パリを出発し、次の目的地モンサンミッシェルに向かう。

現地の方のオススメルートはパリから電車に乗って、南下し、ユーロヴェロ6でモンサンミッシェルを目指すと良いとのこと。
ふむふむ。


ユーロヴェロ ⇒ ヨーロッパの長距離自転車道路(未完成)。

EuroVelo.jpg

・ 42カ国
・ 14ルート
・ 総距離70000キロ(完成時)
・ 最大ルート10400キロ(ルート13)
現在の進捗状況

ちなみに、ユーロヴェロ6は大西洋から黒海まで貫いており、ヨーロッパ横断に良く使われている。

こんなすごいものがヨーロッパにはある。
しかーーーし、世の中甘いものじゃない。
フランス、、、電車ストライキ・・・。全く・・・(ため息)。

ってことで、自走するさ!!ヨーロッパの自転車道はユーロヴェロだけじゃない!!
自転車道にも国道、県道、市道といったようなものがある!!
オープンサイクルマップ(open cycle map)というマップで確認できる。
ふむふむ。ユーロヴェロに縛られず、自由にルートを考えられるという点で秀逸!


いざ!出発!!

パリを一歩外に出ると、田舎です(笑)


小さな街
DSC01709.jpg


こういう街を巡るために自転車に乗っているようなもの
DSC01797.jpg


フランスを支える小麦畑(トウモロコシ畑も多かった)
DSC01713.jpg


緑の濃い自転車道
DSC01767.jpg


森に誘われる自転車道
DSC01707.jpg

ホントに森に入って行ったので、途中でルート変更した(笑)

ユーロヴェロじゃなく、自分でルート組みしているがために起こるトラブルも面白いもの。
アップダウンが多くしんどいが、街と街の間の距離は短く、小さい街に趣を感じたり、ふと立ち寄ったパン屋が絶品だったりと、フランスは自転車旅の楽しみが詰まった場所だ。
関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事も読まれています

2014 / 10 / 29 | Category : フランス  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?

▶ Comment

▶ Post comment

  •  お名前 : 
  •  タイトル: 
  •  アドレス: 
  •  URL  : 

  • 管理者にだけ表示を許可する