ルクラを過ぎ、チャウリカルカからサレリまでは3日かかった。
大雨あり、洪水あり、スリップあり、アップダウンあり…。
地元道なので、舗装もあまりされておらず、大雨で道が濁流になっている箇所も…。

想像以上に大変だった。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

27日目:チャウリカルカ~カリコラ(8.5h)
28日目:カリコラ~タクシンド(7.5h)
29日目:タクシンド~サレリ(5h)


道中、サレリ手前の町「パブル」からもカトマンズ行きのバスが出ているという情報をゲットしていたので、意気揚々とパブルでバス予約をする。

・・・。
・・・。
・・・。

何やら、困っている様子。
あちこちに電話をかけてもらった結果…。

「明日はバスもジープも出ない」
(((((((( ;゚Д゚)))))))

ぉぃぉぃぉぃぉぃ!!!
話が違う!!!

何やら、カトマンズが燃料不足だの何だの言っている。
「燃料不足でバスが出せない、いつ来るのか分からない。」
「少なくとも明後日も来ない」
言っていることは分かるが、その意味が理解できない。

燃料不足??
そんな話知らないし!?
行きは普通にジリ(シバラヤ)まで来られたし、何の問題もなかったはずなのに!!


1ヶ月間も山篭りしている間に、ネパールの情勢が大きく変化していたのだ。
⇒ 地震の次は経済制裁!?ネパールに追い討ちをかける燃料不足の原因と現状と治安情勢

インドとの関係悪化により、ガソリン、ディーゼル、ガス、医薬品などのインフラが制限され、ネパールは危機的な状況になっていた(現在はネパールがインドの要求を譲歩する形で復旧している)。

ガソリンの価格は、約5~6倍に高騰し、燃費の悪いバス(とくにネパールのバスは旧型なので燃費が悪い)は、走れない状況だったようだ。

不足前:120円/L
不足後:600~700円/L(闇価格)


ヤバイヤバイヤバイ!!
まさかのサレリで行き場を失ってしまった。
(((((((( ;゚Д゚)))))))


想定外!!


こんなときは、情報を集めて、頭を整理する。

カトマンズへ帰る方法


① サレリでバスが来るまで待つ
② ルクラに戻って飛行機で帰る
③ ジリまで歩いてバスに乗る
④ ジープを探しまくる
⑤ 歩いて、バスが出る町まで行く


①~④は不確定要素が多い。
⑤は確定要素だが、なかなか大変そうだ。
バスは「オカルドゥンガ」という町からカトマンズまで出ているらしい。
歩いていける距離らしいので、携帯地図を見ると…。
表示しない…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

オフライン地図を使っていたので、イレギュラーな場所まで読み込んでいなかったのだ。
⇒ 一度使ったら手放せない!自転車乗り必須地図アプリ「Galileo オフライン地図」


ネットカフェなんぞ、あるはずもない。
⑤も詰んだ…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

打開策を考えた結果…。

Field_14489.jpg


通る町を書き出してもらった。

Phaplu – Salleri – Garma – Salme – Belidanda – Bagkhor – Pattle – Dhap – Thare – Torke - Chitre - Bipare - Okhaldhunga

長くね?
(((((((( ;゚Д゚)))))))

教えてくれたおじさんの話によると、歩いて12時間ぐらいで着くらしい。
その町で1泊して、早朝にバスが出ているはずだ!

と教えてくれた。
僕らの唯一の確定要素。

でも、僕は疑い深い性格なのだ。

本当に12時間で行けるのか?
本当にバスが出ているのか?
本当にサレリでジープやバスが捕まらないのか?

セカンドオピニオンと自分の目で確かめたい。
と言う事で、ひとまず、サレリに向かうことにした。

途中、ジープを見つけたので、藁にもすがる思いで交渉する。
すると、ジープに乗せてくれた。

ヒッチハイク成功っ!!!

キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!





しかし、サレリで下ろされる(笑)
その代わり、貴重な情報を教えていただいた。

サレリ発のジープがある!!
ジープのことなら、この宿に聞くといいよ。
と、宿「Laxmi Lodge」を紹介してもらった。

Field_14490.jpg


オーナーにジープについて尋ねると…。
「明日のジープはもうない!!」
(((((((( ;゚Д゚)))))))

マジか。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

再度、絶体絶命。
ガックリしていると…。

「明後日なら、空いているよ!」


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


起死回生のジープ発見。
何とかなるもんだ。

後で調べて分かったことだが、「オカルドゥンガ」まで12時間で行けると、おじさんが言っていたが、距離にして55キロだった。

(((((((( ;゚Д゚)))))))
危なかった(笑)
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 02 / 10 | Category : エベレスト街道トレッキング  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する