国の国旗(首都ヴィエナ)
Flag_of_Austria2.jpg


ポーランド?
ポーランドはコレ。
Flag_of_Poland.jpg


ちなみに、ポーランドに似た国旗が他の国でもある。

モナコの国旗
Flag_of_Monaco2.jpg


インドネシアの国旗
Flag_of_Indonesia.jpg


一緒やないか!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

似ているが、実は同じではない。
モナコとインドネシアの国旗は、全く同じ配色、同じ位置。
しかし、同じように見えるが、縦横の比は異なる。
モナコの国旗は4:5 に対してインドネシアの国旗は2:3なのだ。
微妙に違う(笑)
しかーし、国際会議の国旗のサイズは2:3で統一されることが多々あるそうだ。
そうなると、全く同じ国旗になる。
世界に同じ国旗があるとは思わなかった。


さて、僕たちが降り立ったヴィエナにも州旗がある。
日本に県旗があるように、海外にもあるのだ。
ヴィエナの州旗は、こんな形。

Flag_of_Vienna.jpg

おーーーい、おいおいおいおい。
この形、さっき2回も見たぞーー!!
「同じ国旗があるとは思わなかった」
とベタな感想言ったぞーーー!!

色のトーンが若干明るい感じだけど、ほとんど同じものだ。
縦横の比率は、インドネシアと全く同じ。

インドネシアの国旗≒ヴィエナの州旗≒モナコの国旗

こういう構図になる(笑)

まさか3つも同じ旗に出会えるとは思わなかった(笑)

ここまで引っ張って来たが、本題に入ろう。
「ヴィエナ」はどこの国なのか?
「ヴィエナ」は英語読み、フランス語だと「ヴィエンヌ」、現地語だと「ヴェアン」、そして、ドイツ語だと「ヴィーン」、日本語だと「ウィーン」

ウィーン!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))ワカッタヨ!!

音楽の都ウィーン!!
オーストリアの首都ウィーン!!!
読み方が全く違う。
色んなところで、「ウィーン、ウィーン」と言っても通じなかったワケだ!

たぶん、「ウィーン」と言っているのは、日本人だけだと思うので、気をつけなければならない。ということで、僕たちは、オーストリア、ウィーンに降り立った。

ウィーン空港


自転車道(青の線)が発達しており、空港まで繋がっている。
それを利用しようと、行ったところ!

高速道路に進入しちゃった♪

後ろからのクラクションが多いなーっと思っていたら、高速だった。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

怖かったよ。
そして、逆走して、元に戻るという荒業。
これも相当怖かった。

空港付近はいつもそうだ。
ラスベガスでもトロントでもフランスでも大変な目にあった。
都市部の空港は高速道路が入り乱れ、立体交差だらけなのだ。
立体交差を地図で読み取るのは至難の業!
通れると思っていた道が、通れない。
よく分からない道に誘導される…。
道に迷う…。高速に進入する。。。

海外の高速は日本のようにゲートがないので、「いつの間にか」進入してしまうのだ。
今回も同じ流れで、行ってしまった。

そして、予定より時間が大きくかかり、変な汗を大量にかき、宿を見つける気力が失せ、東ヨーロッパ初日がまさかの野宿。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

ウィーン野宿


でも、アフリカでも野宿できたという謎の自信から、洗練された住宅街の公園での野宿はやりやすかった。何しろ、謎の安心感がある。

こうして、アフリカ疲れを徐々に癒していくのであった。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2015 / 12 / 01 | Category : オーストリア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する