タイのバンコクに来て1週間、日本に帰って来たようなリラックス感に満たされ、緊張感が全くない無防備な状態になっていた。
町をブラブラし、屋台メシを食べ、タイ式マッサージで癒され(実際、マジで痛い)、そろそろ、バンコクからアユタヤに向け出発したその日に出来事が起こった。

走行途中、ゆかの体調が優れない。
熱っぽく、けだるい。
前日にハードなタイ式マッサージを受けていたため、揉み返しか?
と自己判断していたのがまずかった。

熱を測ると、38℃越え、走行は早々に終え、ホテルに泊まり、病院に行くと「A型インフルエンザ」という診断が…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

インフルエンザ!?
まさか!?

インフルエンザウイルスを扱った研究もしていた僕にとって、非常に大きな違和感を覚えたのだ。


僕がタイでインフルエンザにかかった違和感


iflu.jpg

ズバリ発症条件だ。
日本でインフルエンザが流行する時期は12~3月の冬の時期だ。
温度が低く乾燥した冬には、空気中に漂っているウイルスが長生きすると言われている。

実際、1961年にG.J.Harperらによって、その定説が発表されている。
温度、湿度を変え、6時間インフルエンザウイルスを静置した後の生存率を計算している。

温度湿度静置時間生存率
A21~24℃50%6h3~5%
B21~24℃20%6h60%
C7~8℃50%6h35~42%
D7~8℃20%6h63%
E32℃50%6h0%


この結果から、低温、乾燥条件だと生存率が高いと言える。
ちょっとソースデータが古いので、怪しい感じもする。

一方、日本の厚生労働省は、このような勧告を出している。
「空気が乾燥すると、気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。」

湿度が低いとインフルエンザにかかりやすい。
その理由として
① 湿度が低いと気道が荒れ、感染しやすい状態になっている
② 湿度が低いと、ウイルスが遠くまで飛ぶ(湿度が高いと下に落ちる)

が挙げられる。
ふむふむ、湿度がポイントなのかも。


タイのインフルエンザ流行時期は雨季と乾季!?深まる違和感


上記の結果では、低温、乾燥条件でインフルエンザを発症しやすいと結論付けている。
しかーーーし、タイのインフルエンザ流行時期は雨季と乾季なのだ!!

熱帯性のタイは一年中気温が高い。
乾季は湿度が低いが、雨季は湿度が高い。

雨季に関しては、日本のインフルエンザ流行と全く異なるのだ。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

おかしい。
おかしすぎる。

タイでインフルエンザになったとき僕が感じた最大の違和感だ。


インフルエンザウイルスを扱う研究をしていて感じること


インフルエンザウイルスは乾燥に強い?


Field_090142.jpg

上記では、乾燥を好むと記載したが、研究していたときの体感では「乾燥に弱い」のだ。
そもそも、インフルエンザウイルスは環境中で不活性化しやすく、時間の経過とともに壊れてしまう。

CDC(米国疾病予防管理センター)の感染対策ガイドラインには、以下のように記載されている。
⇒ 「通常の飛沫が付着した場合、ウイルスの生存期間はおよそ2-8時間程度であろう」
(環境表面の状況(平滑か凹凸か)や気候条件(温度、湿度など)、あるいは付着したウイルスの状態と量によっても変わる)
引用(英語):CDC "2009 H1N1 Flu ("Swine Flu") and You"

もし環境表面にウイルスが付着していたとしても、一晩経っていればそこから感染する可能性はまずないと考えて問題ない。


インフルエンザウイルスは増えにくい


a02_015.jpg

インフルエンザウイルスは「ウイルス」なので、細菌のように環境中で増殖しない。
宿主(ヒトなどの生き物)に感染して、初めて増殖できる。
ウイルスは、「生き物」と言うより、「物質」という言葉の方が近いのだ。

ちなみに、実験で用いるようなインフルエンザウイルスは有精卵に接種して、増殖させている。実際やってみたことあるのだけど、ワクチンを作っているようでなかなか楽しかった(笑)


