トロントの友人宅に一週間(本当にお世話になりました)、海外気分が完全にリセットされ、出発ドキドキ病再発(笑)日本からアメリカに来たときも同じ感覚だった。胸騒ぎがして、不安になる。そんな小心者の二人です(笑)



さらば、北米!さらば、カナダ!さらば、トロント!

DSC01250.jpg


いざ、トロント・ピアソン国際空港に向けて出発(自走w)!!
ちなみに、ダンボールは空港で荷物を入れるために事前に調達した。
バッグが多いので、1つにまとめなければならない。

DSC01246.jpg


カナダ発フランス行 自転車旅にオススメLCC エア・トランザット



次なる目的地はヨーロッパ!フランス パリ!!

この区間利用した、航空会社「エア・トランザット」についてまとめる。

▼ 航空会社名:Air Transat
▼ 利用区間:カナダ ⇒ フランス(片道)
▼ 価格:片道 約5万/人 自転車込み
▼ 受託手荷物:受託手荷物23キロまで無料、自転車3000円/台
▼ 食事:付

バックパッカーだとチケットの安さと受託手荷物の重さだけを気にすれば大丈夫だけど、僕たちには自転車があるので、自転車の値段が事前に分かると言う点は大きい!
ちなみに、日本⇒アメリカ(アメリカン航空)は自転車15000円/台だった。
さらに、エア・トランザットに自転車を乗せる際は、この航空会社独自の袋を空港で買える。
価格は$5ぐらいだった。

DSC01253.jpg

Air transat、自転車乗りにはオススメです(普通にチケットだけでも一番安かった)。

ただ、やっぱり自転車は特殊みたいで、X線は通らず、係員チェックでOKをもらい、袋に詰めて完了。
ペダルを外し、ハンドルを真っ直ぐにするだけでOKだった。
と簡潔に書いたけど、実際はたらいまわしされまくり、予想以上に時間と体力が奪われた・・・。
かなり早めに空港に着て良かった。。。

食事付きはありがたいんだけど、深夜1時とか2時に夜ご飯ってどうなんだろうか?
深夜発の場合は軽食で良いんだけどなー。
そして、何事も無くパリ シャルルドゴール空港には昼過ぎに到着。


片道航空券でフランス入国!結果は如何に・・・?



人生で初めて片道チケットで飛行機に乗ったので、正直、入国審査で何を聞かれるのだろうか・・・?
と、ドキドキしていた。
聞かれても大丈夫なように、色々想定もしていた。

そして、入国審査。
パスポートを渡す。
「・・・」
スタンプ「ポンッ」
終了。

何とあっさり、何もないことこの上なし。これは日本人だからではなく、カナダ人も皆同じ。
ヨーロッパ(イギリスを除く)の入国審査は楽勝のようだ。


そして、次は受託手荷物受け取り。
荷物はいつもダンボールに入れている

DSC01254.jpg


自転車・・・出てこない( ̄ー ̄lll
待つこと30分、、、来ない・・・・。
自転車、、、まさかのロストバゲージ!!ありえねー。
と思いながら、手続きの書類に記載していると、


「向こうに自転車あるんですけど、知りませんか?」


と・・・絶好(?)のタイミングで発言している係員発見!それだ!!!
向こうと言っても、僕らの入れないドアの向こう・・・。
分かるかい!!

まぁ、無事に見つかって良かった。
トラブルあってのトラベルってものです。


税関はあってないようなもので、自転車に乗ってすり抜けてやったわい!


次なる大陸、ヨーロッパへ踏み込む!!

DSC01255.jpg

実はテールライトが破壊されていた(TーT)
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 09 / 29 | Category : カナダ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する