自転車のご紹介。
世界一周するにあたり、どんな自転車にしようか。本当に迷った。
自転車の価格はピンキリ。オーダーすると中古自動車が買えてしまう。

結局、練習のために乗っていたGIANT GREAT JOURNEY 2 (2009)を改造して臨む事にした。フレームを新規で購入しなかった分、パーツを良くしていこう作戦。愛着の勝利。

一方、ゆかはクロスバイクしか所持していなかったので、新しく購入することに。
これまた同じくGIANT GREAT JOURNEY 1 (2014)に。
気になるところだけ改造した。パーツが新品なので、そのままで行けるところまで行ってしまおうと。何といっても、旅自転車の中では破格の値段だ。
また、小柄なため体に合う自転車がなかなかなく、トップチューブが水平だと乗りにくいと嘆いていたので、その点では、この自転車はぴったりだったと思う。


ゆかの自転車「GIANT GREAT JOURNEY 1 (2014)改」


DSC01031.jpg

トップチューブが下さがりになっており、乗り降りが楽。
その分、積載量が落ちるのだが、そこは2人旅の良さでお互いに補っていける。


GIANT GREAT JOURNEY 1 (2014)からパーツ変更点


■ ドロップハンドル ⇒ フラットハンドル
■ カンチブレーキ(テクトロ) ⇒ Vブレーキ(XT)
■ シフト交換(SORA)
■ サドル交換
■ キャリア交換

ドロップハンドルだと、引きの関係で必然的にブレーキがカンチブレーキになってしまう。
一般的にカンチブレーキの制動性は悪く、その上、荷物を積み、雨の日を走ると想定すると、おそらく女性の握力では止まらないと思う。

そこで、フラットハンドルにし、Vブレーキを採用。
ディスクブレーキが最も最適だが、台座の関係でVで!V!V!
あまり力を加えなくても止まるので、正解だったと思う。


ようの自転車「GIANT GREAT JOURNEY 2 (2009)全面改」


DSC01011.jpg

日本で1万キロ以上乗った自転車をフルカスタマイズ。
結局、フレーム以外全部交換した(笑)

新しく買った方が良かったのでは・・・?

というツッコミは、スルーさせていただきます。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

いや・・・、安く・良く仕上がってるはず・・・。
足回りだけは、しっかりしたパーツを組み込んだつもり。


奮発したホイール


DSC01015.jpg

ホイール:サンリングル RHYNO LITE 26インチ リム (溶接タイプ)
スポーク:DT Swiss のチャンピオン
前ハブ:クリスキング ISO ディスク ハブ 15MM フロント用(ハブ)
後ハブ:Shimano DEORE XT

BMXにも使われている、超幅広のホイール。
自転車世界一周の定番のホイールとしても有名。

スポークは硬めのテンションで張っていただいた。

ハブも高級なものをチョイス。
トルコで買えば、フロントホイールだけで10万以上するらしい(笑)


フレーム以外すべてのパーツを交換したため、いろんな所に歪が出てきたwww


歪 その① 泥除けつかない


DSC01021.jpg

ドロップハンドルのクセにコンパクトVブレーキを採用したばっかりに、泥除け付かなくなる。
初めは、泥除けなんていらねーって思ってたのだが、やっぱり欲しい・・・と思い、工夫と根性で泥除けをぶった切る。後ろ泥除けは、ありもので作製した。

まぁ、なんとかなった。


歪 その② 自転車のバランスが・・・


DSC01019.jpg

フロントフォークをサスペンションからリジッドフォーク(2014年グレートジャーニー)に交換した。
⇒ 自転車のバランスがおかしくなった。

① コラムスペーサーをかませまくる
⇒ バランスを整え、アップライドにする。ロード乗りの人が見たら、変な自転車だと思う。
② 泥除けが付かなくなった
⇒ ステンレス板で延長し、ぶった切る。
③ フォークとキャリアが合致しない
⇒ チューブス フロントフォーク用マウントセットで何とかする。
④ フォークにマウントセットが合致しない
⇒ マウントの対応径より、フォークが太かったため、コーナンでネジを買い込み、何とかする。


素直にSurlyのロングホールトラッカーのフォークにしておけばよかった。
(((((((( ;゚Д゚)))))))


最終的には、キレイに組み上がり、今のところノートラブル!ポジショニングも僕には合ってると思う。
僕の無理難題をじっくり聞いてくれ、尽力していた頂いたサイクルショップ金太郎様には感謝です!

Field_00085.jpg


ただ、両方ともフレームがアルミフレームというところが今後どうなるか心配。
クロモリ(鉄)フレームは溶接による修理が容易で、どこの国でも対応できる。一方、アルミは、、、溶接が難しく、一度割れると修理も困難だろう。そのときは、また工夫で何とかできれば良いのだが。この車体で帰れればハッピーだなー♪



関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 06 / 13 | Category : 自転車関連  | comments(2) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

なんか難しそうね…。
いろいろ大変そうだけど、無事帰国待ってます!
装備編は??ソックス(笑)
2014.06.14 22:59 | URL | なおばんだ #- [edit]
長距離自転車旅に適したツールが色々あるようで、試行錯誤しながら辿り着きました。
装備編もちょこちょこアップしていきます^^
2014.06.27 18:23 | URL | ようゆか #- [edit]

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する