インフルエンザウイルスの培養は高温で


culture2.jpg

有精卵にインフルエンザウイルスを接種して培養するのだが、その際の培養温度が35℃前後なのだ。

ますますインフルエンザウイルスと温度、湿度の関係性が怪しくなってきた。
ひとまず、温度は関係ないかな。

さぁーて、どうしたものか…。
調査を続行しよう。


湿度100%または50%未満でインフルエンザウイルスの生存率が高くなる


何だかこじつけのような、研究報告を発見した。
⇒ 最新健康ニュース

2013年に"Journal of the Royal Society Interface" に掲載された米国の研究によると、 湿度が100%に近いか、あるいは50%未満のときに、ヒトの粘膜の防御因子が弱くなり、そこに付いたA型インフルエンザウイルスの生存率が最も高くなるというのだ。

うーん。
ほんまか?
湿度90%だと防御因子が強くて、100%だと弱くなる。

何だか、スッキリしない。
調査続行(笑)


湿度と紫外線強度によって、インフルエンザウイルスの生存率が変わる


0412-2.jpg

これだぁぁぁぁぁ!!!
「紫外線強度」
つまり、太陽光とインフルエンザウイルスの生存率が関係しているかもしれない。

環境湿度紫外線強度感染リスク
A日本の夏高い高い低い
Bタイの雨季高い低い高い
C日本の冬低い低い非常に高い
Dタイの乾季低い高い高い


紫外線強度は雨天では低くなり、晴れだと高くなる。
タイの雨季や日照時間の短い日本の冬は紫外線量が少なくなるため、インフルエンザウイルスの生存率が高くなり、感染しやすくなるということだ。

もう少し突っ込むと、紫外線は、
① UV-A(315 ~ 380nm)
② UV-B(280 ~ 315nm)
③ UV-C(200 ~ 280nm)
に分類される。

殺菌効果は260nm付近のUV-Cが最も強力だが、、300nm以下のものはオゾンに吸収され、地表には届かないと言われている。
よって、自然界に存在しているUV-AまたはUV-Bがウイルスの減少に起因しているのだろう。

確かに、太陽光で細菌が減っていくと聞いたことはあるが、インフルエンザウイルスの生存期間は、2~8時間(上記CDCガイドライン)。
2時間、300nm以上の紫外線で効果はあるのだろうか?

信憑性のありそうな実験資料が見つけられなかったが、人間の皮膚だって、夏場に2時間も外出していると、日焼け(火傷)してしまうぐらいだ。
さらに、乾燥も促進されるだろうから、ウイルスにも効果はあるに違いない。

でも、室内なら、紫外線の関係がないような・・・(笑)
(((((((( ;゚Д゚)))))))

せっかく、スッキリ頭になっていたのに(笑)


ビタミンDがインフルエンザウイルスに効果がある!




殺菌ではなく、太陽光による免疫応答かもしれない。
ビタミンDは、紫外線を浴びることによって体内(皮膚)で作ることができる。
2017年2月のBBCニュースによると、

「ビタミンDのサプリメント摂取によって、英国で300万例以上のかぜやインフルエンザの罹患を減らすことができるとする研究が、このほど発表された。ビタミンDには、免疫システムを助ける効果があるという。」
(医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ))

また、北米の研究では、ビタミンDの血中濃度は8月に最大、2月に最小になるらしい。
2月と言えば、北半球のインフルエンザ流行時期と重なるので、信憑性が高い気がする。


まとめ


タイでインフルエンザにかかり、その疑問について徹底的に調べた結果!
インフルエンザの流行には以下の因子が関わっていると推察できた。

乾季:湿度の影響
⇒ 空気の乾燥により、気道粘膜の防御機能が低下
⇒ インフルエンザが流行

雨季:紫外線強度の影響
⇒ 紫外線の減少による、殺ウイルス効果の低下およびビタミンDによる免疫応答の低下
⇒ インフルエンザが流行

以上のことから、タイなどの熱帯地域では冬じゃないからインフルエンザにならない、という固定観念を捨て、年中インフルエンザにかかる可能性があるので、しっかり対策して行きましょう!

