アジアに入ってから、物価が安くなったため、専ら外食をしている。
自転車走行中はお腹が空いてきた頃合に見かけた食堂や屋台を利用していた。

ローカル食堂は鍋に数々のオカズが置かれており、鍋の蓋を勝手に開けて、コレとコレとご飯。みたいな感じで注文する。

Field_16676.jpg


5000リエル(約150円)程度で食べられるので、やっぱりアジアは外食に限る。
野沢菜の漬け物風のおかずとコブミカンの葉が香るタイっぽいピリカラおかず。
たまに激辛おかずもあるので注意が必要だ。

Field_15387.jpg


暑いカンボジアで日中ずっと屋外で置かれている鍋…。
衛生的には間違いなくアウトだが、胃腸がそれに合わせて強靭になっていく(笑)

そんな食堂や屋台で食べたものを紹介する。


カンボジアのローカル食堂


絶品焼き豚と漬物が日本を感じる


Field_16835.jpg

朝食に入った食堂で出てきた料理。
英語も通じない店だったので、近くの人が食べていた料理をチョイスしてみた。
出てきた塩焼き豚のブッカケご飯がかなり美味しかった。
僕の中ではカンボジアで一番美味しかった。
きゅうりの漬物が美味しく、スープもホッとする味だった。
アジアに入ってから、味付けがどんどん日本に近づいている気がする。

ローカルな食堂でも氷でキンキンに冷やしたジャスミンティ(無料)がついてくるのはうれしい。

ちなみに、カンボジア美味しかった食べ物第2位は、超田舎の売店で買った芋餅で衝撃のおいしさだった。

Field_16901.jpg


タイより辛さは控えめ


Field_15442.jpg

タイカレーをマイルドにしたようなものと、卵と野菜、豚肉の煮物。
タイでは強い辛味があったが、カンボジアでは優しい味でほっとする。


納豆風味の味噌が結構美味しくてくせになる。

Field_15442.jpg

Field_16836.jpg


麺料理も日本人の口に合う


Field_15388.jpg

ヌードルの店も多い。
ヌードルは約3000リエル(約100円)程度。
麺は、ボイルが必要なインスタント麺に熱湯をかけているだけのような食感。
これ絶対茹で足りないっていう硬さのものもあった。

しばらく食べているうちに伸びてきて柔らかくなる。
ワンタンのような麺や、ビーフンのようなスープ麺もあった。
出汁はタイに比べて甘くなくて、美味しい!

鶏だしがしっかり効いていて、具だくさんで美味しい!

Field_16830.jpg


滋養強壮満点の孵化しかけの卵


Field_16643.jpg

東南アジアではお馴染みの、孵化しかけの卵。
滋養強壮、栄養満点のパワーフードと言われている。
カンボジアでは「ボンティアコーン」と呼ばれる。他の国では…。
フィリピン:バロット
ベトナム:チュヴィロンまたはホヴィロン
中国:毛蛋、死胎蛋、鴨仔蛋(広東語)
などと呼ばれる。

食べ方は、卵の殻のてっぺんを割り、スープをすする。
卵黄、雛を食す(白い胎盤は食べない)。
といった感じ。

味は、スープはブイヨン(鳥出汁)のような味、卵黄部は普通のゆで卵と比べ、弾力があって食べ応えがあった。雛は嘴や骨があるため、エビ殻のようなパリパリとした食感だ。

見た目は食欲を無くすかもしれないが、現地では人気料理の1つ。
味は美味しいので、食べる価値はある。


強烈な臭いを発するカンボジア版味噌?「プラホック」


prahoph.jpg

食堂では必ずといって良いほど置いてある、プラホックという調味料。
孵化直前の卵の写真なら、左の赤い容器に入っている。

鯉などの淡水魚の塩漬けを発酵させた塩辛のようなものだ。
良く言えば、煮干しのようなアンチョビのような、うまみが強く、珍味的な美味しさ。
悪く言えば、金魚の餌のような臭いと思えなくもない(笑)
なれ鮨の原型みたいなものなのだが、うまみは強いが臭い!!
発酵と腐敗の境界線が分からなくなる味だ。

好き嫌いはハッキリ分かれる味だろう。


ジュースは袋入り


Field_16878.jpg

カンボジアの商店には冷蔵庫はない。
商店に限らず、一般家庭にも冷蔵庫は基本的にない。

でも、暑いカンボジアには冷たい飲み物が必要だ。
氷の入った大きいクーラーボックスで皆商売をしている。

ジュースは袋入りが多い。
袋にストローを直接差して飲む。写真はエナジードリンク風ジュース。
冷たい飲み物が飲めるのは幸せだ。

なぜ、カンボジアの田舎では袋ジュースが普及しているのだろうか。
と、ふと疑問に思った。

缶や瓶に比べコストが安い。
袋は軽いので輸送も楽。
もちろん、それも理由の1つだろう。

一般家庭に冷蔵庫がないことも、理由の1つのような気がする。
袋ジュースは「買ったその場で全て飲む」。
ちょっと飲んで、また冷やして飲みなおす。といった行為はカンボジアではほとんどしないのだろう。
そのため、缶や瓶のように途中で保存する必要がない。

何だか当たっているような気がしてきた。


カンボジアの料理は総じて、味付けも日本人の口に合う優しいものが多かった。
田舎の食堂にも絶品料理が隠れているので、ジェスチャーを駆使して、料理にありつこう(笑)
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 10 / 23 | Category : アジア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する