ハノイから約200km進むと、「ハロン湾」というベトナムの世界遺産があった。

halon.jpg

ハロン湾とは…。
ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾。漢字表記は下竜湾。大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル帝国の侵攻の際には軍事的に利用された。

彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨や霧によってまた趣のある雰囲気を醸し出す。
石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。

1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されている。
⇒ ユネスコ

一般的には、ハロン湾のツアーはハノイ発の日帰りまたは1泊2日が多い。
僕たちは、ハノイではなく、ハロン湾のある街(ハロン)でツアーに申し込んで参加したので、それについて詳細に紹介しようと思う。


ハロン湾クルーズを現地ツアー(ハロン)で申し込んでみた


ツアー内容


ハロン湾クルーズにも色々な種類があった。
ショートツアー、ロングツアー、現地泊ツアーなどなど。
僕たちはせっかく来たのだから、アクティビティもできるロングツアーに申し込んだ。

ツアー内容は
ティエンクン洞窟、カヤック体験、昼食、ティトップ島
合計8時間程度のハロン湾クルージングツアー(宿送迎付)だった。

現地ツアー代金は?


鍾乳洞等の入場料、昼食込で1340000 ドン/2人
(3350円/人)

8時間も世界遺産をクルージングでき、鍾乳洞、カヤックが楽しめるのに、安い!

ちなみに、ツアーではなく、直接ハロン湾に行き、渡し船(?)のチケットを購入する方法もあった。

IMG_1363.jpg


値段を見る限り、こちらの方が安く行けるだろう。
今回は、調査する時間がなかったので、さっくりツアーに参加した。


ハロン湾の現地ツアーの全貌


早朝に集合


Field_17532.jpg

7-8時間のツアーなので、早朝開始だ。
宿にミニバンが迎えに来てくれ、ハロン湾の起点となる港へ行き、同ツアー参加者と共に船に乗り込む。
その後、ハロン湾クルージングだ。

Field_17539.jpg


曇り空+ガスだったため、景色はいまいちだが、これはこれで趣があった。

Field_17397.jpg


残念な原色で彩られたティエンクン鍾乳洞(Dong thien cung)


Field_17370.jpg

まずは、ティエンクン鍾乳洞に行った。
ちなみに、ベトナムに入ってから2つ目の鍾乳洞だ。
⇒ ベトナムの鍾乳洞の世界遺産「フォンニャ・ケバン国立公園」と「天国の洞窟(パラダイスケーブ)」の行き方および現地旅行会社のツアーを比較する

鍾乳洞自体は、巨大かつ様々な造形美が見られ、素晴らしい。
ベトナムは鍾乳洞大国の1つなのかもしれない。

Field_17382.jpg

Field_17384.jpg

しかし、色が…。
色の使い方が派手すぎる。
光を当てるにしても、淡色にしてほしい。
ギラギラとした原色が多いと、パッと見は惹きつけるものがあるかもしれないが、何だか「安い」造形物になってしまう。
人の手で作ったアートではなく、鍾乳洞は自然美だと思っているので、光の使い方には注意してほしい。

Field_17378.jpg


しかし、日本の鍾乳洞と比べ、大きさは桁外れなので、見る価値はある。
ただ、光の使い方が残念だった。
その点、以前行った「パラダイスケーブ」は淡色で光の使い方が非常に上手だった。
⇒ 世界一美しい鍾乳洞「天国の洞窟(ベトナム パラダイスケーブ)」にレンタルバイクで行ったら悲劇に出会った


世界一美しいと言われる所以は、鍾乳洞自体の造形美と光の使い方が大きいのかもしれない。


世界遺産ハロン湾でシーカヤック


Field_17486.jpg

カヤックをしたことは何度かあるが、シーカヤックは初めてだった。
初体験が世界遺産って、何とも贅沢だ。

Field_17408.jpg


大小の奇岩を水面の高さから見上げると、より一層大きなものに見える。
さらに、洞窟のようなところにも探検できた。

Field_17423.jpg


ゆっくりとした時間の中、海をパドルで漕ぐ音が聞こえる。
シーカヤックも面白い。
ハロン湾に行くなら、このアクティビティーはオススメだ。


ティトップ島の眺めは…


Field_17519.jpg

ハロン湾は、切り立った島ばかりだが、このティトップ島は、数少ないビーチのある島として有名だ。
ちなみに、ティトップ島の名前の由来は、ガガーリンの次に宇宙へ行った英雄の宇宙飛行士、ゲルマン・チトフが由来だ。ホーチミンと一緒に、この島を訪れ、ベトナムとソ連の友好の証として、チトフ(ティトップ)の名前をつけたそうだ。

400段の階段を登ると、頂上に展望台がある。
眺めは良かったが、天気が…。
やっぱり、曇りの日の眺望は半減してしまう。
いや、幻想的な眺望なのですよ(笑)


船に戻れば、豪華な昼食


Field_17632.jpg

ベトナムは大皿に料理が盛られ、シェアする形が一般的だ。
ツアーでも同様に初めて会った人たちと、ご飯をシェアする。
人によっては、躊躇する人もいるかもしれないが、細かいことを気にする人はベトナムには来ないだろう(笑)
味も美味しく、大満足だった。


ハロン湾クルーズで締めくくり


Field_17625.jpg

最後に港に戻るまで、1時間程度のクルージングを楽しむ。
曇り空が眺望を阻む。。。
まぁ、雨じゃなかっただけ、マシだ。
うん。
一応、景色は見られたし、幻想的な雰囲気を味わえた。

Field_17613.jpg

これで約3000円!!
コストパフォーマンス最高じゃないか!!!

晴れのハロン湾をもう一度見てみたいな。

と思いつつ、ベトナムの天気について考えてみた。
ベトナムに入国してから、晴れ間を見ていない気がする。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

ベトナムの雨季は5~10月。
乾季は10月後半~4月。
訪れたときは、1月。

思いっきり乾季なはずなのに、雨と曇と予想以上の寒さに凍えていた。
ベトナムは年中温かいと思っていたが、まさか10℃を下回る日々になるとは思いもよらなかった。

ラオスとベトナムの国境付近は「アンナン山脈」と呼ばれる南北に長い山脈があった。
この山脈を越えると、気候がガラリと変わった印象だ。
何だか日本が近づいてきたと実感できた瞬間でもあった。

ベトナムの次が中国、そして日本。
もう、日本が目前まで迫ってきた。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2018 / 01 / 24 | Category : ベトナム  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する