ネパールのカトマンズに降り立った僕たち。
トリブバン国際空港でアライバルビザを取得するため、事前に持ち物チェックをする。

現金…問題ない
パスポート…問題ない
顔写真…僕は問題ない

ユカは…問題あり(汗)
(((((((( ;゚Д゚)))))))

手持ちに顔写真がないと言う。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

今回、顔写真がなくてもアライバルビザが簡単に取得できたので、その方法を紹介しようと思う。


ネパールのアライバルビザ取得方法


トリブバン国際空港


nepalairport1.jpg

トリブバン国際空港は、ネパールの首都カトマンズにある国際空港で、カトマンズ中心地から約6km東に位置している。規模は国際空港と思えないほど小さく、正直ボロイ空港だ。

しかし、観光立国ネパール、予想以上のサービスがあった。

ネパールのアライバルビザ取得方法


まず、申請書を書く方法は3つある。

① 手書きで紙に書いて申請(空港に紙あり、当日)
② 事前にオンライン申請(14日以内)
③ イミグレーションにある機械で申請(当日)

①と②は顔写真が必要だが、③だと顔写真が必要ない。

その理由は?

この最新機器は一体…?


nepalprint.jpg

このネパールの空港に似合わない機器で申請書類を作成するのだ(③)。
この機械にパスポートをかざすと、パスポート情報を読み取ってくれ、その場で写真まで撮ってくれるスグレモノ!!つまり、「顔写真」がなくても、楽に申請書が作成できるのだ。
ネパールの滞在予定地なども記入する必要があるが、決まっていなければ適当でOKでしょう!

入力が完了すると、自動的にバーコードが入った紙が印字されるので、それを持って、まずは、ビザ代を支払いに行く。

滞在日数によってビザ代が異なる


滞在日数が15日以内、30日以内、90日以内でビザ代が異なる。

15日:US25$
30日:US40$
90日:US100$

40日滞在の場合はどうすれば、良いのだろうか?

① 90日のビザを取得する
② 30日のビザを取得し、後日延長する

普通は①の方法だけど、50日分も勿体無い!と思う人もいるかもしれない。
裏技として、②の方法がある。

期日内に現地の入国管理局(カトマンズまたはポカラ)に行って延長手続きをすると、1日当たり2ドルの追加料金でビザを延長してくれる。つまり、40日の場合は、10日延長なので、20ドル追加(合計60ドル)で滞在できるのだ。

インターナショナルなお支払い


okanefr.jpg

ビザ代といえば、アメリカドル、ユーロが一般的だが、ネパールは様々な通貨が利用できる。

米ドル、ユーロ、日本円、イギリスポンド、スイスフラン、豪ドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9つの通貨が利用可能だ。

さすが観光立国と言ったところか。
ネパールに来て欲しい国が羅列されている気分だ(笑)
いつか、クレジットカードも使えるようになって欲しいものだ。

僕たちは、60日以上滞在予定だったので、何も考えずに$100(90日ビザ)支払った。

ゆるーい入国審査


申請書(バーコードが印字された紙)、支払伝票、パスポートを持って、入国審査に向かうと、入出国カードを求められた。

あー、書いていないので書いてきます、と言うと…。
まさかの回答が。

「No problem」

本当は必要であろう入出国カードがなくても入国可能なようです。

そんな緩い感じのネパール。

好きになりそうだ♪
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 09 / 02 | Category : 〔 ネパール 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する