インフルエンザを予防するには、手洗い、水うがい、マスクおよびビタミンD摂取が効果的だろう。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 06 / 13 | Category : タイ  | comments(0) | 
タイのアユタヤでインフルエンザにかかり、そのとき通院した病院のサービスと技術に感銘を受けた。
そんなタイの医療制度と病院事情(アユタヤのおすすめ病院)を紹介する。


国民に優し過ぎる社会保障制度


Field_15014.jpg

1980年頃、タイの社会保障制度は公務員や医療関係者のみにしか適用されず、人口のわずか8%しかカバーされていなかった。
2002年の大改革「国民医療保障制度」が施行され、被保険者資格のカバー率が75%に達した。この制度のすごいところが、本人負担が30バーツ(約90円)、低所得者は無料で医療サービスが受けられるのだ(救急を除き、公立病院に限る)。

太っ腹過ぎるっ!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

タイ人の平均寿命の推移


thaiage.jpg

実際、社会保障制度が変更した2000年頃からタイ人の平均寿命は急激に伸びてきている。
100円または無料で診察の効果は大きく、救える命が増えているので、国民にとっては素晴らしい制度だ。

ただ、平均寿命が延び、高齢者が増えていくと、よほど資源等で国が潤っていない限り、この偏った社会保障はいずれ破綻するかもしれないが・・・。


タイの病院の種類


Field_14935.jpg

タイには2種類の病院がある。

① 公立病院
② 私立病院

そして、公立、私立の中でも基幹病院がある。
私立の基幹病院が最も優れた病院であり、日本の大病院と比較しても遜色のない設備や医療技術を有する。医師は、医療先進国にて医学教育や研修を受けた方が勤務しており、日本の医学部に留学経験のあるタイ人医師(日卒医)や日本語通訳のスタッフが勤務している病院も幾つかあるのだ。

ちなみに、上の画像の写真はバンコクにあった私立病院。
(((((((( ;゚Д゚)))))))スゲーッ

タイで病気になっても何の心配もない!!

出産や一般的な手術なども概ね安心して受けることができるレベルらしい。


タイで有名な病院一覧


thaihos.jpg

バンコク、チェンマイ、プーケットなら日本語で何の不安もなく、受診できる!!
やっぱり、タイってすごい。
日本企業が積極的にタイで法人化する理由も分かる。
医療に対して不安がないってアドバンテージ大きいよね。
⇒ タイが世界で一番「日本に近い国」だと感じた6つの理由


タイは医療ツーリズム発祥の地


日本と同等の医療設備、安価な医療料金、観光資源をうまく利用し、医療ツーリズムを国家政策とするべく計画を打ち出している。その計画では、以下の三本柱が計画の中枢だ。

①高度な医療サービス
②スパや古式マッサージなどホスピタリティ溢れるヘルスケアサービス
③タイのハーブ製品

欧米の医療費は恐ろしく高いため、安価で高品質な治療を受けられるタイの医療ツーリストは人気だ。医療ツーリストの受入数は2001年の約60万人から2012年には約253万人に増加し、医療ツーリズムによる収益は127億バーツ(約406億円)と大きな外貨獲得源となっている。

医療ツーリズムの良い点は、医療機関に受診中、観光地で患者がお金を落として行ってくれるシステムだ。実際の収益は1000億を超えているのではなかろうか。
日本ももっと参入しても良いと思うのだが…。


アユタヤの日本語可能のおすすめ病院


IMG_1291.jpg

アユタヤには、日本語が話せるスタッフがいる情報は全くなかった。
上記に書いたように、日本語が可能の病院はバンコク、チェンマイ、プーケットの3都市だけだ。

なので、宿泊先の近くで、大きな病院。
これだけの条件で病院を決めた。
だって、情報ないんだもの。

アユタヤにある私立病院「โรงพยาบาลราชธานี」
(((((((( ;゚Д゚)))))))ヨメナイ

英語名で「rajadhani hospital」
GPS:14.343075, 100.608758

この病院が予想以上に素晴らしかった内容を紹介する。

日本が可能なスタッフが丁寧な説明を


受付で症状を英語で説明し、パスポートのコピーを取られ、診察を待っていると…。

スタッフ「ゆかさん、体温測ってください」
僕たち「えっ!(((((((( ;゚Д゚))))))))」
スタッフ「症状を詳しく教えてください」
僕たち「えっ!えっっ!!(((((((( ;゚Д゚))))))))」

