中国の深センから関西国際空港にたった3時間で到着する。

IMG_1416.jpg

早い。
飛行機って早い。
数日前まで、深センから上海まで約1500キロを自転車で走って、フェリーで2日かけて日本に帰国しようと思っていたので、劇的な変化だ。

余韻に浸る間もなく、ドリンク、ご飯と次々に消化していく。

IMG_1415.jpg

蕎麦を食べるのって、何年ぶりだろうか…。
改めて、日本なのだな。
と思わされる。

関西国際空港に着き、久しぶりの日本語の看板に感動するかと思いきや、中国で漢字ばっかり見てきたので、とくに感動することもなかった。

淡々と入国審査、関税と何も問題なくスムーズに。
2年ぶりの日本だから、何かもっとあるのかな。
と思っていたが、これまた、何もなくスムーズに。

きっと、日頃の行いが良いのと日本仕様の顔に変えたからに違いない。

changeface.jpg


日本に行く日に、髭を全剃りした。
旅行中に髭を全剃りしたことは一度もない。
元々、髭が薄いので、迫力は出なかったが、髭は旅人っぽい演出をしてくれる(笑)

髭を生やしていた本当の理由は…
「中東で舐められないために、髭を生やそう」
と考えていたが、中東の一般人は髭を生やさないという事実が…。
((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

髭の怪しさのおかげで、無事に帰って来られたのかもしれない(笑)


何事もなく、日本に帰国。
平日の昼間に急に帰国したのにもかかわらず、両親が出迎えてくれた。

Field_17880.jpg


数ヶ月前にカンボジアで会っていたのもあり、感動はなかったが、安堵はあった。
やっぱり日本はホームだな。

「ただいま」

と言える場所だな。
と改めて再認識できた。

よく世界一周をして価値観が変わった。
と言う話を聞く。
そういう価値観の変化はほとんどない。

でも、認識の再確認は非常にたくさんの場面で感じられた。

「当たり前のことが、すごいことだ」
「非日常は日常があるから楽しいことだ」
「日々の積み重ねが大きなものになる」
「ヒトはいかなる状況でも生きていける」
「ヒトは一人では生きていけない」
などなど。

世の中の仕組みがちょっと人より分かった気がする。
世界中の人と接して、思ったことは

「もっと気軽に生きるべきじゃないか」
「一生懸命に働いているヒトは少ない」
「人それぞれ色んな生き方がある」


ただ、日本社会にいると、こういった認識が薄くなっていく。

日本は比べる人が多いからだ。
人を批判する人が多いからだ。
スタンダードを気にする人が多いからだ。

人と比べるより、自分達がどうしたいかなのに。

しかし、日本の一般的な考え方は、すぐに侵食してくる。
すぐに小さくまとまってしまおうと考えるようになる。
だから、思い出すのだ。

経験があるから、思い出せる。
しかも、夫婦で思い出せ、共感できる。
迷ったときは、同じ感覚をもった人が隣にいる。
お互い修正しあえる人生って素晴らしいものじゃないか。

この経験が僕たちの自転車世界一周の一番の宝ではないだろうか。
楽しいこと、苦しいこと、違う角度で同じものを見てきた。
2人で行ったからこそ得た「共感できる経験」。
何事にも代え難いものになり、これからも生き続けていくのだ。


--------------------------------------------
2014年3月から2016年2月までの約2年かけた自転車世界一周。
ブログは2014年から2018年までの約4年半かけて少しずつ書き上げた。
「絶対に最後まで書き上げる」
と言う、粘ちっこい信念をもとに、少しずつ帰国してからも書き続けてきた。
日々の小さい積み重ねが大事なのです。

最後まで見てくれている方がいらっしゃったら、ありがとうございました。
そして、更新頻度が不定期ですいません(汗)

自転車世界一周は、一歩踏み出す勇気と多少のお金さえあれば、誰でもできるものだと思う。
踏み出す勇気、応援します。

※ブログは一区切りと見せかけて、まだまだ続けます(笑)
膨大なデータが僕を呼んでいるー!!

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2018 / 09 / 09 | Category : 日本  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する