4000mを超えるエベレスト街道トレッキング。
以前、電気事情の記事を書いた。
⇒ 電気のない地域で大活躍!「ソーラークッカー」の実力に驚く

電気はソーラー発電し、バッテリーに貯め、室内の照明等に使われていた。

今回は、照明の電気から、バッテリーが充電できてしまう魔法のアイテムを紹介する。

カトマンズの電気街をウロウロしていると、こんなものを見つけた。

IMG_1190.jpg


調べてみると、「セパラボディ」という名で、照明からコンセントに変換できるアダプターのようなものだった。

裸電球を外し、セパラボディを入れ込むと!
あらびっくり!コンセントとして使えるのである!!!

すっげー。

山で使えるかな?
と思い、カバンに忍ばせていた。

エベレスト街道トレッキングの約5000m地点のロブチェという街で初めて使ってみた。

電球を外し、代わりにセパラボディをくっつけ、充電する。
カメラのバッテリー。

Field_13918.jpg


おぉ…。
あっさりと電気は満たされた。


ちなみに、口金(スクリューのところの形)が宿によって様々なので、全ての宿で合致するという訳でもなく、ショートする危険性もあるので、使用する場合は自己責任で。


ちなみに、ちなみに、日本にも同じようなものが売っていた。
日本は何でも労せず買える国だ。

関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 01 / 18 | Category : エベレスト街道トレッキング  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する