日本語が喋れるスタッフがっっ!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

びっくりしたー。
日常会話レベルの日本語。
すごすぎる。
難しい単語(日本語)が分からないみたいだったので、英語で話すと…。

スタッフ「すいません、英語分かりません。日本語でお願いします」
タイでは英語よりも日本語を重要視しているのかもしれない。

病院は何かと特殊な言葉が多く、英語でも分からないことが多い。
そこに期待していなかった日本語…、もう何も心配はない。

医者とのやり取りもそのスタッフが翻訳してくれる。
もう、流れに身を任すだけだ。

保険証明書も楽勝!


病院に行くと、海外旅行保険の適用を受けるために、証明書や明細書を発行してもらわなければならない。その病院でもし前例がなかったら、説明するのも難しく、英語が通じないと恐ろしく大変だ。
⇒ ジョージア トビリシで病院に!悲劇の連鎖は続く

ホント、ジョージア(グルジア)では大変だった(涙)

一方、タイでは…。
スタッフ「保険証明書お作りしましょうか?」

何と!向こうから保険の心配をしてくれる!!!
もぅ!すごい!!ありがたい!!!(感涙)

設備も充実


IMG_1285.jpg

病院内は日本と同様の清潔さ。
職員はユニホームを着ており、一体感もある。
医療設備も充実している。

敷地内にコンビニ、カフェが併設されていた。
色んな国の病院に行ったけど、これほど充実した設備があっただろうか…。


トイレも日本並みの清潔さ


IMG_1287.jpg

キレイ!
言うことなし。
トイレ内には香りのディスペンサー付。

IMG_1286.jpg

ハンドソープにアルコール消毒、手洗いマニュアル完備!

IMG_1288.jpg

素晴らしい!!


受診後、タイの病院のすごさを再確認


Field_15156.jpg

受診結果はインフルエンザ。
もちろん、タミフルのジェネリック薬品が処方された。

だが、それだけではない。
問診の際、「関節が痛い、鼻水が出る、咳が出る、熱が出る、喉が痛い」などと一般的なインフルエンザの症状を言ったところ!

Field_15155.jpg

すべてに対応する薬が処方された(笑)
「痛み止め、鼻水止め、咳止め、解熱剤、トローチ…」
どんだけ、薬好きやねん!!!
(((((((( ;゚Д゚)))))))

その他に、抗生物質も多数。
日本で処方される抗生物質より有効成分量がかなり多く、びびる(笑)
国によって、有効成分の上限値が異なるんだなぁー。
と思いながら、薬剤師の姉に報告し、適切な薬を教えてもらうのであった。
本当に身内に医療関係者がいると心強い。

この場を借りて、ありがとうございました!


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 06 / 16 | Category : タイ  | comments(0) | 
アユタヤと言えば、ユネスコの世界遺産に登録されている「古都アユタヤ」を思い浮かべるだろう。この世界遺産はアユタヤ内にある非常にたくさんの遺跡群のことを指している。

僕たちも自転車で様々な遺跡を見て回ったが、遺跡名はあまり覚えていない(笑)

ワット・○○○があまりにも多過ぎて覚えきれない。
同じような遺跡が多過ぎて覚えきれない。
インフルエンザの病み上がりで覚えきれない(結局2人ともかかり、1週間ぐったりしていた)。
そこまで興味がないので覚えきれない(笑)

記憶に残っているのは、菩提樹の根で覆われた「ワット・マハータートにある仏頭」だ。

Field_15267.jpg

なぜ、このような状態になっているかというと、1767年にビルマ(現ミャンマー)の軍隊による攻撃により廃墟となり、その際、ビルマ軍が切って落とした仏頭が、長い年月の間にこの菩提樹に取り込まれるように埋もれたとのことだ。

