ベトナムの田舎町(ドンホイ)から首都(ハノイ)にやってきて、最も驚いたことは…。

バイクの洪水だ。

Field_17315.jpg

どこを見てもバイク、バイク、バイク……。
年配のおばさんが買い物袋をぶら下げてバイクを乗り回している。
小さな子供を乗せて3人乗り、4人乗りといった光景も日常に見ることができる。
一体どこでどう間違えればこのような文化の違いが起こるのであろうか。

Field_17317.jpg

この中を自転車で走ることはできるのだろうか…。
とビビる。

なぜ、ベトナムがココまでバイク天国になったのだろうか。
と、ふと疑問に思ったので、その理由を紹介する。

まずは、ベトナムの道路事情の現状から。


ベトナムの道路事情は?


交通ルールはないに等しい


バイクの洪水の中、自転車を走らすのは恐怖以外ない。
その上、交通ルールはない。
バイク乗りは左右の確認をしない。
後方確認をしない。
前だけしか見ていない。
平気でバイクが歩道を走り、ショートカットする。

いつ事故が起こっておかしくない状態だ。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

その上、慢性的な交通渋滞である。

でも、事故は意外と起こっていない。
きっと、慣れなのだろうか?

対策としては、僕達も左右を気にせず、真っ直ぐ、変な動きをせず、一定の速度で走ることが良い気がした。
でも、ハノイは自転車で走る場所ではないため、一刻も早く郊外に脱出した方が良いと思う。

道路状況は?


IMG_1361.jpg

コンクリートの質は良いが、路側帯に土が多く、雨が降れば、自転車が大変なことになる。

Field_17340.jpg

Field_17338.jpg

もう、大変。
バイクも同様にドロドロになるため、宿には大抵、バイクの洗浄のためのホースが備え付けられているので、洗車はやりやすい環境だった。

また、都市は大気汚染が激しいので、注意が必要だ!

この現状を踏まえた上で、ベトナムがバイク天国になっている理由を紹介する。


ベトナムがバイク天国になった理由


ベトナムの車、バイク、自転車の普及率


carbike.jpg
自動車・バイク・自転車の世帯普及率の国際比較2014年より抜粋)

日本は、自動車が一家に一台あるのは当たり前。
一家に二台の車を所持している家庭も決して珍しくはない。
バイクは5世帯に1世帯(20%)が所持し、日常乗り回すというより、単なる趣味または、学生の「足」程度の役割でしかない。

一方、東南アジアのベトナムでは日本と全くの逆だ。
86%の世帯がバイクを所持し、車はほぼ持っていない。
ベトナムではバイクが車の役割を果たしているのだ。

ベトナム人にとってバイクは財産


1990年代後半、ベトナムにバイクメーカーの「ホンダ」が市場参入を果たした。
当時のバイクの市場価格は日本円で約17万円。
ベトナム人の月収4~5ヶ月分に相当し、かなり高価な買い物であった(日本で車を購入する感覚と同等)。
また、ベトナムではバイク1つあれば様々な仕事ができるため、バイク=財産として捉えられ、故障の多い中国メーカーのバイクより、高品質なホンダ製のバイクが市場を席巻していった。
現在でも日本製のバイク(ホンダ、ヤマハ)が大半を占めている。

でも、自動車があればバイクよりもっと快適に様々な仕事ができるのでは??
なぜ、普及しないのか。

自動車が普及しない理由


ベトナムの自動車普及率はわずか2%だ。
見かける車のほとんどは、タクシーまたは社用車で一般家庭はほぼ所有していない。

なぜか?

その答えは明白だ。
「高すぎる」のだ。

ベトナムの自動車は世界一高いと言われている。
ベトナムでは自動車の輸入に関税がかかる上、政府が莫大な手数料を上乗せし、政府が裏で自動車の普及率を操作している。
その理由として以下の理由が挙げられる。

理由①:渋滞の悪化を懸念
理由②:排気ガスによる環境汚染の懸念
理由③:需要と供給

確かに現状でも慢性的な渋滞、大気汚染の深刻化、バイク偏重が起こっているため、ベトナムに自動車を大衆化させるのは抜本的に変えない限り難しいだろう。

世界一高いベトナムの自動車の価格


上記したように、ベトナムの自動車は政府主導により世界一高い値段になっている。

具体的な例を挙げると、
日本で150万円程度で売られているカローラが、ベトナムでは400~500万円以上もする。ベトナム人の平均年収は100万円以下なので、一般家庭には手が出ない値段設定になっているのだ。
日本に換算すると、1500~2000万円の買い物をすることになる。

いやぁー、手が出ないよね(汗)

政府が関税の緩和、インフラ整備を整えるまで、ベトナムの一般家庭が車を所有することはないだろう。
ますます、バイク天国に拍車がかかるのは言うまでもない。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2018 / 01 / 21 | Category : ベトナム  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する