単独では文章が続かないけど、ちょっとしたネタがカンボジアにはいっぱいあったので、一つ一つ真面目に突っ込んで行こうと思う。
小ネタと言えば、関西で絶大なる人気を誇る探偵ナイトスクープの「小枝探偵による爆笑小ネタ集」が面白かったなぁ。

Here we go!


ドリアン、ジャックフルーツ禁止!


Field_15487.jpg

ちょっと小洒落た店に書いている場合が多い。

タバコ禁止。
動物禁止。
ドリアン禁止。

何とも南国っぽい。
ちなみに、ドリアンは「麝香(じゃこう)の香りを持つ果物」、「果物の大様」とも言われ、強烈な異臭がする。ジャックフルーツもドリアン同様、強烈な臭いがするため、持ち込み禁止の場所は多い。ホテルにも持ち込み禁止の場所もたまに見かけた。

Field_16552.jpg


におい取れないのかな。

   


ジャックフルーツの不思議


IMG_1325.jpg

ジャックフルーツ(別名パラミツ)は、クワ科パンノキ属の常緑高木。
原産はインドからバングラディッシュと言われている。その果実は長さ70cm、幅40cm、重さ40-50kgに達することもあり、世界最大の果実といわれ、ドリアン同様、独特の強烈な臭いを発する。

たまたま民家で休憩させてもらっていたとき、庭にジャックフルーツの木を発見した。
巨大な実は、幹から直接ぶら下がっていた。

IMG_1324.jpg

幹に直接実が生えている植物って見たことがなかったので、不思議だった。
40-50キロもの重量に耐えるために、枝ではなく幹に実がなるのか…。
と、納得してしまった。

こういう植物は調べてみると「幹生花(かんせいか)」と言われ、ジャックフルーツのほかに、カカオ、ドリアン、パパイヤなどがこの種に属する。
ちょっと気持ち悪かったのが、「ジャボチカバ」という植物。

nyu1.jpg

ライチやブドウのような味わいらしいが…。
実っている姿を見ると、ちょっと食欲を失ってしまうな。


苗木が売っているようだ!日本でも育てられるらしい。



荷物運びすぎバイク


Field_16608.jpg

田舎道を走っていると、移動スーパーのようなものを見かける。
明らかにバイクの馬力を上回っている積載量。
鍋、クーラーボックス、お菓子、玩具、乾物、ジュース…。
何でも売っている。

でも、クーラーボックス多過ぎじゃね?
あっ、カンボジアの一般家庭に冷蔵庫なかったんだ。
クーラーボックスは、カンボジアでは必需品なのだ。


豚を運ぶバイク


Field_16554.jpg

バイクは何でも運ぶ。
生き物も運ぶ。
大量の鶏を運ぶバイクも見た。
何よりもすごかったのが、豚を運ぶバイクだ。
一瞬死んだ豚を運んでいるのかと思ったが、生きている。
2匹も運ぶバランス感覚、梱包技術、素晴らしい!


ペプシの入れ物の中身は?


Field_16653.jpg

カンボジアでは、この瓶をよく見る。
色は黄色か赤色が多い。

ペプシの入れ物に入っているが、この中身を絶対に飲んではいけない。
この中身は「ガソリン」だ!
バイクに入れるガソリンは少量でよいので、ペプシの瓶単位で売られている。
確かに、瓶単位にすれば、計量しなくて良いし、入れるのも楽だ。
でも、もうちょい綺麗な瓶に入れてほしいものだ。


自転車、鞄はメイドインジャパン


Field_16615.jpg

カンボジアの子供は学校に行くのに、よく自転車に乗っている。
僕たちと張り合って、一緒によく併走していた(笑)

乗っている自転車のほとんどが「ママチャリ」だ。
日本人の名前入りのものも多い。
日本のものを再利用して、売られている/寄付されているのだろう。
鞄もランドセルを背負っている子供がチラホラ。

モノに溢れ、モノを粗末にしがちな日本での生活。
日本で使われなくなったモノたちが、カンボジアでセカンドライフを送っていると思うと嬉しい。


リアル過ぎるおじいさん


Field_16101.jpg

シェムリアップの街を適当に歩いていると、視線を感じた。
振り返ると、おじいさんがこちらを見ている。
一瞬、本物かと勘違いしたぐらいだ。

「いい仕事してますね~」

ちょっと興味はあったが、異様な空間だったので、店の中には入らなかった(笑)


タイ式マッサージの見学は恥ずかしい


Field_16109.jpg

友人がマッサージに行きたいと言うので、タイ式マッサージに連れて行った。
僕は見学。
そのついでに、写真を撮らせてもらったのだが…。

何だか恥ずかしい(笑)

マッサージをされている側は何も思わないのかもしれないけど、見学って恥ずかしい。
マッサージは見るものではないと悟った(笑)

ということで、写真を数枚撮って、退出させていただいた。


メイドインカンボジアは気をつけろ


Field_16525.jpg

友人がシルクのTシャツを買っていた。
タグには「SIEM REAP CAMBODIA」
素材は「100% SILL」

Field_165252.jpg

えっ。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

シルクじゃない!!
シルルやん!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

と、ちょっとお高いシルル100%のTシャツを購入したのであった。
気をつけろ!


日本人が寄付した学校は…


Field_16861.jpg

カンボジアを走っていると、よく日本企業の寄付によって建設された学校をよく見かける。
ワタミなんかもあった。

たまたま自転車がパンクして寄った学校。
School Aid Japan「 Yume School 」

素晴らしいことじゃないですか。

Suzuyoshido Dream School 2

株式会社 鈴吉堂の寄付で建てられた2つ目の夢学校か。
いやー。素晴らしい。
カンボジア人が優しいのもこのような活動を行っている人たちの賜物のような気がする。

鈴吉堂ってどんな会社だろって、興味を持った。
名前から考えて、和菓子屋か?って思いながら、調べてみたら。

葬儀業だった…。
⇒ 東京葬儀の鈴吉堂

葬儀業の夢学校。
何だか複雑な気分になった。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 10 / 20 | Category : カンボジア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する