僕たちは基本的に野宿をしない。
世界を走る旅サイクリストとしては珍しい部類に入るかもしれない。

野宿をする条件は…。

▼ 宿泊施設をいくら探しても見つからないとき
▼ 高級ホテルしか見当たらないとき

野宿をする際、安全そうな場所を確保できないときは、確保できるまで走り続ける。確保できても、熟睡はできない。
なので、野宿は基本的にしないのだ。

ルーマニアはキャンプ場がない。さらに、野宿をしようにも凶暴な野犬がかなりの数いるので、なかなか安全そうな場所が無い。

そのため、必然的にホテルに泊まる。

Field_10768.jpg


しかし、ルーマニアには安宿と呼ばれるホテルやゲストハウスの数が少ない。あるとしても首都のブカレストと黒海沿岸のコンスタンツァが程度だ。僕たちは、田舎の街を繋いで行くので都市には行かない。

maprmn.jpg


うーん、参った。

最も安い宿で一泊40ユーロ…。
た、高い!!

その割にはクオリティーが高くない。

Field_10756.jpg


ルーマニアに長居はできないな。
ということで、1日100キロ以上のペースで毎日ズンズン進む。
休憩は次の国。

そんな思いで走っていると、楽しくなくなってくる。
自由な自転車旅、のんびりゆっくり行くのが僕たちに合っている。
そんな葛藤を感じた。

そんなとき、ルーマニア名物「偽警官」に遭遇した。
こちらもクオリティーの低い警官もどきだった。
僕たちの自転車に感心しながらも、ちょこちょこ難癖をつけてくる。

「ライトは付くのか?」
「テールライトはどうだ?」

難癖なのか、ただの興味だったのか微妙なラインだったけど、何だか笑ってしまいそうになった。旅自転車のサイクルトレインは面白かったが、それ以降は観光も何もなく、進むことに徹していたルーマニア。ちょっとした「スパイス」が効いて、ニヤリと笑うのであった。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 03 / 17 | Category : ルーマニア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する