ゴーキョに来たのは2回目だ。
前回(7日前)は、ガスやら雪やらで、ゴーキョリ(ゴーキョピーク)からの景色を見ることができなかった。
⇒ ゴーキョリから望む一瞬の朝日が煙になる日
⇒ 登山中の「勇気ある撤退」をゴーキョで経験する


そう、僕たちは、ゴーキョリからの景色を見るために、再びこの地に戻ってきたのだ。エベレスト街道トレッキングの中で一番楽しみにしている景色だと言っても過言ではない。

この1週間でヒマラヤの天候も大きく変わった。
昼前になると、天候が悪くなっていたが、夕方まで晴れるようになったのだ。

チョラパスで疲れていたので、休憩日にしようと思っていた。
⇒ エベレスト街道トレッキング最大の難所「チョラパス」の攻略ポイント



しかーし!!
早朝の天候があまりにも良かった。

Field_14223.jpg


風もない。
雲もない。

休息日が一転、ゴーキョリを目指すことにした。

Field_14367.jpg


ハイペースで登ると…、腹痛に襲われる。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

ゴーキョリの登りはキツイ。
単調な急斜面が続くと、非常に疲れてくる。
昨日のチョラパス疲れもあり、思うように前に進まない。

ふと、後ろを振り返ると…。

Field_14226.jpg


ものすごい景色だ!!

Field_14235.jpg


チョラパスの絶景もすごかったけど、ゴーキョリの絶景もすごかった。
しかも、僕たちの「思い入れ」が加味され、トルコのトゥズ湖と同じような感動を覚えた。

turkey001.jpg
⇒ ウユニ塩湖に負けない絶景 トゥズ湖 後編



そして、1時間程度で山頂に着いた。

Field_14294.jpg


山頂はタルチョだらけ。
山頂なので、風の通りが良く、願いが遠くまで運ばれるのかな。

Field_14258.jpg


その後もあちこちで写真を撮りまくる。

Field_14263.jpg

Field_14282.jpg


ゴーキョリからもエベレストがばっちり見える。

Field_14332.jpg


これら景色が見たいがために、2度もココに来た。

「リベンジしに来て良かった」

感無量になる景色はやっぱり苦労しないと手に入れられないものだ。


エベレスト豆知識


ゴーキョリからゴーキョに戻る途中に、日本人のプロの登山家の方と出会った。
毎日、ゴーキョからゴーキョリまで走って登り、トレーニングしているらしい。
(((((((( ;゚Д゚)))))))スゴッ

なぜ、ベースキャンプに人がいないのか聞いてみた。
⇒ ガッカリ!エベレストベースキャンプに人はいない


登山家のおっちゃん曰く…。
「エベレスト登頂に適した日は年に2、3日しかない。」
「そのときにはたくさんキャンプしている団体がいるが、今はその時期ではない。」

エベレスト登頂に適した2、3日を狙って殆どの登山隊がアタックするものだから、その日は長蛇の列ができ、山頂が見えているのに何時間も待たなくてはならないらしい。。

「エベレストに登るのは勲章のようなものだ。でも、もっと素晴らしい山々はたくさんある。」
とのこと。

エベレストは登る山ではなく、眺める山なのね。
富士山と同じか(笑)
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 01 / 28 | Category : エベレスト街道トレッキング  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する