この街、自転車屋が恐ろしい数ある。

IMG_0443.jpg


この区画だけで23軒(笑)
そして、自転車の看板も恐ろしい数あった(残念ながら写真なし)。
こんなにいっぱい自転車屋があるので、パーツ交換および補充をしようと目論んでいた。とくに、タイヤがサイドカットしていたので交換しなきゃなーっと思っていた。

イタリアはロードバイクが基本。ヨーロッパは面白いことに国によって、主要な自転車が変わる。フランス:ロードバイク、ベルギー、オランダ:一般車、ドイツ:ツーリング・一般車、スイス:マウンテンバイク、イタリア:ロードバイク


イタリアでもスポーツ車の専門店があったので、確実にシュワルベマラソンプラスがあると思っていた。。。が、8軒回ってもなし。自転車屋の街フェラーラのくせに、半分以上は途上国レベルの自転車屋だった(笑)ただただ自転車屋が多い街フェラーラだったらしい。あと15軒あるが心がポッキリ折れた。心が折れた理由の一つに、自転車屋は全く英語が通じない。イタリア語オンリーなのだ。タイヤも通じない。ベルギーからスイスまでほぼ英語が通じたので、本当に驚きだ。
イタリア苦労しそうだ・・・。

それ以上に、これからタイヤに苦労することになるとは…。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2015 / 02 / 15 | Category : イタリア  | comments(0) | 
ヨーロッパに入ってから、自転車道を優先的に走るように心がけている。さらに、自転車道を如何に駆使して最短距離で目的地に行けるかを考え、ルートを組み立てている。自転車道は無数にあるので、どのように組み合わせるかが重要なのだ。
メインの自転車道から細めのサブ自転車道を経由して、目的地までの距離を短縮しようとした。

サブ自転車道に入ったときは舗装されており、問題なかったが、進むにつれ雲行きが怪しくなってきた。

舗装が無くなり、農道に…(((((((( ;゚Д゚)))))))


IMG_0444.jpg


走れることは走れる。木々がバシバシ当たるのは無視しよう。
まだ行ける。

まだ…行ける…???(((((((( ;゚Д゚)))))))

IMG_0445.jpg


もう漕げない(笑)ギアに草が絡まる。
あぁ、道ミスった。。。
GPSで現在地を確認しよう。


DSC033711.jpg


道あってるし…!!!(T-T)
地図上では合ってるが、もはや使われていない昔の自転車道だったようだ。行けてもマウンテンバイクのみ。こんな図体のでかい僕たちの自転車には不可能な道だった。でも、戻るのはもっと嫌。あとちょっとでこの草むら地帯を抜けられるはずだと、ユカをおいて先行する。


DSC033701.jpg



汗だくになりながら、必死に押すと、普通の道に出た。きつかった。
そして、ユカも迎えに行き、一緒に押す。バラ科の植物、痛過ぎ(笑)

イタリアの自転車道、メインから外れると容赦なく攻撃してくるので危険。
イタリアは全部で9日間走ったが、そのうち3日、このような攻撃を受けた僕たちだった。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2015 / 02 / 17 | Category : イタリア  | comments(0) | 
ヨーロッパを旅行する際、国境があってないようなものになり、入国審査や出国なども必要なくなってきている。
実際、僕たちが通った、
「フランス⇒ベルギー⇒オランダ⇒ドイツ⇒スイス⇒イタリア」では
一番初めのフランスで入国審査を行い、出国スタンプはまだ押されていない。
スタンプラリー的には味気ないが、本当に楽チンである。
ヨーロッパという大きな国を旅行している気分。


こういったヨーロッパの国家間において国境検査なしで国境を越えることができたのは、「シェンゲン協定」のおかげだ。
シェンゲン領域(2013年7月現在)は…、
アイスランド,イタリア,エストニア,オーストリア,オランダ,ギリシャ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,チェコ,デンマーク,ドイツ,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ベルギー,ポーランド,ポルトガル,マルタ,ラトビア,リトアニア,ルクセンブルク,リヒテンシュタインの27カ国もある。

shengen.jpg


この協定、短期旅行者にとっては非の打ち所のない素晴らしいものだ。
しかし、長期旅行者、とくに進むスピードの遅い自転車旅行者にとっては非常にやっかいなものなのだ。

どういった点が大変なのか?


①シェンゲン圏内に入国すると180日間のうち90日しか滞在できない。

②最初のシェンゲン圏内に入国から半年が経てば、滞在日数の累計が一旦ゼロになる。
⇒ 改定され、「あらゆる180日の期間内で最大90日間」となる。リセットされない・・・。

③オーストリアのみ、日本との2国間協定で180日間滞在することができる。


簡単に書けば、90日しか滞在できないということ。
90日以内にトルコやモロッコに行かねばならないのだ。


二国間協定で対応できない?


せっかく、日本と各国の二国間協定で3ヶ月ノービザだったところも、シェンゲン協定に従うようだ。

外務省のHPには・・・
「二国間のビザ免除措置に関する枠組みを有していますが,現在,シェンゲン領域における域外国国民の短期滞在に関する措置の状況は流動的であることから,シェンゲン領域を長期間訪問する予定のある方は,十分な注意が必要です。」

うん。曖昧(((((((( ;゚Д゚)))))))


自転車で見所たっぷりのヨーロッパを90日で回るのはほぼ不可能。
ましてや、進みの遅い僕たちでは到底無理。

さぁー、どう切り抜けようか。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015 / 02 / 19 | Category : イタリア  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?