オーストリア、チェコ、スロバキア、ハンガリー、クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビア、ブルガリア、ルーマニア、モルドバ、ウクライナを自転車で走った。
前回の西ヨーロッパと併せると、ヨーロッパ横断達成かな^^

⇒ ヨーロッパの走行ルートと宿情報 その①

今回は、ユーロヴェロを中心に東ヨーロッパを走ったので、今後の自転車乗りの助力になれば幸いだ。相変わらずマニアック過ぎるニッチな情報なので、ちょっとアウトローな町に行ってみたいと思う人には役立つかも!?





手ごろな値段で宿泊可能!野宿もしやすいオーストリア


Field_09414.jpg

オーストリアの宿は一泊3000円(2人)程度である。部屋もなかなか、寒いときでも館内全体を温めるセントラルヒーティングを整備されている宿が多いと思う。

僕たちは、オーストリアは野宿が多かった。アフリカからヨーロッパに来て、「どこでも泊まれる」という、ヨーロッパ独特の安心をひしひしと感じていたからだ。牧草地に野宿は、最高のロケーションだった。


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(€)
Wifi評価
218ウィーン
Wien
野宿 0×
219ウィーン
Wien
Hotel in Hernals27 ★★★☆☆
220ブレンドルフ
Bullendorf
野宿0×
221バルハリー
Bulhary
Penzion Na Rozcesti20.7 ★★★★★



快適すぎて長期滞在してしまったチェコ、スロバキア


Field_09554.jpg

チェコがあまりにも居心地が良過ぎて、数日で出るつもりが3週間も滞在してしまった。何より、チェコは洗練されたヨーロッパ内にも関わらず「物価が安い」のだ!!部屋内にキッチン、冷蔵庫等が完備されたツインルームが2人20ユーロ(約2500円)で泊まれるのだ!さらに、ブルノの共同キッチン、共同トイレの安宿では何と1000円(2人)で泊まれた。食費も安い、美人も多い、チェコは僕たちにとって、安住の地だ。ただ、英語が通じないという点を除けば…。

⇒ この旅初のホテルで沈没!やっぱりチェコは過ごしやすい


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(CZK)
Wifi評価
222ミクルチツェ
Mikulcice
Penzion U Kostela20€ ★★★★★
223ブルノ
Brno
City Hostel Brno322 ★★★★★
224ブランスコ
Blansko
Hotel Probe580 ★★☆☆☆
225ブラチスラバ
Bratislava
野宿0×



快適なキャンプ場が多いハンガリー


Field_09721.jpg

ハンガリーでは主にキャンプ場に泊まった。
キャンプ場で1000円(2人)程度。そのレベルでシャワー、Wifi付でかなり快適に過ごせる。簡易的なキャンプ場だと、500円(2人)程度。やはり、キャンプ場は安い。また、キャンプ場は長期滞在しているお客も多く、仲良くなりやすい。ドイツ、オランダ人がキャンピングカーで来て、のんびり過ごしている場合が多い。

ホテルも安く、安宿で2000円程度(2人)だ。やはり、バックパッカーが集まるような場所(都市、観光地)の方が安く、地方の宿はやや高い。この傾向は、どこの国でも同じだ。

⇒ ハンガリーはキャンプ場天国!ドナウ川沿いを優雅に自転車で走る
⇒ ビールとワインが飲み放題!?ハンガリーのホスピタリティー最強のキャンプ場


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(HUF)
Wifi評価
226クノーヴァ
Cunovo
Aranykarasz Kemping3000 ★★★☆☆
227ドゥナセゼンパル
Dunaszenpal
Dunaszenpal Camping1000 ★★★☆☆
228ジェール
Gyor
City Camping3600 ★★★★☆
229アクス
Acs
Nature Camping2400 ★★★★★
230センテンドレ
Szentendre
Camping Pap-sziget4000 ★★★☆☆
231ブダペスト
Budapest
Active Hostel5250 ★★★★★
232ミシュコルツ
Miskolc
Szekelykert Vendeglo es Panzio ★★★☆☆
233アグテレク
Aggtelek
Panorama Hostel× ★★★☆☆
234ブダペスト
Budapest
Baross Residences5250 ★★★☆☆
235ラーツケヴェ
Rackeve
Aqualand Camping5800 ★★★★☆
236ハルタ
Harta
Panorama CampingFree× ★★★★☆
237カロチャ
Kalocsa
Camping1500× ★★★☆☆
238モハーチ
Mohács
野宿×



キャンプ場がなく、ホテルも高いクロアチア


Field_10403.jpg

クロアチアに入ると、急に宿代が高くなると同時にキャンプ場がなくなった。民泊も多く、交渉で安くなる場合も多い。僕たちは交渉を重ねてやっと3000円(2人)になったところで泊まった。普通に泊まれば、5000円程度の宿が多い印象だ。

宿の宿泊費を節約する旅行者にとって、クロアチアはおススメできない。

⇒ これがホントのB&B!クロアチアのワイン飲み放題のホテル
⇒ クロアチアの絶景野宿場所にミルコ・クロコップの来襲!?


