飛行機輪行。
預けるときがあれば、受け取るときもある。

自転車はどうやって受け取るのだろうか?


空港での自転車の受け取り方


① 大型荷物置き場に


baggage-claim.jpg

通常、預け荷物はベルトコンベアで流れてくる。
しかし、自転車のような大型の荷物は、「大型荷物置き場(Oversized baggage)」に置かれていることがほとんどだ。なので、普通はオーバーサイズバゲッジを探せば見つかるはずだ。

一番最初の国アメリカでは、自転車がベルトコンベアで流れてくると思って、なかなか見つからずに焦った思い出が…。懐かしい…。
⇒ ロサンゼルス乗継の救世主エクスプレスコネクションカード

② 日本ならでは!職員から手渡し


handcarrybicycle.jpg

正直、海外ではあり得ない。
あり得ないことがあり得るのが、日本だ。
お客を第一に考えたサービス、その延長線だろうか。

イレギュラーな物は、丁重に扱ってくれる。
そして、職員が持ち主に自転車を直接渡してくれる空港が日本であるらしい(国内線)。
さすがに、国際線は大型荷物置き場だろう。

③ ベルトコンベアに流れる自転車


beltbicycle2.jpg

何度も自転車を飛行機に乗せたが、ネパールで初めて自転車がベルトコンベアで流れてきた(笑)

シュール過ぎる!!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

キャリーバックにまぎれて、ラップに包まれた自転車がガタゴトとベルトコンベアで流れてくる。ラップで包まれているだけなので、誰が見ても自転車だと分かり、注目の的だ。

空港で注目されるのはもう慣れたが、ベルトコンベアには唖然とした。
その時点で、扱いが雑なんだろうなー、と思っていると…。

Field_12849.jpg

あぁ、やっぱり…。
折れている。

Field_12850.jpg

自転車本体は無事だったので問題なく組み立てられた。
小さいことは気にしない♪

IMG_1180.jpg

さて、ネパールを走り出しますか!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 09 / 04 | Category : 〔 ネパール 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する