島国の日本にとって、「出入国=空港」というイメージが強い。
世界を見渡すと、島国の国はごくごくわずかだ。

厳重な空港での出入国だけが、出入国ではない。
陸路での出入国のほうが圧倒的に多いだろう。

今回、アメリカからカナダで体験した自転車での出入国方法に関して紹介する。


バッファロー、ナイアガラフォールズ(アメリカ)からカナダに入国する方法は、2つある。

① PEACE BRIDGEを渡る(自転車も渡れる)
DSC00689.jpg


② RAINBOW BRIDGEを渡る
DSC00778.jpg


今回は、②のレインボーブリッジを渡って、カナダ側に入国を試みた。

DSC00701n.jpg


レインボーブリッジは、車道と歩道があり、どちらでも出入国可能である。
自転車はどっちなんだろうなーと思っていたが、車両扱いで車道だった。
歩道から見るナイアガラがキレイなので、少し残念・・・。
でも、この出入国、今までに無い「ドライブスルー」のような出入国で非常に面白かった。


アメリカ出国。スタンプなし。
出国スタンプないみたいです。出国費用は50セント/人だった。
橋の使用料か?

DSC00779.jpg


橋の車道を自転車でズンズン進む。

DSC00780.jpg

DSC00783.jpg


標識出現。しかし、自転車マークはない・・・。一体どこへ・・・( ̄~ ̄)

DSC00788.jpg


ひとまず、一番右端が安全だろうと思い、右端へ。
高速の料金所のようなものが現れる(笑)この中に入国審査官が!!!

DSC00792.jpg


自転車のため、違和感を感じながらも待つ。そして、審査・・・。

DSC00796.jpg


審査官と雑談して、あっさりパス。税関とかそういうものは存在しなかった・・・。
僕らの大量の荷物ももちろんスルー。他の車もトランクを開けるとかもなくスルー。
本当に簡単だった。この簡易さはカナダ側に入国するときだけで、アメリカ側に入国する際は色々と突っ込まれるらしい。実際、アメリカ側の入国審査はかなりの渋滞になっていた。

DSC00799.jpg

約3ヶ月に渡るアメリカ滞在は終わり、次の国、カナダへと歩みを進める。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 08 / 11 | Category : アメリカ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する