ハンガリーからクロアチアに入ると、キャンプ場がなくなり、ホテルの値段も高騰した。
そんなときは宿探しに注力する。

走りながら、宿を見つけると、とりあえず値段を聞いてみる。

コレの繰り返し。

で、見つけた宿がココ。

DSC083175.jpg

B&Bの宿。
普通のB&B(Bed & Breakfast)ではない!!
ココは「Bike & Bed」(笑)

このユーモアに惚れてしまい、泊まることに。

自転車好きのオーナーに違いない!
オレの趣味を見てほしいと言うので、どんな自転車あるのかなーっと、オーナーの秘密の部屋に心ときめかせながら中に入ると…。

DSC083185.jpg


じ、自転車は?
出されたものを飲み干すと、間髪入れず、二杯目が注がれた。

DSC083205.jpg


このガロン瓶に入っているのは、自家製ワイン。
ちょっと酸味がキツかったが、アルコール度数がやや低く、飲みやすかった。
オーナーの趣味は自転車ではなく、お酒作りだったようだ。
部屋の中にバーカウンターまであった。

さらに、奥にある秘密の小部屋を見せてもらった。

DSC083215.jpg


いいだろ、いいだろー。
ココがオレの製造工場だ!

DSC083235.jpg


この釜でワインを作るんだ!
と自慢げに紹介される。

DSC083245.jpg


ワインだけじゃなく、ブランデーも造っているのだ。
と、ブランデーも強制的に試飲させられる。
ワインもグラスが空くと、相変わらず間髪入れずに注がれる。

うん。
飲みやすいんだけど。
さすがにね。
アルコールデヒドロゲナーゼⅡが低活性型(※)の僕にはきつい訳で。
もう、目の前がユラユラしてきている訳で。
ワイン飲み放題という、アルコール好きの人にとっては夢のようなホテルでも、僕にとっては、すぐにベッドに行かなければならない訳で。

※ 低活性型アルコールデヒドロゲナーゼⅡ
⇒ 遺伝的にアルコールに強いってどういう意味?


ということで、早々にベッドで就寝となったのであった。

DSC083265.jpg


東ヨーロッパ、本当にお酒ネタが多い。
どの国もお酒好きにはたまらない国だろう。



クロアチアの自転車道情報を少し記載しておく。
オープンサイクルマップには、クロアチアにはユーロヴェロが記載されていなかったが、実際走ってみるとユーロヴェロ6あった!!

IMG_1007.jpg


クロアチア、セルビアの国境沿いに自転車道が通っている。

IMG_1008.jpg


僕たちは途中から別ルートを通ったので、一部しか走っていないが、概ね走りやすかった。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 01 / 28 | Category : クロアチア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する