ラオスの食べ物は、一部激辛のものもあるが、ほとんどが美味しい。
タイ・カンボジアよりも甘さが少なく、素朴な味付けだ。
価格設定はカンボジアとタイの間に入る。
カンボジアでは冷蔵庫がなかったが、ラオスに入り、冷蔵庫が普及していた。
(食にとっては大きな違いだ)

さて、今回、ラオスの食を価格設定から見て行こうと思う。

100円以内で食べれるもの


照り焼き味の練り物串 15円


Field_16937.jpg

6つの照り焼き風練り物が15円!!
田舎の屋台は激安商品がたまにある。
照り焼き風なため、味も間違いない。

バゲットが30円、具入りは75円


Field_16994.jpg

カンボジアのバゲットも美味しかったが、ラオスのも美味しい。
外はパリパリ中はモチモチだ。
具入りのバゲットサンドはミンチ肉のおかずで美味しい!
ついつい路上で見かけると、買ってしまう。
自転車の燃料は食料なので、何の躊躇もなく購入。

75円(5000キープ)が軽食の目安


Field_16961.jpg

上記のバゲットサンドと同様に75円が軽食の目安だ。
卵入り肉まんとカスタードまんも75円。
豆乳ドリンク黒ゼリー入りも75円。
アジアは買い食い天国のため、生活しやすい。
(現地人も買い食いしまくり)

Field_16960.jpg

レストランに入ってもセット料理じゃなく、単品料理で頼む場合、1品75円のところも多い。
2人で200~300円ぐらいで十分お腹一杯になる。

Field_16949.jpg


100~200円で食べられるもの


おかずたっぷり丼が150円


Field_17101.jpg

ベトナムに近づくと、定食が現れた。
たっぷりのご飯の上に色んなおかずがのっている。
卵焼き、厚揚げ、肉、魚、菜っ葉炒めがのったボリューミーな丼だ。
魚も肉もたっぷり乗っていて甘辛味が美味しい。
お腹もいっぱいにしなるし、ハズレがないため、よく利用していた。
値段も150円と格安なのだ。


優しい味のラーメン(フォー)が150円


Field_17001.jpg

麺は米でできていたので、ベトナムの「フォー」に近い。
タイのように生野菜がついてくる。
もやし、ドクダミ、インゲン豆、春菊などを生で食べる。
アジアに入って、様々な香草や、日本では火を通して食べる野菜を生で食べるのには慣れてきていたが、ドクダミは、香りが強すぎ、辛くて生食はきつかった。
生のインゲン豆はかなり青臭い。

生野菜でも虫でも出されたものは完食する主義なので、全て食べた。

後で知ったことだが、インゲン豆の生食は食中毒の可能性もあるので注意が必要だ。
⇒ 白インゲン豆の摂取による健康被害事例について(厚生労働省)

途上国での生野菜も胃腸が弱い人は危険かもしれませぬ。

200円以上の食べ物は?


Field_16925.jpg

最も高かったローカル食堂はカンボジアからラオスに入って初めて入った食堂の「300円」だ。
ナンプラーが効いた野菜肉炒めと目玉焼きがご飯の上に乗ったもの(スープつき)。
今思えば、値段聞いてから、答えるまでに少し考える間があったことから、多少、外国人向けの値段だったのかもしれない。

料理は美味しかったけど、店構えが…。

Field_16921.jpg

これだもんね。
それでも安いラオスでした。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2017 / 11 / 20 | Category : アジア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する