ネパール航空は、ネパールで唯一の国営航空会社(フラッグ・キャリア)である。
以前は、ロイヤル・ネパール航空であったが、2006年の国王の権力停止と国名改称(ネパール王国→ネパール連邦民主共和国)によって、社名から王国をあらわすロイヤルが削除され、ネパール航空に変更になった。
nepal_airlines_logo.jpg
国際線は、ボーイング757-200とエアバスA320-233が使用されているが、EUが「安全性に問題がある」として、他の全てのネパールの航空会社とともに2013年12月5日からのEU域内への乗り入れ禁止を決定された。世界で最も安全な航空会社&危険な航空会社ランキングにおいても、ネパール航空はワースト評価(1~7の7段階中1)を得ている。
(出典: AirlineRatings – World’s safest airlines for 2017

というのも、ネパールへの国際線が発着するトリブバン国際空港は、その立地条件から周囲を高い山に囲まれているために離着陸が難しい空港であり、さらにレーダー等の設備が脆弱なため、航空事故も数多く起こっている。そのため、レーダー施設等は、JICAと日本政府の政府開発援助無償資金(約10億円)とNECの技術協力により、設置されている(2015年完成)。

誰も知らないところで、世界で日本は役立っていると、世界に出るとよく感じさせられる。
⇒ ATMもお金も宿もない!窮地のときにヒトの本質が「助け合い」だと感じた瞬間
⇒ サレリからジープでカトマンズへ!バスよりハードなジープ移動の全貌

僕たちが滞在していたときのネパールはインドによる経済制裁によって、ネパール国内の燃料がストップし、ジェット燃料も供給できず、中国東方航空や中国南方航空が運休すると言う緊急事態に陥っていた。
⇒ 地震の次は経済制裁!?ネパールに追い討ちをかける燃料不足の原因と現状と治安情勢

そんな世界で最も危険と言われているネパール航空に縁あって乗ることになったので、その搭乗記を紹介する。
トリブバン国際空港のチェックインカウンターの話はこちら
⇒ トリブバン国際空港(ネパール カトマンズ)でワイロを踏み倒した件


ネパール航空搭乗記 基本情報


IMG_1263.jpg

区間 : ネパール(カトマンズ) ⇒ タイ(バンコク)
乗継 : 直行
時間 : 11:15~15:50(3時間20分)
機材 : AIRBUS 320-200
クラス : エコノミー
航空券代 : 約21000円(自転車込み)
マイル加算 : なし
預け荷物 : 30キロまで無料(個数無制限)
持ち込み手荷物 : 7キロ
超過料金 : 280ルピー/kg

僕たちは現地のネパール航空で直接予約した。
今なら、スカイスキャナーからも予約できるっぽい。


機内の様子は?


Field_14848.jpg

個別モニターなどの豪華さはないが、至って普通。
シートの広さも普通。
清潔感もあり、機体は新しい部類だろう。
ヘッドレストには、使い捨ての布、ブランケットも各席に1つずつ置かれていた。

うん。至って普通だ。


機内食は?サービスは?


IMG_1268.jpg


離陸後、少しすると、機内食が運ばれてきた。
チキンカレー、アチャール(漬物みたいなの)、パン、ジュース、謎デザート(春雨に甘いヨーグルトをかけた感じのもの)が出てきた。食後には、紅茶かコーヒーが飲める。
決して豪華とは言えないし、謎デザートにはびっくりさせられたが、普通に食べられるレベル。同じ価格帯のLCC(経由便)には機内食は付いていないので、お得感満載だ。
もちろん、キャビンアテンダントに言えば、追加の飲み物やアルコールも無料で飲める。

満足だ。


まとめ


Field_14852.jpg

事前評価がどこを調べても最悪だったので、多少ビビッていたが、至って普通。
機材は思ったより新しく、機内食もでる。
航空券代も安く、直行便、自転車も預けられる。
タイで受け取った自転車も無傷だったため、丁寧に扱われていたと思われる。

豪華さや娯楽はない(映画見られない、コンセントなし)が、何不自由ないフライトだった。
LCCを使えば、機内食も出ないし、経由地での待ち時間等が含み、かなりの時間とストレスを要するだろう。

今回、ネパール航空を選んで正解だったと思う。
世界一危険な航空会社となっているが、とくに問題ないと思われた。
危険だと言われていても実際体験するとそうでもないことって、よくあるものだ。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 05 / 22 | Category : 〔 ネパール 〕  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する