セルビア料理はバライティーには富んでおらず、ひき肉を使ったソーセージのようなものや焼いたハンバーグ、丸めてキャベツや玉ねぎと一緒に煮込んだものが有名だが、郷土料理と言えるようなものはあまりない。

ハンガリーと同様、安い!うまい!!
⇒ 食べ物もお酒も安い!ボリューム抜群のハンガリー料理を堪能する

西欧で味わったスープ一杯1000円という目が飛び出るような思いが懐かしい(笑)
⇒ 驚愕!スープ一杯1000円!古都ブルージュを自転車で走るとこうなる

ここは同じヨーロッパだが、東欧は物価が安くて過ごしやすいのだ。


絶品!豚の燻製!レストランでも安い!


DSC085395.jpg

僕たちだって、たまにはちゃんとしたレストランで食事もする。
セルビアの郷土料理の「豚の燻製」は最高に美味しい。
セルビアは豚が大好きなのだ。

DSC085405.jpg

パンは、ずっしりモチモチ系で食べ応えあり。


DSC085435.jpg

セルビア料理の1つの「ロールキャベツ(左端)」はウェイターさんイチ押し!
期待して食べてみると、イメージと全く違って、あまり美味しくなかった。

(((((((( ;゚Д゚)))))))

キャベツが固い!肉がボロボロ。
日本のロールキャベツを食べさせてあげたい!


ロールキャベツと豚の燻製、大きい釜焼きパン。
それにビール2本。
お腹一杯食べて、2人で1500円!!
やっすい!


セルビアのファストフード店はボリューム満点!


DSC084785.jpg

ふらりと入った田舎の食堂(ファストフード店)。
250円ほどで大きなマルガリータピザが食べられる!チーズたっぷりで美味しい。
まぁ、具はないんだけどね(笑)ずっしりとお腹に溜まる。
日本のピザは何であんなに高いのだろうか。

ハンバーガー(150円)も大きくて満足。

DSC084775.jpg


セルビアのスーパーのお惣菜が激安!


DSC084335.jpg

少し大きなスーパーに行くと、お惣菜が売っている。
チーズ入りサラダ、ピーマントマトの煮込み、ピラフ、魚のフライなど、種類も豊富。
しかも、価格が安い!
1パック50~100円程度で買えてしまう。


セルビアで印象的だった食べ物・飲み物


青いファンタ


IMG_10155.jpg

初めて見る青いファンタ!味は未確認。
食欲をそがれる気が・・・。
食欲と色には関係性があることが知られている。

例えば、「暖色系」の赤やオレンジは温かさや興奮といった印象を一般に与える色で、食欲を増進させる効果もあることが知られている。
一方、「寒色系」の青や水色は涼しさや冷静さといった印象を与え、食べものと一緒に配置されると食欲を減退させる働きがある。

寒色系ファンタは食欲を減退する効果があるという訳だ。


セルビアの家庭料理「パプリカペースト」が美味し過ぎる!


IMG_10225.jpg

セルビアでは広い庭を持つ家が多く、のんびり庭でティータイムしている家族をよくみかけた。お誘いを受けて、ティータイムにお邪魔した。

セルビアは、パプリカのペーストが有名だ。スーパーには必ず売っているし、各家庭でも作っていて、パンにつけて食べると美味しい。おばちゃんのパプリカペーストも、とても優しい味で美味しかった。


セルビアの自家製ブランデー「ラキア」


IMG_110205.jpg

家庭にお邪魔したとき、手作りケーキもごちそうになった。
それと、自家製ブランデー「ラキア」を存分に頂いた。
アルコール度数60%という強烈なものだったが、意外に飲めてしまった。

詳細はコチラ
⇒ アルコール度数60%の自家製ブランデー「ラキヤ」をセルビアの家庭で大量に頂く


レストラン、ファストフード、スーパーのお惣菜に家庭料理、セルビアの食生活も十分満喫できた。
これが「セルビア料理」と言ったものはないが、優しい味の料理が多く、美味しかった。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 02 / 23 | Category : ヨーロッパ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する