日本では大晦日から新年に向かい、各地で催しが開かれている。
除夜の鐘、初詣、カウントダウンイベント…。
基本的にしっぽり祝うのが一般的であろう。

中国の旧正月(春節)の初日は、日本とかけ離れたものだった。

地響きのような激しい爆発音。
飛び散る紙切れ。
むせ返るほどの火薬の煙。

深夜にものすごい音がしたので、びっくりした。
何が起こったのだ!?
と思い、慌てて外に出てみると…。

宿の前でおっさん達が脚立に何かをセットし、ニヤリと笑う…。

Field_17731.jpg


そして、鼓膜が破れそうになるぐらいのけたたましい音が響き渡ったのだ。

MAQ09161(1).jpg

爆竹だ。
この爆竹はここだけではない。
街全体に爆竹の音が響き渡っている。
決して観光客向けのイベントではない。
なぜなら、外国人が立ち寄る可能性がまずないであろうド田舎の小さな街だからだ。

強烈だ。

爆竹以外には花火が盛大に打ち上げられている。

Field_17744.jpg

Field_17747.jpg


花火も近くで打ち上げられると相当うるさい。
花火がヒューーーパンッッ!!
爆竹がバチバチバチバチッッ!!
鼓膜が破れそうなくらいうるさかった。


ただただウルサイだけの動画




中華圏は祝い事には爆竹を鳴らす習慣がある。
これは、爆竹の音で魔を払い、赤い紙が広がることで運気が上がるという信仰によるものだ。
春節は中国内で最大のイベントであるため、爆竹の使用量も最大というわけだ。
中国の最大火力に呆然とした。


爆竹の街を一通り楽しんだ後、宿に戻ると、ゆかが寝ていた(笑)
この爆音の中、スヤスヤと寝ている姿に爆竹以上に呆然としたのであった。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2018 / 04 / 21 | Category : 中国  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する