とあるカナダのキャンプ場でのお話。


DSC00979.jpg


いつものように、森の中にポツリとテントを張り。
いつものように、リラックスし。
いつものように、シャワーを浴びようとしていると・・・。

耳の裏側に痛みが!!
蚊だと思い、バシっと叩いてやると、案の定手に血が・・・。
蚊か・・・、いや・・・蚊にしては大きすぎる。。。
小バエのような大きさの虫が僕の耳の根元を刺してきたのだ。
何だろうかと思いながらもトイレに向かうと・・・。
再び、蚊のようなハエのような虫に刺される。

どうやら、テントとシャワー(トイレ)の間の草むらにこの虫が群生しているようだ。。。

そうこうしていると・・・、耳が熱くなってくる。そして、、、翌日、腫れてきた( ̄~ ̄)
耳二倍の刑です。
リアルに「でっかくなっちゃった」ですよ。全く。

耳ビッグ


これは、一体何なのか・・・ということで、リサーチ。
正体は、ブユ!!関東ではブヨ、関西ではブトと呼ばれるらしい。
一体何が本当の名前なんだろうか(笑)
この虫は、ハエ目(双翅目)カ亜目ブユ科(Simuliidae)に属する昆虫らしいので、おそらく、ブユが正式名称だろう。


Black_Fly.png
Wikipediaより)

>ブユの幼虫は渓流で生活しているため、成虫は渓流の近くや山中、そうした自然環境に近いキャンプ場などで多く見られる。また、幼虫は清冽な水質の指標昆虫となるほど水質汚染に弱いため、住宅地などではほとんど見られない。

カナダのキャンプ場だからそこそこウェットで渓流があったような気がする。

>カやアブと同じくメスだけが吸血するが、それらと違い吸血の際は皮膚を噛み切り吸血するので、多少の痛みを伴い、中心に赤い出血点や流血、水ぶくれが現れる。その際に唾液腺から毒素を注入するため、吸血直後はそれ程かゆみは感じなくても、翌日以降に(アレルギー等、体質に大きく関係するが)患部が通常の2~3倍ほどに赤く膨れ上がり激しい痒みや疼痛、発熱の症状が1~2週間程現れる(ブユ刺咬症、ブユ刺症)。

症状はホントこの通り!熱くなってきて、翌日にブヨブヨになる(笑)
僕の場合は数日で腫れが引いたので、軽症だった。
でも、痒い痒い。ステロイド外用薬を塗ったのが効いたのかな?


全く、ダニの恐怖に続き、ブユにもやられるとは・・・。虫に好かれるのも困ったものだ。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 09 / 05 | Category : カナダ  | comments(2) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

日本で刺されたことないですか?
登山中たまに刺されてる人いますよ(私は幸い未経験だけど)
お大事にね。
2014.09.06 08:55 | URL | ゆき #JyN/eAqk [edit]
> ゆきさん
そうなんですね、キレイな川のある山にいるのでしょうか。
二人とも日本で刺されたことなかったです。
小さい虫なのにボンボンに腫れて大変でした。
それ以来、ブヨ恐怖症です(笑
2014.09.08 06:58 | URL | ようゆか #- [edit]

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する