ちなみに、ビルマ軍の攻撃時に仏像が破壊され、財宝等も奪われたのだが、1956年、タイ政府の文部省芸術局は仏塔跡地の掘削調査を開始し、17メートルの地下から数々の黄金仏や宝飾品などを発見したそうだ。
ロマンを感じますな。

Field_15270.jpg

「ワット・プラ・マハタート/ Wat Phra Mahathat」
Chikun Tha Wasukri Phra Nakhon Si Ayutthaya
・公開時間: 8:00~18:00 入場料 50バーツ(外国人)/無休ライトアップ19:00~21:00

基本的に無料の寺院が多いが、ここは有料だ。
Field_15261.jpg


他にも様々な寺院を見て回った。

Field_15283.jpg

Field_15313.jpg


寺院名の記憶が…。
(((((((( ;゚Д゚)))))))


アユタヤ観光=遺跡

この路線を変えるかもしれない、面白スポットを発見した。


アユタヤのおすすめの穴場スポット「怪訝なアヨデア」


Field_15317.jpg

一目見ただけで分かる。
「怪しすぎる」
(((((((( ;゚Д゚)))))))

日本語で自らのことを怪訝(けげん)と言っているし。
難しい日本語使うな(笑)

怪訝:不思議で納得がいかないこと。また、そのさま。

でも、興味深いよね?

アヨデアって一体なんだ?


アユタヤは昔アヨデア(Ayodia)と呼ばれていたそうだ。
ということで、先ほどの看板は「不思議なアユタヤ」という意味になる。
きっと、翻訳違いであろう。

だって、ココは水上マーケットなのだから。

怪訝なアヨデアの正体


Field_15344.jpg

実は人工的に造られた水上マーケット 兼 動物園だったのだ。
水上マーケットは、バンコクやパタヤにもあるが、アユタヤにもあったのだ。
最近できたようで、穴場スポットかもしれない。

マーケットの中を、船で周遊(20バーツ)することができ、なかなかのんびりしていていい感じ。


隣接する動物園が攻め過ぎていて面白い


初級編:動物のえさやり


Field_15321.jpg

ありふれたふれあいコーナー的な感じ。
何も怖がる必要はない。

牛だって、おめかしして迎えてくれる。

Field_15338.jpg

怖がる必要はない。
だって、牛なんだから。
ほんと、微笑ましい光景だ。
普通の動物園はココで終わる。
怪訝なアヨデアはこんなところで終わるはずがない!!

中級編:ゾウは僕たちのトラウマ


Field_15327.jpg

この動物園。
ゾウとも触れ合える(笑)
どれだけ寛容なんだよ!
ゾウって怖いんだよ!?

ボツワナで受けた野良ゾウの攻撃は、僕たちのトラウマになっている。
(((((((( ;゚Д゚)))))))ゾウコワイ
⇒ 恐怖のボツワナ 野良ゾウと一触即発
⇒ こんなのあり!?野良ゾウがいる命懸けのキャンプ場

ゾウの気まぐれで死ぬ可能性があるなと本気で思ったので、ゾウには近寄らない。
いや、近寄れない。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

上級編:トラとも触れ合える


tiger2.jpg

嘘じゃない。
本当の話だ。
(((((((( ;゚Д゚)))))))

あの獰猛なトラとくっつき、写真が取れるらしい。
トラと写真を撮れる権利は400バーツ(約1440円)。

野生動物の怖さを十分にアフリカで思い知らされた僕たちは、こういうのは無言でパス(笑)
⇒ ライオンのいる道を自転車で走る恐怖


でも、今思えば、人生においてトラを触る経験なんてないだろうから、次回行った時は挑戦してみようかな。
この動物園は今後「事故」が起きなければ、きっとこれからアユタヤの目玉観光になることは間違いない気がする。


このエントリーをはてなブックマークに追加
2017 / 06 / 19 | Category : タイ  | comments(0) | 

WHAT'S NEW?