ストーブ(調理用ミニコンロ)についてご紹介。

日本で山に登る時は、厳冬期以外は、カセットガスで簡単に扱えるIwatani カセットガス ジュニアバーナーを使用していた。非常に使いやすく、重宝していたのだが、海外ではカセットガスは入手できない。よくあるガス缶も入手できない地域が多い。

今回ガソリンストーブを採用することにした。
ガソリンなら、ガソリンスタンドに行けば、どこでも入手できる!

ガソリンバーナーを作っているメーカーと商品は?


ガスリンストーブを作っている大手の会社は、MSR社と新富士バーナー社がある。

MSR:ドラゴンフライ




爆音だが、五徳が大きく火力調整が容易なドラゴンフライ


MSR:ウィスパーライト インターナショナル




ドラゴンフライより音が小さく、とろ火はできないが、ある程度の火力調節ができるウィスパーライト インターナショナル

MSR社のガソリンストーブは歴史があり、ラインナップも多い。


 

新富士バーナー:ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371





プレヒート不要のMUKAストーブSOD-371




色々考えた結果、MUKAストーブにした。


僕たちがMUKAストーブに決めた理由


プレヒート不要


ガソリンストーブ業界では革新的な技術だ。

「コレってガソリンストーブ?」

と思わせるほどだ。
実際使っていても、ガスストーブと遜色の無い使い勝手の良さ。

ガスストーブに慣れている僕たちにとって、プレヒートという儀式は面倒この上ない。毎日使うので、そのたびにプレヒートをすると考えると、億劫になり、料理の回数も減るに違いない。さらに、雨の日にテントの前室で調理せざるをえないとき、プレヒートに失敗すると、1m以上の火柱が上がり、危険この上ない。


音が静か!


ガソリンストーブと言えば、爆音で有名。
MUKAストーブは静かなのだ。
最高火力ではさすがにうるさいが、通常の料理では使わない。

最高火力が4000kcal/hと他のガソリンストーブと比べて非常に強力だが、正直必要ない僕たちは、常に「中火」で料理をしている。中火程度の火力であれば、本当に静か。
五徳の高さも低いので、鍋との距離も近く、熱効率が良い。
ちょっとうるさいガスストーブといった感じだ。

ちなみに、ドラゴンフライは五徳が高く、火と鍋の距離が遠いため、火力を上げて調理しなければならない。爆音で有名なドラゴンフライがさらに爆音になる理由はそこにある。


組み立てが簡単!


ガスストーブ同様、何も考えず、儀式もなく、サクサクっと一瞬で組み立て完了。

「当たり前じゃないの?」

と思われるかもしれない。ガソリンストーブは当たり前じゃないのだ。
ドラゴンフライの場合、本体をガソリン缶に繋ぐ際、無機オイルや唾液を塗る必要がある。この作業は「毎回」必要なのだ。慣れればなんてことは無いが、面倒くさい。「唾液」で良いとマニュアルに書いているところがまた面白いんだけどね。


消化も楽チン


プレヒート不要ばかり目にいきがちだが、これもすごい!
ドラゴンフライ等は、消化した後、ホース内にガソリンが残るのだ!
毎回、このホース内に残ったガソリンをせっせと取り除かないといけない。

正直ビックリした。

ガソリン臭が絶対に残る。
この作業中に手にガソリンが付く。

臭い・・・。
(((((((( ;゚Д゚)))))))


MUKAストーブはツマミを「Air」にすると、ホース内のガソリンを取り除いてくれる。

これも画期的!!

たぶん、長年MSRを使っているユーザーがMUKAストーブを使うと、「コレ!ガソリンストーブじゃない」と言い出しそうだ。

ガソリンストーブ=手間のかかるかわいい子

という認識が変わるからだ。


すすが出ない


MUKAストーブ以外のガソリンストーブはプレヒートが必要なので、その際、大量の「すす」が出る。とくに、MSRのウィスパーライト インターナショナルがそれで有名だ。

家に持って帰って、都度掃除ができれば問題ないが、毎日のように使うユーザーには「すす」は付きっぱなしの状態になる。つまり、触れば「手が汚れる」ということ。

「すす」がでなければ、手も汚れない。


軽量・コンパクト


ストーブ本体の重さがなんと163g!

