中国は広い。
とても広い。

世界の面積ランキングおよび人口は
1位 ロシア(17,098,242 km2、1.4億人)
2位 カナダ(9,984,670 km2、0.36億人)
3位 中国(9,572,900 km2、13.8億人)
3位 アメリカ(同率)(9,525,067 km2、3.2億人)
5位 ブラジル(8,514,877 km2、2.1億人)

ちなみに日本は62位(377,972 km2、1.3億人)
思っていた以上に、カナダとブラジルの面積が大きく、ロシア、カナダの人口密度が低かった。

日本と中国を比較すると、面積は約25倍、人口は約10倍…。

世界の人口密度ランキングを調べてみると、ちょっと意外な事実がわかった。
日本の人口密度1として計算すると、

1位 マカオ(68.1)
2位 シンガポール(23.9)
3位 香港(19.8)
7位 バングラディッシュ(3.2)
8位 台湾(1.9)
13位 韓国(1.5)
18位 オランダ(1.2)
19位 インド(1.2)
21位 ベルギー(1.1)
23位 フィリピン(1.0)
25位 日本(1.0)
56位 中国(0.4)

と、なっていた。
マカオ恐るべし…。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

上位には国土が小さい国がランクインしていた。
オランダ、ベルギーが日本以上に人口密度が高かったことは、意外だった。
この理由は、オランダ、ベルギーは国土が小さく、山岳地帯がないことが挙げられる。国土が平坦なので、住居に適する場所が多く、過疎地域が少ないのだろう。平坦なため、オランダ、ベルギーは自転車大国でもあった。
⇒ オランダの自転車事情!橋がなくても船がある

ちなみに、東京を上記の指数で当てはめてみると…。

東京(45.0)

日本で最も人口密度が高い都道府県は東京なので、マカオは東京よりも人口密度が高いことが分かる。

また、人口密度が高いイメージのあったバングラディッシュやインドは思っていた以上にランクは低かった。
この原因は、日本と同様、都市部と農村部の人口差が激しいことが挙げられる。
世界の「都市」の人口密度を調べてみて、上記の指数に当てはめてみると…。

1位 ダッカ・バングラディッシュ(129.5)
2位 ムンバイ・インド(96.4)

やはり、バングラディッシュとインドがランクイン。
ダッカの人口密度は東京の約3倍…。
強烈すぎる。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

と、世界情勢ばかり書いていたが、本題は、中国。
中国には、大都市が「上海、北京、広州、深セン」の4つあり、中規模の都市は無数にある。
それぞれの都市間を高速道路や国道が張り巡らされている。
国土が広く、都市の数が多いため、アメリカを超え、世界最大の道路国家なのだ。

chinaroad.jpg


ちなみに、2007年の1年間だけで、日本の高速道路の総延長に匹敵する8300キロも建設されたらしい。
このように中国の高速道路、国道は近年目覚ましい建設ラッシュだったということだ。

そのおかげで、道路は思っていた以上にきれいで、路肩も広い。

IMG_1381.jpg

自転車には走りやすい環境にあると言える。
しかし、主要ルートを外れ、マイナールートに行くと、ダートになる。

IMG_1383.jpg


舗装した道路を走りたいので、出来る限り、主要ルートを通りたい。
しかし、今まで間違って高速に入ってしまったことが1度や2度ではない。
⇒ 恐怖!自転車が路肩のない海外の高速を走るとこうなる

国によっては、自転車も高速が走れる区間もあったり、そもそも道がないので、無理矢理高速を走らなければならない区間もある。

中国は、基本的に自転車は高速を走れない。
そのため、高速、国道などの見分け方は非常に大事だ。

chinamap1.jpg

中国では「G」と「S」で始まる道路がある。
Gは国道、Sは省道。
日本で言う国道と県道みたいなものだ。

グーグルマップでは、黄色または赤の道が普通の道、赤と緑の2色の道が高速道路だ。
しかし、中国ではグーグルマップは使えない。
インターネット規制が中国も激しく、色々と使えないものが多かった。
規制を回避するには、VPNを使えば良い。
イランも同様に規制が厳しかったので、以下の方法で回避したので、参考に。
⇒ グーグルが使え、Facebookが使えない!イランのインターネット規制事情とVPNによる回避方法

僕達は、インターネット規制の影響がないGalileo オフライン地図を使っていた。
⇒ 一度使ったら手放せない!自転車乗り必須地図アプリ「Galileo オフライン地図」


この地図アプリは非常に使いやすいが、事前にルート確認すると、中国の道路が目覚ましく発展しすぎており、マップに反映されていない箇所(道路がない)が多々あったり、どうしても高速を通らなければならないルートもあったので、不安要素は多かった。

そこで、中国版グーグルマップである「百度地図」を使っていた。

慣れるまで少し時間がかかるが、普通に使える。


さて、中国 初日に泊まった宿は、ベトナムに比べ、ボロく、暗かった。
ベトナムが如何に過ごしやすかったか、身にしみて分かる。

Field_17714.jpg


その宿で日本人自転車旅行者と合流し、情報交換をした。

Field_17715.jpg


東から来た自転車旅行者と西から来た自転車旅行者の情報交換は非常に大事だ。
今は、インターネットで情報はいくらでも拾えるが、やはり直前の生きた情報は何よりも安心できる。
⇒ 賢い旅人は先人の知恵に頼る タンザニアの宿の見つけ方


広い中国を旅するには、道路と地図の理解、そして、生の情報のおかげで迷うことなく旅できる!
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2018 / 03 / 05 | Category : 中国  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する