エベレスト街道トレッキング8日目
ブプサ~シュルケ(7h)

ジリからルクラの道は、観光客があまり通らない。
その代わり地元の住民、または積荷を運ぶ人、馬をよく見かける。

Field_13259.jpg

子山羊はどこに連れて行かれるのだろうか。

観光客があまり通らない道なので、荒れている箇所が多い。
それが、トレッキングをしている気分を高揚させる。

Field_13252.jpg


完全に整地された道より、多少荒れている方が楽しい。
細いアップダウンの道を少しずつ進み続ける。

Field_13254.jpg


原生林の間にできた道を抜けていく。

Field_13255.jpg


木と岩が入り交ざった下り道。

Field_13256.jpg

この道が堪える。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

一歩一歩の段差が激しく、足裏と足腰に響くのだ。


登りは体力的にしんどい。
一方、下りは体力的には楽だけど、関節には厳しい。


僕の膝は、ガラスの膝なので、下りの歩きには気を遣っている。
⇒ 腸脛靭帯炎もちが自転車世界一周するためには


登山中に腸脛靭帯炎が発症してしまえば、地獄の日々になってしまうので、ケアは怠らなかった。

・ サポーター
・ ストレッチ
・ 歩き方

とくに下りの歩き方は、自己流だけど、膝を極力曲げずに下ると、腸脛靭帯炎が発症しない。
腸脛靭帯炎は、膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆〈がいか〉と接触して炎症を起こし、疼痛が発生する。膝を曲げなければ、膝の屈伸運動を減らし、炎症を起こし難くなるんじゃないかと考えている。

僕は、左ひざが弱いので、左足から着地するよう心掛けている。
左足から着地して、(左足の)膝を曲げない!

小さなケアのお陰で、毎日、7時間程度のトレッキングに耐えている。

Field_13260.jpg


今日も無事に7時間完歩!
宿での食事調理風景。
なかなかの火力!!

Field_13265.jpg


仲良くなったガイドのおっちゃんに勧められて、地酒(チャン)を飲んだ。
チャンは、チベット周辺で作られる醸造酒。シコクビエ、米、ムギ、トウモロコシなどを原料として各家庭で作られる「どぶろく」である。

Field_13268.jpg

味は・・・、薄めのどぶろく。
お酒の弱い僕でも飲めた。

ちゃんちゃん。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2016 / 10 / 14 | Category : エベレスト街道トレッキング  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する