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(円)
Wifi評価
239Knezevi VinogradiIznajmljujem Sobe2900 ★★★☆☆
240グンジャ
Gunja
野宿×



コストパフォーマンス最高!セルビアの宿


Field_10556.jpg

セルビアもキャンプ場が多く、1000円以下で泊まれる!!設備も良い場所も多く、ついついキャンプ場で長期滞在してしまった。キャンプ場で長期滞在するような施設って、日本にはほとんどない気がする。

ホテルも3000円以下で泊まれるので、キャンプ場がないときや疲れていたときは、迷わずホテルに泊まっていた。綺麗なところも多く、コストパフォーマンスは良い。値段も交渉次第ではちょこちょこ落ちる。僕たちの東ヨーロッパの基準価格(ホテル)は「2人で3000円以下」と自然に決まっていた。


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(RSD)
Wifi評価
240ネスティン
Nestin
別荘0×
242ベスカ
Beska
Pansion Park2760 ★★★☆☆
243ベオグラード
Belgrade
Hostel King€20★★★★☆
244コヴィン
Kovin
Kamp Jabukov cvet600 ★★★★☆
245Veliko GradisteCamping Srebrno Jezero700 ★★★☆☆
246ブリンジカ
Brnjica
Camping Toma700× ★☆☆☆☆
247ミラノバック
Donji Milanovac
Lepenac€20 ★★★★☆
248パランカ
Brza Palanka
Camping Mirocka VodaFREE× ★★★☆☆
249ネゴティン
Negotin
Vila Deluxe€20 ★★★★☆



まぁまぁ…、普通…、ブルガリアの宿


Field_10702.jpg

ブルガリアに入り、突然キャンプ場が無くなった。ホテル数はそこそこあるので、ホテル探しにはそこまで苦労しなかったが、事前調査しておいた方が良い。飛び込みより、予約しておいた方が安い場合も多い。僕たちは、Booking.comを駆使して、安く泊まっていた。
安宿だったが、設備もクオリティーも普通レベル。古い建物が多い印象。

⇒ 【裏技】知らなきゃ損!Booking.comで1440円も割引できる方法


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(BGN)
Wifi評価
250ビディン
Vidin
Hotel TangRa€21 ★★★★☆
251ローム
Lom
Pectopaht Hotel40 ★★★☆☆
252オリャホボ
Oprxobo
Hotel40 ★★☆☆☆
253ニコポール
Nikopol
野宿×
254スビシュトフ
Svishtov
Rusalka spa Complex36 ★★★★☆
255モギリ
Dve Mogili
Guest House Edelvais40★★☆☆☆
256ルセ
Pyce
BedRoom Place Guest Rooms40 ★★★★☆



頭を悩ますルーマニアの宿泊代


Field_10767.jpg

ルーマニアに入り、キャンプ場もなく、安宿もないという緊急事態に直面した。探し回っても安くて1泊3000~5000円(2人)のホテルしかなかった。値下げもあまりできない印象だ。このため、ホテル探しは日々苦労した…。

気軽に入れるキャンプ場が自転車旅には重要だと改めて思わされた。

⇒ ルーマニアの物価は高い!頭を悩ます宿泊費


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(RON)
Wifi評価
257オルテニッツァ
Oltenita
Pension Azaro120 ★★★☆☆
258カララシ
Calarasi
Albatros80 ★★★★☆
259スロボジア
Slobozia
Hotel Select175★★★☆☆
260ブライラ
Braila
Pensiunea Adriano105 ★★★★☆



ハイパーインフレのため、激安ウクライナの宿出現中


Field_10791.jpg

ウクライナの通貨がハイパーインフレ真っ只中なため、中級ホテルも安く泊まれた。1泊1500円(2人)で良いところに泊まれてしまう。安宿だと、500円(2人)で泊まれる宿もあった。ルーマニアで宿に悩まされていただけに、一気に開放された気分だ。

また、Booking.comから予約できる宿も多いため、できる限り予約しておいた方が良い印象だ。飛び込みで行くと、その値段より高い値段を請求される場合がある。ドルを要求され、現地通貨なら割高な価格なるという理不尽なことも。ウクライナ通貨がガタガタなので、外貨を得ようと必死なのが伺える。


No.宿泊地宿泊先宿泊費
(UAH)
Wifi評価
261レニ
Reni
Motel250×★★★☆☆
262イズマイル
Izmail
Premium Hotel300★★★★☆
263タタルブナリー
Tatarbunary
Poliana Hotel300★★★★☆
264ザトカ
Zatoka
Gloriya Resort130★★☆☆☆
265オデッサ
Odessa
Uyutniy300 ★★★★★
266黒海
Blach sea
Hotel Cabin× ★★★★★

※ ホテルはツインまたはダブルの価格、キャンプ場は2人、テント1張の価格
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 04 / 10 | Category : 〔地球の走り方 ルート&宿情報 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する