タイのバンコクやアユタヤを自転車で走っていて、非常に気になることがあった。
日本でも良くみるコンビニエンスストアの数が日本以上に多い気がするのだ。
そして、そのコンビニは「セブンイレブン」が大多数を占める。

どれだけ多いのか。

1分歩けば3軒のセブンイレブンを通り過ぎるときも。
いや、ホントにこの感覚。

街の写真
Field_15130.jpg


セブンイレブンがある普通の写真だと思うかもしれない。
少し角度を変えてみよう。
Field_15126.jpg


分かったかな?
セブンイレブンが隣り合っている。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

タイ人、セブンイレブン好き過ぎる疑惑。
ちなみに、この場所は観光地でも何でもない。
バンコクとアユタヤの間の街の写真だ。
さすがにこの周りにコンビニないよなーっと、少し歩くと、1分でセブンイレンブン発見できる(笑)
疑惑から、確証に変わってきた。

タイにどれだけのセブンイレブンがあるのだろうか?


タイのセブンイレブン数 世界第2位


con1.jpg
(2017年5月末現在)

衝撃の事実だ。
セブンイレブンって、こんなに世界進出していたんだなー。
日本が1位なのは、当然かなと思う。
第2位がタイ…。
アメリカではなく、タイ。
しかも、アメリカは日本式のコンビニではなく、ガソリンスタンドに併設している小さな店舗が主だ。日本式コンビニで成長しているタイは本当にセブンイレブンが好きなのかもしれない。

ちなみに、セブンイレブン数 世界1位の日本の地域別店舗数は

関東:7622 店
関西:2604 店
タイ:9788 店

タイの方が上回っている。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

やはり、タイ人は日本人並にコンビニを愛している。
では、タイのセブンイレブンの商品ラインナップはどういったものなのだろうか?
日本と同じなのか?違うのか?
気になるところだ。


タイのセブンイレブン商品ラインナップ


店舗の雰囲気は日本と全く同じ。
外観も店員の制服も同じ。

レイアウト、商品構成も似ている。
ただ、全ての商品が現地の方々に受けるような内容になっている。
値段は日本の3~5割引といった感じだ。
印象に残った商品を列挙していく。

ランチパックの中身は豚の炒め物


Field_14911.jpg

どこから見てもランチパック!
ただ、中身がタマゴでもツナでもない。
タイ人が好きな豚の炒め物。
普通に美味しい。

カレーパンはタイ風?


Field_14946.jpg

味は、タイカレー風ではなく日本のカレーパンだった(笑)
そこは日本風なのかよ!
と、突っ込むこともしばしば。

サツマイモパン?いやいや、タロイモパン


Field_14947.jpg

ココナッツ入りタロイモクリームパン。
こってり甘く、ココナッツの香と芋の風味がマッチして美味しい。
タロイモはサツマイモのような味。
タイで芋といえばタロイモがメジャーだ。
現地のものを上手に使っている。

バンコクバナナみ~つけた


Field_14948.jpg

東京バナナもどきをセブンイレブンで発見!
見た目だけでなく味も東京バナナとそっくり。
単独で食べると味の違いは分からないほどだ。
ただ、東京バナナより圧倒的に安い(笑)

おにぎりは完全に日本仕様


Field_151531.jpg

なんと鮭おにぎりが買えてしまう。
米もちゃんとした日本米で、美味しい!
海苔もパリパリ日本仕様。

その他にも・・・。

とびっこおにぎり
Field_15168.jpg


蟹マヨおにぎり
Field_15180.jpg

おにぎり、うましっ!!


タイで人気のこの食材は?


Field_15169.jpg

このチューブ状のものに入っている食べ物。
食べ方は、先をカットし、ブチューと中身を押し出して食べる。

これは日本と全く食べ方が異なるが、「卵豆腐」なのだ。

味は日本と全く同じ。
タイ人はおやつ感覚で卵豆腐を食べている。


タイのセブンイレブンは、ベースは日本と同じだが、現地の食材などを上手く使った商品、サービスが提供されていた。コンビニは日本人と同様、タイ人にとっても生活の一部となっており、老若男女に愛されていた。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 06 / 26 | Category : タイ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する