カンボジアの道と言えば、「赤土のバンピングロード」が思い浮かぶ。
10年以上前に初めてタイ カンボジアの国境を陸路で渡り、ピックアップトラックで移動した思い出の一部だ。

10年以上前・・・、この車に乗って、国境からシェムリアップまで行った(笑)

DSC00570.jpg


アスファルトの道路はごく一部で、その舗装道路も路肩はなく、一車線か!?と思えるぐらい細い。
その他は赤土のオフロードがひたすら続く。

DSC00585.jpg


穴ぼこがそこら中にある未舗装の道をかっ飛ばすため、車体が恐ろしく上下に揺れ、注意を怠ると、車から落ちそうになる(笑)

あまりにも激しい道のため、猿岩石がユーラシア大陸をヒッチハイクしたことで有名な「電波少年」という番組でその道路を補修するという企画をしていたぐらいだ。

企画名は「アンコールワットへの道」



で、現在はどうなっているかというと…。


バンピングロードの現在は?(ポイペト~シェムリアップ)


Field_15392.jpg

完全舗装されていた!!
路肩も十分にあり、あの赤土のボコボコ道はなくなっていた。
自転車にとっては、相当走りやすい。
赤土だと、速度が乗らない上、砂が舞うので、本当に大変なのだ。


子供達も多く、沿道から「ハロー、ハロー」

Field_15403.jpg


笑顔に囲まれ、走っていて本当に楽しい!
カンボジアを自転車で走るって、こんなにも楽しいものだと思わなかった。

Field_15406.jpg


これだけでも10年でカンボジアは大きく変わっているように思えた。
ポルポト政権の大虐殺(カンボジアの悪夢)から40年、時代は変わろうとしているのかもしれない。

しかし、道路が整備されても一歩主要道路から外れると…。

Field_15409.jpg

赤土の粉塵舞う、昔のカンボジアが思い出される。
荷物を運ぶ車も安定の重量オーバー(笑)

IMG_1297.jpg


10年以上前と比べると、人の顔が明るくなっているように思えた。
どこか影のあった時代から、脱却しているのかもしれない。
物乞いが明らかに減っている。

そんなカンボジアの旅は始まったばかりだが、何だか楽しい予感がする!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 08 / 18 | Category : カンボジア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する