異常に軽いのだ。

ポンプはMSRより重量感はあるが、オモチャみたいなMSRと異なり、「機械」と言った雰囲気だ。僕たちは、常にポンプはガソリン缶にくっ付けているので、収納するのは本体の163gだけ。本体はガソリン臭も全くしないので、カバンに入れても問題なし。


実際使ってみた感想


ガスストーブを扱っているような手軽さ。
音も予想以上に小さく、火力調整も容易にでき、何よりお米が美味しく炊けるのが嬉しい!炊きたてごはんを食べられるのは自炊の醍醐味。MUKAストーブで炊いたご飯は、北米の日本料理店の白ご飯よりも美味しかった。
風が強い場所でも風防があるので問題なし。

ランニングコストは、500mlの自動車用ガソリン(アメリカで約50円)で、毎晩使用しても1週間以上使え、コストパフォーマンスも最高。ホワイトガソリンだと10倍以上の価格になる。

キャンプ生活の必需品だ。


使用風景(ご飯を炊きながら、湯を沸かすのがようゆか流)
DSC086801.jpg


MUKAストーブ欠点は?


強度面


作りこみは、他のガソリンストーブと比べると本当に良い。さすが、日本製!!

MUKAストーブSOD-371は、2011年春に発売されているので、「実績」という点だけが不明瞭である。今回、世界一周中でどれだけもってくれるのか楽しみだ。
一方、MSRには世界で長年使われているという「実績」がある。


1年以上ハードに使ってから分かった欠点


途上国の粗悪なガソリンは使えない


タンザニアのガソリンスタンドで補給したガソリンが劣化していたようで、一発でジェネレーターユニットが詰まってしまった。
不純物が混ざっているようなガソリンを使うと簡単に使えなくなる。

MSRなら大丈夫だっただろうと思う。
ジェット部分を清掃すれば、復活していただろう。

MUKAストーブは「機械(精密なつくり)」なので、イレギュラーに弱い。
MSRは「オモチャ(単純なつくり)」なので、イレギュラーに強い。


消耗部品がある


プレヒート不要の代償はある。
上記の「ジェネレーターユニット」が消耗品なので、ランニングコストがやや悪い。
取扱説明書には、「燃料20L使用ごとにジェネレーターを交換してください。」
と明記されている。

タンザニアのイレギュラーなガソリンでなくても、詰まりが生じれば交換しなければならない。これは長期旅行者にとっては痛手だ。

実際、使った感じでは、各国のレギュラーガソリンを入れ、ほぼ毎日使って2,3ヶ月もった。60~90日程度使える。

一般の登山者には十分問題ない日数だが、長期旅行者にはやや物足りない。

いくつ消耗品を持ち歩かないといけないのか?
それだけの日数しか使えないなら、MSRにしよう。
という展開になる。

色々とダメになったジェネレーターユニットを分解して検討した結果、火力を復活する方法を編み出した(取扱説明書にヒントがあった)
⇒ MUKAストーブのジェネレーターユニットを復活させる方法(火力復活)

この方法は僕にとって画期的!
まさに、欠点克服!!

ガスストーブのようにガソリンストーブを使いたい人は、「SOTO(ソト)MUKAストーブ」一択でしょー!

  
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 06 / 15 | Category : アウトドア関連  | comments(2) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.06.27 00:24 | | # [edit]
プレヒートレスは大きいです!その分、ちょこちょこメンテナンスが必要ですが、愛着も湧いてきます。
工夫次第でとろ火も可能です^^
2014.06.29 22:45 | URL | ようゆか #- [edit]

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する