僕たちがネパールに来た理由はただ1つ。
「エベレスト」に行くためだ。

日本でも様々な山に登った。
アフリカ最高峰「キリマンジャロ」にも登頂した。
⇒ キリマンジャロ登山 その7 アフリカで一番高いトイレ(5日目)

次は…。
世界最高峰「エベレスト」に挑戦

everest111.jpg









しない。
エベレスト登頂は素人にはかなり無理がある。

単独登頂はまず不可能に近いので、一般の人は「公募登山隊」に応募し、グループとして登頂を目指すのが一般的だろう。

公募登山隊に選ばれても、びっくりするほど高額が参加費用が必要だ。


エベレスト登頂に必要なお金


公募登山隊


near-summit.jpg

単独登頂ではなく、グループで登頂する方法。

日本からの公募登山隊も意外と多い。
⇒ RYUSEKI EXPEDITIONSの公募登山隊
⇒ アドベンチャーガイド

海外からの公募登山隊も数多くある。


ざっと、金額が表示されているのを見ると。
その額・・・。

700万前後が多かった(海外の公募登山)。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

たっか!!

なぜ、そんなに高いのか、内訳を調べる。
この内訳調べ作業、キリマンジャロでもやったな(笑)
⇒ キリマンジャロ登山 その3 衝撃のメンバー アントニオ(1日目)


エベレスト登頂のための費用<内訳編>


① 入山料


エベレスト登山をするために政府に支払う料金。
エベレストの山に入山した時点でお金が発生するのではなく、エベレストの登山者が標高5300mのベースキャンプより上部に足を踏み入れるのであれば、費用が課せられる。
2015年に料金設定が変更され、1人でもグループでも一律料金。

約120万円/人
たっか!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

これでも安くなった。
以前までは…。

250万円/人
(((((((( ;゚Д゚)))))))

② 登山中に必要なお金


▼ ルート使用料金①:約25万/グループまたは6万/人
危険箇所にハシゴを設置したり、ロープを整備したり、安全に登れるよう整備するための費用。アイスフォールのところ。
▼ ルート使用料金②:1.5万/人
アイスフォール以降のロープ設置、修復費。

▼ 医療サポート:1万/人
▼ ゴミや排泄物の処理:40万/グループ
▼ ネパール政府使者に対する装備や滞在費:25万/グループ
▼ 天気予報:0~10万
▼ プジャ(?):3万

③ 保険費用


25万程度。

ヘリコプターの費用だけで、200万程度かかる場合もあるらしい。

装備


▼ ダウンスーツ、ブーツ、寝袋等:70~100万
▼ 医療器具:10万
▼ 酸素ガスボンベ:30万/5本(最低でも5本必要)
▼ ボンベ用マスク、レギュレーター:9万
▼ 携帯電話:10~30万

シェルパの費用


登頂のための荷物、食料、ボンベなどを運んでくれる方々

▼ チップ:20万(貢献度に応じて)
▼ シェルパの装備費:20万(総額)
▼ パーソナルシェルパ:50万
▼ シェルパの酸素ボンベ:20万
▼ 料理人、アシスタント:50万

滞在費


▼ テント:30万
▼ 食料、燃料:8万/人

ガイド


▼ ガイド料金:20-80万
▼ ガイドの入山料:120万×人数


$1=100円として、計算している。
参考にしたサイトはコチラ(英語 海外サイト)


ざっと計算したところ、800万ぐらい。
頭人数が増えれば、安くなり、600-700万で公募登山隊が結成されているのだ。


また、道中聞いた話だと、エベレスト登頂に適した日は年に2、3日しかないらしい。
天候の情報を逐一チェックし、アタック日を決めるそうだ。

大体の日が毎年決まっており、その日にすごい人数の登山者が登頂するようだ。

Everest-jam.jpg


数珠繋ぎとはこのことかもしれない。

jameverest.jpg


装備が整っている現代登山では、資金があり、ある程度の経験を積んだ登山者(6000m級の登山の経験者)であれば、登れない山ではないかもしれない。上記の通り、エベレストも大衆化しつつあるのだ。

しかし、エベレストの8000m以上は「デスゾーン」と呼ばれ、そこでは、自分自身の生命活動を維持するだけで精一杯になるため、デスゾーンで自力で歩けない人、怪我をした人はヘリコプターでも救出が難しいため、「死」を意味する。

このデスゾーンには実際、数々の遺体が放置されている。
その理由は、死体をヘリコプターに乗せる過程で体力が大幅に削られ、共倒れになる危険性があるためだ。

エベレスト登山が大衆化しつつあるが、こういった危険なエリアに身をおかなければならないことを登山者は忘れてはならない。


ということで、僕たちは資金以前にエベレスト登頂の資格(6000m級の登山は未経験)も気力も体力もない。プロの領域には到底及ばないので、素人でもエベレストが楽しめる「標高5300mのベースキャンプ以下」で存分に楽しむことにした。

僕たちがネパールに来た理由は、「標高5300mのベースキャンプ以下」の山々が楽しめる「エベレスト街道トレッキング」に挑戦することなのだ。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 09 / 14 | Category : エベレスト街道トレッキング  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する